トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小松左京・谷甲州 > 日本沈没 第二部

日本沈没 第二部(小松左京・谷甲州)

日本沈没 第二部(著者:小松左京・谷甲州)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:日本沈没 第二部
  • 著者:小松 左京 , 谷 甲州
  • ページ数:466
  • 出版社:小学館
  • ISBN-10:4093876002
  • ISBN-13:9784093876001

日本沈没 第二部関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日本沈没 第二部関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

junhiyoh@misamisa_39 5.戦国自衛隊を3回も映像化しその悉くが原作レイプ 6.日本沈没を除き悉く駄作と化した小松左京原作映画 7.天と地との針葉樹の緑あふれる川中島のシュールな会戦シーン 8.午後9時地上波ドラマ枠の方が出来が… https://t.co/osLBw1uPbB
XlzQPhFuguBI389@samasuyaO この国は何処に向かっていくのでしょうか?小松左京さんが書いた「日本沈没」、、ある意味、原発事故後の処理を出来ないことも含めて日本は沈没しているような、、(u_u)
knit0308@midoritomidori @murrhauser 小松左京の日本沈没でも最たる移民先はオーストラリアだったような・・・半島、中共大陸へ行くくらいなら日本と一緒に沈没しますよ
KattOrion@itokenstein 小松左京「日本沈没」の最終章で、日本人がまるごと難民となっていく様が描かれていたのを思い返します。渡老人と田所博士の会話も印象的でした。
allreviewsjp「晩年の人間くさい逸話や、家族に看取(みと)られた穏やかな臨終の場面は、ぜひ本書で確かめてほしい。」小松左京さんと日本沈没 秘書物語(産経新聞出版) - 著者:乙部順子 - 大森望@nzmによる書評 ALL REVIEWS #書評 https://t.co/LPfxZnlCqx
suwanyan小松左京の魂はしっかり詰まっているぜ 日本沈没2006
LisBo_jp今週のおすすめ日本SFの大家、小松左京の講演です。自らの思想遍歴を語った「科学と文学」。様々な分野の学者と対談し、対談に取り組んだ動機や内容を語った「日本沈没」脱稿直前の1972年の「地球を考える」。貴重な講演を是非お聴き下さい。https://t.co/G8DeMeCqcq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)