トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小池真理子 > 沈黙のひと

沈黙のひと(小池真理子)

沈黙のひと(著者:小池真理子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:沈黙のひと
  • 著者:小池 真理子
  • ページ数:373
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163758402
  • ISBN-13:9784163758404

小池真理子新刊

  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    仮面のマドンナ (角川文庫)
  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    死の島
  • 発売日
    2017年11月29日
  • 書名
    異形のものたち

沈黙のひと関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小池真理子のその他受賞歴(候補含む)

沈黙のひと関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kango_Guide両親の介護を通じて直面した「命の終末のあり方」 小池真理子×篠田節子 文春オンライン 以前、亡くなった父をモデルにした作品を書いたのですが……。 篠田 『沈黙のひと』(文春文庫)ですね… https://t.co/eC8UtukYoA
godaisugitarou小池真理子著『沈黙のひと』文藝春秋’12/11月刊(吉川英治文学賞受賞)は、当初亡くした父親についてエッセイを書かせてもらおうとオール讀物担当編集者と話をして、いや小説でいきましょう…と強く勧められて、亡き父に捧げる小説連載となっ… https://t.co/FKmhhCJrT7
k8ochiba小池真理子さんの「沈黙のひと」を久しぶりに読んだ。この方はおきれいな恋愛ものを書かれる事が多いのだが(好きだけどね)これは自伝的な要素が多い内容。小説の感想は己の今、置かれている状況に左右される。体の不自由な母といる今は老いとか介護、親の人生とかずっしりと響く。
mamisuke999空いた時間に小池真理子さんの沈黙のひとを読んでいるのだけれど、父の事を思い出しては切なくなる。家出した父には恋人がいて、その恋人には私と年のかわらない娘が二人いた。時々、その子たちと話してみたいと思う事がある。私はいつだって中立の立場しか取れないから、母を傷つけた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)