トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 牧野修

牧野修

牧野修さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

牧野 修(まきの おさむ、1958年 &ndash)は、日本の作家、SF作家。大阪府生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像計画学科卒。
別名義に亜羅叉の沙、牧野猫、牧野ねこ、牧野みちこがある。
同じく作家の小林泰三、田中啓文、田中哲弥と合わせて「まんがカルテット」と呼ばれる。ミステリー作家の我孫子武丸を加えて「まんがクインテット」と呼ばれることもある。日本SF作家クラブ、日本推理作家協会会員。
高校生の頃から亜羅叉の沙名義で小説を創作。筒井康隆主催の同人誌『ネオNULL』の常連投稿者。
1975年(亜羅叉の沙名義)掌編『ミユキちゃん』が『'74日本SFベスト集成』に収録(この時点でデビューとする見方もあるが、本人は否定的)。
1978年(牧野猫名義)掌編『地下鉄に乗って』で『ビックリハウス』エンピツ賞入選。
1979年(牧野猫名義)掌編『退屈』で『ビックリハウス』エンピツ賞入選。
1979年(牧野ねこ名義)短編『名のない家』で第2回奇想天外SF新人賞佳作。
1985年(牧野みちこ名義)短編『召されし街』で第1回幻想文学新人賞佳作。
1992年『王の眠る丘』で第1回ハイ!ノヴェル大賞受賞(本人が作家デビューと意識している時点)。
1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。
2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。
2016年『月世界小説』で第35回日本SF大賞受賞・特別賞受賞。

牧野修新刊

  • 発売日
    2018年10月20日
  • 書名
    灰頭年代記 (クトゥルー・ミュトス・コミック)

受賞歴

牧野修関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

牧野修関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KADOKAWA_denshi7/19は石ノ森章太郎の漫画『#サイボーグ009』の連載がスタートした #サイボーグ009の日。加速装置で今日の仕事を一気に終わらせてしまいたいっ
akiko_m1『呪禁官 百怪ト夜行ス』(牧野修)、呪禁官シリーズの最新刊です!本作はギアの父、歯車俊彦(ギア)が大活躍します!相棒はもちろん龍頭!時代設定が既刊本より前なので、本作が初めての方でも全く問題ありません。2015年中には既刊本も復刊… https://t.co/pJPrpB1J6D
kcn1o15怖いってなんだろうって考えてる。これまでに読んだもの見たもので怖かったもの…なんだろう…。小説では牧野修さんの『おもひで女』、平山夢明さんの『夢の廊下』あたり…映画だと…『回路』の幽霊ずっこけシーンとか『震える舌』とか…と考えると自分にとっては「不安」になるのかなぁ。
megrim_haruyo牧野修の『楽園の知恵――あるいはヒステリーの歴史』物凄く好きな短編集なんだけど、さらにそこから10年ちかく経って長編『月世界小説』が複線を回収するかのようにして現れたので余計に愛着が強くなったというの、ある
nmurakta@1093_mm 牧野修先生好きなんすよ。今度探してみます。
_potacarbon2335水銀奇譚って、あの、牧野修ですよね?ぼくはmouseを読んで自我を形成した人間なのでいつか読みたいなと思ってました 図書館にあったので今度借りに行きます#マシュマロを投げ合おうhttps://t.co/cIZ4OlFYbO https://t.co/j136DDMNVT
rairen_bot1:ホラーやSFの作家 2:「スイート・リトル・ベイビー」 3:「傀儡后」 4:呪禁局シリーズ A:牧野修
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
牧野修さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)