トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 牧野修

牧野修

牧野修さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

牧野 修(まきの おさむ、1958年 &ndash)は、日本の作家、SF作家。大阪府生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像計画学科卒。
別名義に亜羅叉の沙、牧野猫、牧野ねこ、牧野みちこがある。
同じく作家の小林泰三、田中啓文、田中哲弥と合わせて「まんがカルテット」と呼ばれる。ミステリー作家の我孫子武丸を加えて「まんがクインテット」と呼ばれることもある。日本SF作家クラブ、日本推理作家協会会員。
高校生の頃から亜羅叉の沙名義で小説を創作。筒井康隆主催の同人誌『ネオNULL』の常連投稿者。
1975年(亜羅叉の沙名義)掌編『ミユキちゃん』が『'74日本SFベスト集成』に収録(この時点でデビューとする見方もあるが、本人は否定的)。
1978年(牧野猫名義)掌編『地下鉄に乗って』で『ビックリハウス』エンピツ賞入選。
1979年(牧野猫名義)掌編『退屈』で『ビックリハウス』エンピツ賞入選。
1979年(牧野ねこ名義)短編『名のない家』で第2回奇想天外SF新人賞佳作。
1985年(牧野みちこ名義)短編『召されし街』で第1回幻想文学新人賞佳作。
1992年『王の眠る丘』で第1回ハイ!ノヴェル大賞受賞(本人が作家デビューと意識している時点)。
1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。
2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。
2016年『月世界小説』で第35回日本SF大賞受賞・特別賞受賞。

受賞歴

牧野修関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

牧野修関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_SF_bot(ライ連想) ホラーやSFの作家-『スイート・リトル・ベイビー』-『傀儡后』-呪禁局シリーズ →牧野修
take0328_牧野修「忌まわしい匣」読了。
nemurutoki【日本SF10選】津原泰水『バレエ・メカニック』飛浩隆『グラン・ヴァカンス』筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』池上永一『シャングリ・ラ』牧野修『MOUSE』田中啓文『忘却の船に流れは光』吉村萬壱『バースト・ゾーン』今日泊亜蘭『光の塔』
koukounaries牧野修『少年テングサのしょっぱい呪文』最強の邪神をその身に宿す少年のおバカな日常といくつかのピンチ。「邪神法人」なんて概念が出てくる独特の世界、一筋縄では行きません。 #のんつれ読書会
youmayde牧野修氏の「電波の侍」は「だからドロシー〜」や「夜明け、彼は妄想より来たる」「警告あります」の系譜の脳天直撃で感度良好な毒電波。読んでいて実に気持ちがよかった。こういう系統の牧野作品もまた色々と読めたらうれしいなあ。最近は世間的にも電波弱まっているから、毒電波の復権を願う。
emotional_novel【本日の同性間高密度感情小説】月世界小説 (ハヤカワ文庫JA) 牧野修https://t.co/bRZSrQu00u
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
牧野修さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)