トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦沢央

芦沢央

芦沢央さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦沢 央(あしざわ よう、1984年2月13日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。
2000年ごろから文学賞への応募を続ける。出版社勤務を経て、2012年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、小説家デビューする。選考委員の池上永一は「切り札の多さが魅力の作品だ」「手札の豊富さで読者を飽きさせない」、山本文緒は「エンターテインメント作品に紛れこませようとしても滲んできてしまう、この著者の只事ではないエネルギーを私は感じた」と評した。
2015年、「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。同作を収録した短編集『許されようとは思いません』が2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版で第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補に選ばれた。

芦沢央新刊

  • 発売日
    2017年8月31日
  • 書名
    バック・ステージ
  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    貘の耳たぶ
  • 発売日
    2017年4月12日
  • 書名
    今だけのあの子 (創元推理文庫)

受賞歴

芦沢央関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦沢央関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NIPPAN_senden「なるほど、そうきたか!」で始まる連作ミステリー:芦沢央『バック・ステージ』 | ほんのひきだし https://t.co/hjL7AbaVeO
makazmakaz@kozaki_ai 心理描写などで言うと、芦沢央さんの作品がおすすめです。「貘の耳たぶ」とか。
honhikidashi【昨日の人気記事】「なるほど、そうきたか!」で始まる連作ミステリー:芦沢央『バック・ステージ』 | ほんのひきだし https://t.co/2Z6770qAbj
fujimiti_Wんなこといったら一般文芸だって何で女流作家の書く女主人公現代ミステリは夫婦仲が悪くてご近所付き合いと育児に悩んでいるものばかり何だろうと読む度に思ってるし(古くは向田邦子とか今だと芦沢央とか)
honlove_app「なるほど、そうきたか!」で始まる連作ミステリー:芦沢央『バック・ステージ』 | ほんのひきだし https://t.co/HlB5b2qtFU
matumoto69全部読み終わったらまとめて感想書こうと思うけど、芦沢央先生の「許されようとは思いません」がかなり良い。久々に凄くグッときてる。
geinou369「なるほど、そうきたか!」で始まる連作ミステリー:芦沢央『バック・ステージ』 https://t.co/rrYUdp7icA
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦沢央さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)