トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦沢央

芦沢央

芦沢央さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦沢 央(あしざわ よう、1984年2月13日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。
2000年ごろから文学賞への応募を続ける。出版社勤務を経て、2012年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、小説家デビューする。選考委員の池上永一は「切り札の多さが魅力の作品だ」「手札の豊富さで読者を飽きさせない」、山本文緒は「エンターテインメント作品に紛れこませようとしても滲んできてしまう、この著者の只事ではないエネルギーを私は感じた」と評した。
2015年、「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。同作を収録した短編集『許されようとは思いません』が2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版で第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補に選ばれた。

芦沢央新刊

  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    貘の耳たぶ
  • 発売日
    2017年4月12日
  • 書名
    今だけのあの子 (創元推理文庫)

受賞歴

芦沢央関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦沢央関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koiwazurai_s貘の耳たぶ/ 芦沢央 読了新生児取り替え…これは重たかった。出産した女性にむかって残念だったね、とか言う人もどうかと思うけど。精神的にキツくて錯乱状態であったにしてもちょっと繭子の行動は理解出来ないな。ただただ生まれた小さな子どもたちがなんでこんな目にあうのか…それしかない。
gentoshap今週は芥川賞直木賞の発表とともに新井賞の発表もありました。→『貘の耳たぶ』(芦沢央)が「最高に重くて面白い」と異論なしで新井賞受賞!<貘の耳たぶ>芦沢央-幻冬舎plus https://t.co/FqABhQXREA
honzuki_jp自分で産んだ我が子を取り替える女と、知らずに他人の子を育てた女。どうなるのか気になって一気読みでした。 『貘の耳たぶ/芦沢央/幻冬舎』 https://t.co/1PBXvpLAHP #本が好き
misachi68自分で産んだ我が子を取り替える女と、知らずに他人の子を育てた女。どうなるのか気になって一気読みでした。 『貘の耳たぶ/芦沢央/幻冬舎』 https://t.co/uMRvxQEja1 #本が好き
Soda10000『貘の耳たぶ』(芦沢央)が「最高に重くて面白い」と異論なしで新井賞受賞!<貘の耳たぶ>芦沢央-幻冬舎plus https://t.co/4XrhaMEsMl
chiezojp産後うつで狂気の沙汰にでた母親の顛末。 『貘の耳たぶ/芦沢央/幻冬舎』 https://t.co/ifGenv0qso #本が好き
akg0011⚡️ "第6回新井賞は芦沢央さん『貘の耳たぶ』が受賞…新井賞⁉︎"https://t.co/f6OVl7sz1w
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦沢央さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)