トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦沢央

芦沢央

芦沢央さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦沢 央(あしざわ よう、1984年2月13日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。
2000年ごろから文学賞への応募を続ける。出版社勤務を経て、2012年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、小説家デビューする。選考委員の池上永一は「切り札の多さが魅力の作品だ」「手札の豊富さで読者を飽きさせない」、山本文緒は「エンターテインメント作品に紛れこませようとしても滲んできてしまう、この著者の只事ではないエネルギーを私は感じた」と評した。
2015年、「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。同作を収録した短編集『許されようとは思いません』が2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版で第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補。2018年、「ただ、運が悪かっただけ」で第71回日本推理作家協会賞(短篇部門)候補に選ばれた。2019年、『火のないところに煙は』で第32回山本周五郎賞候補。

受賞歴

芦沢央関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦沢央関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

starrrrr09『罪の余白』 芦沢央安藤の娘が学校で転落死した。安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由を知りたい、という思いが強く芽生える。結末を予測できてしまうのでドキドキ感はあまり無いですが、人の心情や人間関係の部分は非常に読みどころ… https://t.co/7xYSi4RtZq
mmooee_t短編の一章数十ページしかないのに、最後が衝撃で思わず涙した自分に驚いた。そんな作品は初めてだったので、少し戸惑いがあるが、これが「芦沢央」の魅力だと思う
monsterkatsu2019 読書録 No.26罪の余白 / 芦沢 央5/16-19 読了#読書好きな人と繋がりたい #読書好き #読書ノートならぬ読書インスタ https://t.co/kIzaIY46Mg
MacchiatoMari芦沢央さん『許されようとは思いません』新潮文庫(5月末頃発売)ですが、5話すべて違ったゾッとを体験しました。途中もゾワゾワして、最後におもいっきりきます。すべての話にやられてしまいました。
bokko_jsr火のないところに煙は芦沢央読了最近、ホラーばかり読んでるな
kikuya_kokura芦沢央『許されようとは思いません』が発売前に第1話を無料公開!ポスターのQRコードを読み込んでいただくとHPへ飛べますのでどうぞ! https://t.co/7vi36mhFVR
aaayami3i#読了『火のないところに煙は』芦沢央怖かった。これフィクションだよね...??って半べそかいた。でも「誰かの怪異」だけは気持ちがわかるだけに、怪談には収まりきらない感じ。とりあえず夜に読むんじゃなかった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦沢央さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)