トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中脇初枝

中脇初枝

中脇初枝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中脇 初枝(なかわき はつえ、1974年1月1日 - )は日本の小説家、児童文学作家。
徳島県の山間部の祖谷(現・三好市)に生まれ、2歳の時から高知県中村市(現・四万十市)で育つ。
高知県立中村高等学校在学中の1991年に高知新聞紙上でたまたま募集記事を見かけて応募した第2回坊っちゃん文学賞にて『魚のように』により大賞を受賞、17歳で小説家としてデビューした。同作は1993年3月に新潮社より刊行され、あわせてNHKによりテレビドラマ化された。
小学6年生の時に柳田國男『遠野物語』を読んで民俗学者を強く志し。日本民俗学を専攻し。『祈祷師の娘』は2005年の第52回産経児童出版文化賞推薦を受賞した。
2012年、児童虐待をテーマとした『きみはいい子』は書店員の支持を受けて5万部を超えるヒット作となり、2013年に第28回坪田譲治文学賞を受賞。同作は2015年に映画化され、第37回モスクワ国際映画祭・コンペティション部門でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)、第7回TAMA映画賞で最優秀作品賞を受賞した。
2014年、『わたしをみつけて』が第27回山本周五郎賞候補に選出され。2016年、『世界の果てのこどもたち』が第37回吉川英治文学新人賞候補となり、2016年(第13回)本屋大賞で3位となった。
創作活動の傍らで民話・昔話の研究を続け、子供向けの絵本や昔話の再話を執筆。また、昔話の語りをライフワークとしている。

受賞歴

中脇初枝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.4.20 作家の読書道 第171回:中脇初枝さん

    こどもへの虐待をテーマにした連作集『きみはいい子』が話題となり、『世界の果てのこどもたち』も本屋大賞にノミネートされ注目されている中脇初枝さん。実は作家デビューは高校生、17歳の時。でも実は作家ではなく民俗学者を目指していたのだそう。そんな彼女はどんな本を読み、影響を受けてきたのか。幼い頃のエピソードもまじえつつ、これまでの道のりを語ってくださいました。

  • 2016.1.20 本屋大賞候補に「火花」など10作品

    全国の書店員の投票で決まる2016年本屋大賞のノミネート作10作品が20日、公表された。

  • 2014.12.22 きらら著者インタビュー 第77回 中脇初枝さん『みなそこ』

    人は生きていくなかで、何かを選んだら何かを捨てなければならない。その繰り返しだということも書きたかった。

中脇初枝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyoshokunet #今週の一冊 「わたしをみつけて」中脇初枝:著(ポプラ文庫) 衝撃的かつ魅力的な書き出しで始まる本書は、「自分とは誰か」という古くて新しいテーマを読者に突きつけてきます。 https://t.co/V9Gos7K4Km
harumame2「世界の果てのこどもたち」「きみはいい子」を書いた中脇初枝さんて高校生の時にデビューしてたのか。知らなかった。デビュー作「魚のように」のなんと瑞々しいこと。
Piggy_flying“抱きしめていいんだろうか。本当は、ぼくではないだれかがすべきこと。…本当に望んでいるのは、ぼくではない、だれか。でも。そのだれかから、どんなに望んでも、与えられないとしたら。” -きみはいい子,中脇初枝 https://t.co/l0hrsFwhV1
AIkomainu中脇初枝さんは中村の人だったのか。読んでて高知の西の言葉が、すごいリアルだと思った。美子が幼なじみと話すとその言葉に戻るの、すごいしみじみした。そして幼なじみのたまちゃんがその言葉を忘れてしまったことも同じくらいしみた。
towani_yura窪 美澄『じっと手を見る』中脇初枝『魚のように』言葉がスルスル入ってくる。自分の中に自分でない自分の感情がわく。映画も小説も不思議な体験だ。現実を助けてくれる。月曜日が来る。先が見えない。心配事がある。希望する。期待する。心掛… https://t.co/gF4dMLvpuL
raisen_bot2_qmaNo.223 次の2013年に本屋大賞にノミネートされた本と作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒ふくわらい―西加奈子、きみはいい子―中脇初枝、楽園のカンヴァス―原田マハ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中脇初枝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)