トップページ > 公募ではない賞一覧 > 日本文学大賞 > 1971年−第3回 日本文学大賞

日本文学大賞

1971年−第3回 日本文学大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本文学大賞(にほんぶんがくたいしょう)は、1968年から1987年まで、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして設けていた文学賞である。

第3回—1971年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本文学大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.2.24 日本文学研究者ドナルド・キーンさんが死去 96歳

    米国出身の日本文学研究の第一人者で文化勲章受章者のドナルド・キーン氏が24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は養子のキーン誠己さん。

日本文学大賞関連つぶやき

satounakadama【小説宝石 2022年 12 月号 [雑誌]】今月のコラボキャラはバリィさん。小脇に抱えているものが造船業を示す「船」だと初めて知った(笑)。日本ミステリー文学大賞は有栖川有栖氏が受賞。「作家と… → https://t.co/8fcUC7s0hj #bookmeter
NEWS_JAPAN_S550点を超える応募作から選ばれた、第30回小川未明文学賞大賞作品『カステラアパートのざらめさん』刊... (文化通信) 株式会社 学研ホールディングス 「日本 速報 #ニュース #ニュース速報 https://t.co/nHITyRCMgC
raisen_bot2_qmaNo.251 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒新宿鮫―吉川英治文学新人賞、心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞、パンドラ・アイランド―柴田練三郎賞
naosarakyaa嵩平何「日本ミステリー文学大賞の軌跡 第2回 中島河太郎」を読んで中島河太郎の書誌学者としての偉大さを痛感する。嵩平何は評論目録について「今なお代替できる資料がほとんど存在しない画期的な書誌」と絶賛し「今の主要作をカバーする作品リストが現在存在していないのは遺憾なことである」と
SNichibun四国大学日本文学科主催、第一回瀬戸内寂聴青春エッセイコンクールの結果が発表になりました。厳正な審査の結果、大賞を受賞したのは、国際基督教大学高等学校の宗杏樹さんの作品「境目」でした。また優秀賞、奨励賞の各賞も決定。結果は以下… https://t.co/yqEAdivI5D
riekopi158@dokuso0317 詩集の公募でわかっているのだけ書きますね。詳細は確かめてねー。中原中也賞 小熊秀雄賞 小野十三郎賞北海道新聞文学賞 富田砕花賞 丸山薫賞 日本詩歌句随筆評論大賞 ほかにもあるかも? かんばってー!
SADA0607僕らは「読み」を間違える (#読みえる) 読了。第27回スニーカー大賞銀賞受賞作品。前評判は令和の氷菓みたいな感じだったが、評価よりもミステリー要素は少なく、人間関係に特化した作品という印象。物語のベースは、日本や西洋の文学… https://t.co/Lf3AAmiLZz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)