トップページ > 公募ではない賞一覧 > 大藪春彦賞 > 2000年−第2回 大藪春彦賞

大藪春彦賞

2000年−第2回 大藪春彦賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

大藪春彦賞(おおやぶはるひこしょう)は、大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞。ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。賞金は500万円。略称は大藪賞。
本賞が第20回を迎えるのを記念し、大藪春彦新人賞が創設される。

第2回—2000年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

大藪春彦賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.28 作家の読書道 第213回:河﨑秋子さん

    東北と北海道で馬と暮らす人々を描いた物語『颶風の王』で注目され、単行本第二作『肉弾』で大藪春彦賞を受賞、新作短編集『土に贖う』も高い評価を得ている河﨑秋子さん。北海道の酪農一家で育ち、羊飼いでもあった彼女は、どんな本を読み、いつ小説を書きはじめたのか。これまでのこと、これからのことを含め、たっぷりと語っていただきました。

  • 2019.11.23 作家の読書道 第212回:呉勝浩さん

    2015年に『道徳の時間』で江戸川乱歩賞を受賞、2018年には『白い衝動』で大藪春彦賞を受賞。そして新作『スワン』が話題となり、ますます注目度が高まる呉勝浩さん。小学生のうちにミステリーの面白さを知り、その後は映画の道を目指した青年が再び読書を始め、小説家を目指した経緯は? 気さくな口調を脳内で再現しながらお読みください。

  • 2019.7.27 作家の読書道 第208回:葉真中顕さん

    日本ミステリー大賞を受賞したデビュー作『ロスト・ケア』でいきなり注目を浴び、今年は『凍てつく太陽』で大藪春彦賞と日本推理作家協会賞を受賞した葉真中顕さん。社会派と呼ばれる作品を中心に幅広く執筆、読書遍歴を聞けば、その作風がどのように形成されてきたかがよく分かります。デビュー前のブログ執筆や児童文学を発表した経緯のお話も。必読です。

大藪春彦賞関連つぶやき

junjumpjunドキドキ......今夜、選考会です!第22回大藪春彦賞候補作品決定 https://t.co/kr2JBppuoI
hZoImkE6gPbGnUs4時半起床。眠りが浅かったわけではないです。就寝が22時だったのでこんなものでしょう。大藪春彦賞、発表の朝を迎えましたが、気負いはないです。気負ってどうなるものでもありません。何人か方から励ましのリプ頂きました。ありがとうございま… https://t.co/7YvhE80zhh
rwnovinfo@ritchie_bkm いきなりのリプライ失礼致します。短編もお書きになれるのでしたら、大藪春彦新人賞に挑戦してみられても良いのではないかと思います。御作品は登場人物達の生き方や闘いを多く描いていらっしゃるように見えますので、ハ… https://t.co/nM3fbbR727
yurubngkbot大藪春彦賞大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞。ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。1999年(H11)~現在
juurijurio赤松利市さんの藻屑蟹を読み終えた。潔さ、覚悟を決めて放り込める言葉、ラストの幕の閉め方、に着目して読んだ。巻末の大藪春彦新人賞選評、そして受賞の言葉も精読した。 https://t.co/Hm5YD22Tyc
kurogokegumo@fuyuuma12 @kafkafka3 お気持ちが嬉しいです。ここまできたら赤松利市さんにぜひ大藪春彦賞受賞していただいて徳島で盛大に祝賀会をやりたいですね!
ogZTXzXG2nZnd0C@kurogokegumo @fuyuuma12 明日の大藪春彦賞選考会も気になります。赤松先生、熱い。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)