トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 埴谷雄高 > 死霊

死霊(埴谷雄高)

死霊(著者:埴谷雄高)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:死霊(1) (講談社文芸文庫)
  • 著者:埴谷 雄高
  • ページ数:432
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061983210
  • ISBN-13:9784061983212

死霊関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

埴谷雄高のその他受賞歴(候補含む)

死霊関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

laosuu埴谷雄高『死霊』、夢野久作『ドグラ・マグラ』京極夏彦『魍魎の匣』辺りでしょう。 #Peing #質問箱 https://t.co/0btei8ElB1
WseLgDRFVksPCoM「死霊」の冒頭を朗読する動画があったことは喜ばしいのですが、題名を読み間違いしているのは惜しかった。埴谷雄高氏ご本人の映像があるのですから、確認してから朗読して頂きたかったですねえ。
Lotus_bloom0210今日はMORRIEさんのお誕生日だから、埴谷雄高の死霊を…買ってみよう…かな…いや…うーん…と悩んでおります(笑)こんなに自分が死霊の話してるのにみんな読んでくれない、みたいなこと仰ってたので
Chisaka_Kyoji埴谷雄高の『死霊』は、形而上学的な小説であるとか観念小説であると言い続けられてきた。確かに形而上学的な観念的思弁に彩られた台詞や文言が随所に見られる。しかし、それらは語られており文章に内在していない。その意味では『死霊』は、観念を弄る人間たちを描いたエンターテイメントだろう。
TetsujiMizuishi谷崎潤一郎『細雪』読んでから時間が経っているので、思い出せない部分も多いが、全体的に平和な小説であるという印象だった。もちろん、人が死んでいるので完全に平和な小説とはいかない。むしろ実際には、埴谷雄高の『死霊』の方がよほど平和なのではないか。そう思った。
begaroka埴谷雄高の死霊読みたい
kazuc_24玉英堂さんとクラリスブックスさんが今日、埴谷雄高の『死霊』の品出しツイートされているけど何か縁のある日なのかな?昨日飲み屋のマスターと、玉英堂さん(飲み屋のマスターが玉英堂さんに行って話してたらと店主さんと苗字が同じだったとか)… https://t.co/ZpeL8URDTi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)