トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 埴谷雄高 > 死霊

死霊(埴谷雄高)

死霊(著者:埴谷雄高)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:死霊(1) (講談社文芸文庫)
  • 著者:埴谷 雄高
  • ページ数:432
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061983210
  • ISBN-13:9784061983212

死霊関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

埴谷雄高のその他受賞歴(候補含む)

死霊関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Pocky1123今まで読んだ日本の長篇小説。里見弴『多情仏心』・これはおすすめ志賀直哉『暗夜行路』・美文も一気読みには不向き横光利一『旅愁』・横光ファンでも軽く拷問埴谷雄高『死霊』・もう二度と読まない←
kcmsy700戯曲を書こうと思い埴谷雄高「死霊」を読み始めたら面白過ぎ。埴谷独自の世界だが風景、心理の描写が意識的世界の反映のような筆致。彼の言う擬態とはネガティブを不快と思うところにある。己の肉体も不快、己の意識も不快。それを装うこと。不快の凝視はするがその快適化はしない。観念の凝視でもよい
rankingko最安値の「藤一也自筆自選百詩集 『埴谷雄高〈死霊〉論』をめぐる /沖積舎/藤一也」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は825円です。https://t.co/oNRHkyGhiG
qma_bibun_botエフェ ・埴谷雄高の小説『死霊』の主人公 三輪与志→みわよし
orega2061今深夜も不快で不愉快な食品スーパーレイバータイムあり。ほとんど他者の不快だからサルトルの実存論、存在の不快、『嘔吐』で論じられる劇場から日常生活に帰った時の嘔吐感。埴谷雄高の『死霊』で虚体を動員し語られる自同律の不快。さて私はドス… https://t.co/GMhWPY8W1N
bibun_n_botNo.126 (エフェ)未完の長編小説「死霊」で有名な明治生まれの作家⇒はにやゆたか(埴谷雄高)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)