トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡嶋二人 > 焦茶色のパステル

焦茶色のパステル(岡嶋二人)

焦茶色のパステル(著者:岡嶋二人)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:焦茶色のパステル (講談社文庫)
  • 著者:岡嶋 二人
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061832999
  • ISBN-13:9784061832992

焦茶色のパステル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

岡嶋二人のその他受賞歴(候補含む)

焦茶色のパステル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bk_nomura講談社文庫『焦茶色のパステル』(S59年刊)巻末解説より。岡嶋二人にしろクイーンにしろ、今では合作の背景がある程度明らかになっているという…。 https://t.co/YFukX1bHtI
pblitzfm岡嶋二人「焦茶色のパステル」再読。話自体はキョーレツに面白くて満足の極みだったが、解説の杉江松恋の文章でずっこける。なんでこの作品を分析するのに「名探偵」という切り口を使わんとならんのだ。なんでもかんでも名探偵を絡ませたがるそれって、単なる「新本格ドグマ」じゃないのか。
intelli_mimic【ラ連】『焦茶色のパステル』でデビュー/『クラインの壺』で解散/井上泉と徳山諄一の2人組/「おかしな二人」→岡嶋二人
akarich2091焦茶色のパステル 岡嶋二人、燃える地の果てに〈上〉逢坂 剛、スロウハイツの神様(上) 辻村 深月、闇に香る嘘 下村 敦史、噂 荻原 浩、異人たちの館 折原 一、過ぎ行く風はみどり色 倉知 淳
qma_bungu_bot【ライ文字】数多くの推理小説を残したコンビ作家・岡嶋二人のデビュー作は『焦茶色の○○○○』?:パステル
QMA_Mys_Bot2[パネル]作家・岡嶋二人のデビュー作は『焦茶色の○○○○』?(大意)[クルーイパラスンムテ] → パステル ※(分岐)ですが、解散前に発表した最後の作品は『○○○○の壷』? → クライン
QMA_Mys_Bot1[エフェ]『焦茶色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しました 「岡嶋二人」 → おかじまふたり
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)