トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡嶋二人

岡嶋二人

岡嶋二人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡嶋 二人(おかじま ふたり)は、日本の推理作家であり、井上泉(いのうえ いずみ、1950年 - 、多摩芸術学園映画科中退)と徳山諄一(とくやま じゅんいち 、1943年 - 、法政大学経済学部中退)によるコンビのペンネーム。名前の由来は「おかしな二人」。
1981年 - 『あした天気にしておくれ』が第27回江戸川乱歩賞候補となるも落選。
1982年 - 『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞受賞。デビュー作になる。
1984年 - 『あした天気にしておくれ』が第5回吉川英治文学新人賞候補となるも落選。
1985年 - 『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞長編賞受賞。
1986年 - ゲームブックの『ツァラトゥストラの翼』刊行。
1988年 - 『99%の誘拐』で、翌年第10回吉川英治文学新人賞受賞。
1989年 - 『クラインの壺』刊行を最後に、コンビを解消。その後、井上泉は井上夢人の筆名で創作活動を続けている。徳山諄一も田奈純一と変え、テレビ番組「マジカル頭脳パワー!!」の推理ドラマのトリックメーカーとして参加していた。
2005年 - 『99%の誘拐』が「この文庫本がすごい!」2005年1位に選ばれた。
2011年 - それまで書籍化されていなかった短編三作を『記録された殺人』に増補・再編集した短編集『ダブル・プロット』を刊行。これで、書籍化されていない岡嶋二人の小説はショート・ショート「地中より愛をこめて」一編となった。

受賞歴

岡嶋二人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.5.20 作家の読書道 第160回:薬丸岳さん

    005年に『天使のナイフ』で江戸川乱歩賞を受賞、以来少年犯罪など難しいテーマに取り組む一方で、エンタメ性の高いミステリも発表してきた薬丸岳さん。

  • 2015.5.4 『the SIX』 井上夢人著 評・唯川恵(作家)

    特別な能力持つ子たち

  • 2003.12.31 作家の読書道:第27回 歌野 晶午さん

    毎回、巧妙な仕掛けで読者をうならせる推理小説作家・歌野晶午さん。本年発表した『葉桜の季節に君を想うということ』では、警備員からパソコン教室の講師まで勤める"なんでもやってやろう屋"探偵、成瀬将虎が大活躍。その意外な結末に「ええっ!」とビックリした読者も多いはず。そんな歌野さんが、推理小説の醍醐味を知ったきっかけとは?読書の原点から作家デビューのエピソード、『葉桜~』の制作秘話(?)秘話も語ってくれました。

岡嶋二人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nagnag_21st@hanyumiko ちょっと古い小説ですが「解決まではあと6人~5W1H殺人事件」(岡嶋二人)オススメです。ネタバレになるので言えませんが伏線の張り方と回収の仕方が見事っす
UmaUmainfo競馬小説家岡嶋二人、島田明宏、古内一絵
okabe_white僕のおすすめの本は岡嶋二人さんの『99%の誘拐』です!是非読んでみてください♪
ygima『クラインの壺』岡嶋二人読了。再読。ふと、読みたくなった。目の前にあるものがそうであると信じられない感覚、恐怖なのだけど、ぞくぞくする感覚を思ったのか。取り憑かれたみたいな感じ。
hit4boy岡嶋二人『焦茶色のパステル』前提知識がなくとも楽しめる競馬ミステリです。競走馬と、競馬の関係者の同時殺害事件の謎解きで、この不思議なタイトルに解決のための糸口が隠されています。岡嶋二人のその後の活躍を予感させるデビュー作です。https://t.co/j05iiglYNq
kmt_nappa78岡嶋二人 『クラインの壺』最新技術を駆使したヴァーチャルゲーム原作者である主人公はモニターとしてそれを体験するが‥今や王道ネタなので目新しさは無いただ驚くのは、これが出版されたのが平成元年というところうっかり時代背景… https://t.co/xf4rC3vpd0
masakazuhenmi岡嶋二人『クリスマス・イヴ』を久々に読む。携帯ない時代だったなと思いつつ一気読み。これぞサスペンスのお手本のよう。岡嶋二人はレベル高いな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡嶋二人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)