トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡嶋二人

岡嶋二人

岡嶋二人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡嶋 二人(おかじま ふたり)は、日本の推理作家であり、井上泉(いのうえ いずみ、1950年 - 、多摩芸術学園映画科中退)と徳山諄一(とくやま じゅんいち 、1943年 - 、法政大学経済学部中退)によるコンビのペンネーム。名前の由来は「おかしな二人」。代表作は『そして扉が閉ざされた』『99%の誘拐』『クラインの壺』
1981年 - 『あした天気にしておくれ』が第27回江戸川乱歩賞候補となるも落選。
1982年 - 『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞受賞。デビュー作になる。
1984年 - 『あした天気にしておくれ』が第5回吉川英治文学新人賞候補となるも落選。
1985年 - 『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞長編賞受賞。
1986年 - ゲームブックの『ツァラトゥストラの翼』刊行。
1988年 - 『99%の誘拐』で、翌年第10回吉川英治文学新人賞受賞。
1989年 - 『クラインの壺』刊行を最後に、コンビを解消。その後、井上泉は井上夢人の筆名で創作活動を続けている。徳山諄一も田奈純一と変え、テレビ番組「マジカル頭脳パワー!!」の推理ドラマのトリックメーカーとして参加していた。
2005年 - 『99%の誘拐』が「この文庫本がすごい!」2005年1位に選ばれた。
2011年 - それまで書籍化されていなかった短編三作を『記録された殺人』に増補・再編集した短編集『ダブル・プロット』を刊行。これで、書籍化されていない岡嶋二人の小説はショート・ショート「地中より愛をこめて」一編となった。

受賞歴

岡嶋二人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.5.20 作家の読書道 第160回:薬丸岳さん

    005年に『天使のナイフ』で江戸川乱歩賞を受賞、以来少年犯罪など難しいテーマに取り組む一方で、エンタメ性の高いミステリも発表してきた薬丸岳さん。

  • 2015.5.4 『the SIX』 井上夢人著 評・唯川恵(作家)

    特別な能力持つ子たち

  • 2003.12.31 作家の読書道:第27回 歌野 晶午さん

    毎回、巧妙な仕掛けで読者をうならせる推理小説作家・歌野晶午さん。本年発表した『葉桜の季節に君を想うということ』では、警備員からパソコン教室の講師まで勤める"なんでもやってやろう屋"探偵、成瀬将虎が大活躍。その意外な結末に「ええっ!」とビックリした読者も多いはず。そんな歌野さんが、推理小説の醍醐味を知ったきっかけとは?読書の原点から作家デビューのエピソード、『葉桜~』の制作秘話(?)秘話も語ってくれました。

岡嶋二人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot2[エフェ]『焦茶色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しました 「岡嶋二人」 → おかじまふたり
okabe_white僕のおすすめの本は岡嶋二人さんの『99%の誘拐』です!是非読んでみてください♪
hit4boy岡嶋二人『コンピュータの熱い罠』20年以上前にコンピュータ犯罪をテーマにしているのがすごいです。登場するツールは年代物ものですが、現在の情報化社会を予見するミステリになっています。あっと驚くという展開より、この先見性が見所でしょうか。https://t.co/15IWdCGay7
kit_mu懐かしの、岡嶋二人作品を、若い世代の人達が読んでいるのを見聞きするととても嬉しい。
63rZyr3eYETQgds岡嶋二人さんの作品に「ツァラトゥストラの翼」というゲームブックがあります。選択肢がら自分なりに推理して一つを選び正しいエンディングに辿り着く、というアレです。何回もやっていると、まぁエンディングに辿り着くんでしょうが、出版当時は VS岡嶋二人 の意気込みで読んでいました。
accumulation__女王はかえらない/降田天#読了この作者さんは初めて。2人で書いているらしい。岡嶋二人みたいだなあ。この本、こどもの暴走という意味で「蝿の王」を思い出した。読みながらあまりいい気分にならないのは似てる。でもこの本は先が気にな… https://t.co/iG1so58DyG
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡嶋二人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)