トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野沢尚 > 破線のマリス

破線のマリス(野沢尚)

破線のマリス(著者:野沢尚)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:破線のマリス (講談社文庫)
  • 著者:野沢 尚
  • ページ数:391
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062649071
  • ISBN-13:9784062649070

破線のマリス関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

野沢尚のその他受賞歴(候補含む)

破線のマリス関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【文字パネル】テレビによる情報操作を題材とした、第43回江戸川乱歩賞受賞した野沢尚の小説は『破線の○○○』?→マリス
glamourhirao雨ですね今日から野沢尚"恋愛時代(上)"読み始め。野沢尚の本がまだ本屋の店頭にある事が嬉しかった。ಠ_ಠ 破線のマリスが出会い#野沢尚#恋愛時代#ブクログ#懐かしい https://t.co/lDpaoltkOZ
aya_momosaki報道と一次資料の差異については、野沢尚の小説「破線のマリス」が超超超名作サスペンスなのでおすすめ。虚偽報道したディレクターの元に犯人のわからない隠し撮りしたビデオテープが送られてくる話。謝罪要求されている相手かと思ったら…?という展開。
tsuchiyakitaku野沢尚「破線のマリス」をふと思い出しました。 https://t.co/FT6W1u56LQ
flying224frog野沢尚の「深紅」「破線のマリス」、芦沢央の「罪の余白」「いつかの人質」等々、充実した読書ができた月だったけど、月間ベストは何といってもぶっちぎりで天祢涼の「希望が死んだ夜に」。年間ベストどころか… → https://t.co/P7cLVpaWZe #bookmeter
okawawataru昔、脚本家野沢尚さん原作の『破線のマリス』という、マスコミが編集で無実の罪の人間の一部の言動や表情を切り取って、あたかも犯人かのように仕立てることを問題提起する作品がありまして、あれって現在も当たり前のように行われているなと思いました。
plack55メディアは公に向けた表現から悪意を取り除くよう努めなければなりません。というわけで次号に野沢尚さんの「破線のマリス」を紹介いたします。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)