トップページ > 公募新人賞一覧 > 小学館ライトノベル大賞【ルルル文庫部門】 > 2012年−第6回 小学館ライトノベル大賞【ルルル文庫部門】

小学館ライトノベル大賞【ルルル文庫部門】

2012年−第6回 小学館ライトノベル大賞【ルルル文庫部門】の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第6回—2012年(応募総数:279)

大賞

  • 該当なし

ルルル賞/読者賞

奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小学館ライトノベル大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小学館ライトノベル大賞【ルルル文庫部門】関連つぶやき

Zaebos02第6回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫部門) 審査員特別賞:俺、ツインテールになります。/水沢夢 https://t.co/CdGgLSrHKo
KikuraHyoumaあっ学祭号の原稿進んでない! ごはんアンソロも! 小学館ライトノベル大賞も、GA文庫大賞も……!! (戦慄の旋律)
mitaka_nomitaka本日の収穫。小学館ライトノベル大賞の受賞作が楽しみ。 https://t.co/zq7YZXGRbC
BeginLeimuロボ物 第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。スクールジャック=ガンスモークhttps://t.co/aLmnvDoDDu / ズル者は運営に殺される https://t.co/MwB3YRNruD
loki_uf小学館ライトノベル大賞、応募要項に「ビジュアルが付くことを意識した」とありますが、これって例えば、映像にしたら台無しになってしまう叙述トリック(orそれっぽい演出)を使っているような作品はダメってことですかね。もしそうなら、出そうと考えているもののうちの一つはダメだな…。
mowwomnow総じて、欠点が明白である作品が増えたことは喜ばしいことだと感じました。ある程度の実力がつかない限り、これだという欠点は見えてきません。逆に欠点さえ見えれば、それを克服することで次のステップに容易に辿り着けます。「小学館ライトノベル大賞 選評」
gagaga_bunko【部ログ更新】本日発売となりました『平浦ファミリズム』! 第11回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞を受賞作です! とかく家族のことが嫌いになりがちな思春期……本作はそんな学生の方たちにぜひ読んでほしい一冊です!(濱)… https://t.co/QHbM3QDqXh
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)