トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 真藤順丈

真藤順丈

真藤順丈さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真藤 順丈(しんどう じゅんじょう、1977年 - )は、東京都品川区生まれの小説家。
2008年から2009年にかけて、4つの新人賞を相次いで受賞しデビューした。受賞したのは、刊行順にダ・ヴィンチ文学賞大賞、日本ホラー小説大賞大賞、電撃小説大賞銀賞、ポプラ社小説大賞特別賞。
学生時代、自主映画やウェブコンテンツを製作する創作集団を結成。映画監督を志して映像関係の仕事にたずさわり、そのかたわらで小説の執筆も始める。のちに小説に専念し、長編短編あわせて10作ほどを投稿するがことごとく落選。
30歳になって一念発起、一年間で毎月一作を各新人賞に応募して、すべて駄目なら小説家の道はあきらめると決める。生活を切りつめて執筆に臨み、純文学系からライトノベルまで様々なジャンルの作品を投稿して、四作が受賞。2008年にNHK「おはよう日本」やTBS「王様のブランチ」などで特集が組まれる。
ホラー、ミステリ、幻想怪奇、SF、アウトロー小説といったジャンルにとらわれない幅広い作品を発表。ホラー大賞受賞の選評で、高橋克彦は「異常な状況に、笑いや人の心の温かさを加味する才能」を評価している。また、平山夢明は「〈魂の救済〉をテーマとし、物語の〈極限〉を提示しようとしている」と評している。
2009年からは、WOWOW「ノンフィクションW」にナビゲーターとしてゲスト出演したり、映画『眼球遊園〈大日本ノックアウトガール〉』に彫り師役として出演するなど、活動の幅をひろげている。
近代文学では安部公房や三島由紀夫を愛好する。現代の作家では平山夢明、村上春樹、村上龍、貴志祐介などを挙げている。
2011年9月号のダ・ヴィンチで『畦と銃』が「絶対はずさないプラチナ本」に選出される。

受賞歴

真藤順丈関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.28 作家の読書道 第196回:真藤順丈さん

    ダ・ヴィンチ文学賞大賞の『地図男』や日本ホラー小説大賞大賞の『庵堂三兄弟の聖職』など、いきなり4つの文学賞に入選してデビューを果たした真藤順丈さん。その後も着実に力作を発表し続け、最近では戦後の沖縄を舞台にした一大叙事詩『宝島』を発表。骨太な作品を追求するその背景には、どんな読書遍歴が?

  • 2018.6.23 2018年エンタメ小説界の大本命! 沖縄の戦後と"革命"をソウルフルに描いた真藤順丈『宝島』

    2008年にダ・ヴィンチ文学賞などを受賞してデビューした真藤順丈は、今年ちょうどデビュー10周年を迎える。その間に上梓した小説は(ノベライズを除くと)11冊。決して量産型の作家とはいえないが、『畦と銃』『夜の淵をひと廻り』など独創的なアイデアと文体によって紡がれる重厚な物語世界は、いずれも高い評価を受けてきた。

  • 2016.3.24 【エンタメ小説月評】交番勤務の日常描く物語

    警察小説やテレビドラマの定番といえば、事件を解決する刑事の活躍を扱う作品だ。

真藤順丈関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sat6ruCREAに真藤順丈のっててびっくりした!新刊はよ読みたいけどまとまった時間がねえんだ。でもめちゃくちゃおもしろそう
todaokinawa真藤順丈『宝島』(講談社)好評発売中です。https://t.co/H5G0oKckCZ 戦後の沖縄を舞台に、固い絆で結ばれた三人の若者たちが躍動する、青春と革命の一大叙事詩。
junkudo_okinawa【イベント情報】講談社刊「宝島」発売記念 小説家・真藤順丈さんトーク&サイン会 日時:2018年10月13日(土)14時~ 会場:ジュンク堂書店那覇店B1Fイベント会場 構想から7年、第2次大戦後のアメリカ施政下の沖縄を舞台にした… https://t.co/rKZywaDzRX
y_ranking_news(9/15) ノベルス本ランキング9位:GANTZ/EXA/真藤順丈https://t.co/aFUWiLilx1
Seia_Tanabe(´-`).。oO( ここだけの話だけれど、前に真藤順丈さんとお会いした時に『幻想ホラーの競作集』とか出したいっすよねえ……といいながら編集Rさんや東雅夫さんにチラチラっと視線を送っていましたが、気が付いてくれたでしょうか。そういう企画があれば、いいなあ、いいと思うんだけどなあ)
tokyosogensha【Webミステリーズ! 9月12日更新 本日は2本!】真藤順丈『宝島』、恒川光太郎『滅びの園』「ミステリーズ!90号」(2018年8月号)書評瀧井朝世[文芸全般]その2https://t.co/h1Qmf7PhTd https://t.co/6EURbhmCOL
hacu_kutusita仕事で疲れたこんな日はくよくよあれこれ考えず本でも読もう今読んでるのは【宝島】真藤順丈著
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
真藤順丈さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)