トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅井ラボ

浅井ラボ

浅井ラボさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浅井 ラボ(あさい ラボ、1974年7月12日 - )は日本のライトノベル作家である。兵庫県神戸市出身。血液型はRh+のA型。
三流造形大学中退後、漫画家を目指してアシスタント武者修行するも芽が出ず、デザイナーとしての活動など紆余曲折を経て小説執筆に着手。
2002年、『されど咎人は竜と踊る』で第7回スニーカー大賞で奨励賞を受賞。2003年に受賞作を改題・加筆修正した『されど罪人は竜と踊る』が角川スニーカー文庫より刊行される。2004年には同作品がドラマCD化。2005年には「月刊少年エース」8月号増刊「ビーンズエース」にて漫画化される。
2008年5月、『されど罪人は竜と踊る』を『されど罪人は竜と踊る Dances with the Dragons』に改題し角川スニーカー文庫から小学館ガガガ文庫へと移籍した。
2009年4月30日に角川スニーカー文庫公式サイトにて角川書店側が謝罪文を掲載した。この中で「ザ・スニーカー」への原稿・写真の無断掲載、編集担当者の度重なる過失、契約終了後の著作物の無許諾利用、原稿返還遅延等があったと公表した。またラボも自身のブログにて角川時代の歴代担当との軋轢や3代目担当の失踪など様々な要因があったことがうかがわれる記述をしたほか、謝罪文発表後には2年間にわたる法的闘争があったことを明らかにしている。

受賞歴

浅井ラボ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浅井ラボ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ryousement00022→ディックと浅井ラボの本以外はラノベとハリポタとかの児童書くらいしか物語は読まなかったつか中学ならハガレンにハマってた影響で、図書館籠って錬金術と化学の本漁ってた記憶のほうが強いそういう意味では、本との記憶が強いのは高校入ってからやな
qma_ani_jun次の文字列を順に選んで大学生・福沢礼一を主人公とする浅井ラボのライトノベルのタイトルにしなさいTOYJOYPOP
alstop【されど罪人は竜と踊る 19: 灰雪の蹉跌 (ガガガ文庫)/浅井 ラボ】を読んだ本に追加 → https://t.co/hQD0Bd7e9O #bookmeter
hikarunopapa準備ができないということは、失敗を準備しているのと一緒だ。(灰よ、竜に告げよ―されど罪人は竜と踊る<2>、浅井ラボ) #名言 #育児
yozatoi浅井ラボさんのStrange Strange って本ちょっと気になってるけどレビューとか結構賛否両論あって買うか迷う
kotoba_11準備ができないということは、失敗を準備しているのと一緒だ。@灰よ、竜に告げよ―されど罪人は竜と踊る<2>/浅井ラボ
2mana2_2vanilla東京喰種って浅井ラボの短編のパクリだったん?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
浅井ラボさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)