トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅井ラボ

浅井ラボ

浅井ラボさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浅井 ラボ(あさい ラボ、1974年7月12日 - )は日本のライトノベル作家である。兵庫県神戸市出身。血液型はRh+のA型。
三流造形大学中退後、漫画家を目指してアシスタント武者修行するも芽が出ず、デザイナーとしての活動など紆余曲折を経て小説執筆に着手。
2002年、『されど咎人は竜と踊る』で第7回スニーカー大賞で奨励賞を受賞。2003年に受賞作を改題・加筆修正した『されど罪人は竜と踊る』が角川スニーカー文庫より刊行される。2004年には同作品がドラマCD化。2005年には「月刊少年エース」8月号増刊「ビーンズエース」にて漫画化される。
2008年5月、『されど罪人は竜と踊る』を『されど罪人は竜と踊る Dances with the Dragons』に改題し角川スニーカー文庫から小学館ガガガ文庫へと移籍した。
2009年4月30日に角川スニーカー文庫公式サイトにて角川書店側が謝罪文を掲載した。この中で「ザ・スニーカー」への原稿・写真の無断掲載、編集担当者の度重なる過失、契約終了後の著作物の無許諾利用、原稿返還遅延等があったと公表した。またラボも自身のブログにて角川時代の歴代担当との軋轢や3代目担当の失踪など様々な要因があったことがうかがわれる記述をしたほか、謝罪文発表後には2年間にわたる法的闘争があったことを明らかにしている。

受賞歴

浅井ラボ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浅井ラボ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hikarunopapa準備ができないということは、失敗を準備しているのと一緒だ。(灰よ、竜に告げよ―されど罪人は竜と踊る<2>、浅井ラボ) #名言 #育児
Lar_YZされ竜新刊まだー?と思ってブログ覗きに行ったら3月まで裁判沙汰だったと今知った次第。どうして世界は浅井ラボに優しくしないんだ……今は落ち着いてると信じて、新刊は来年かなぁ……
fragments_bot「それは私の、私だけの答えだ。君は君の頭で答えを、そして問いを考えたまえ。答えがない問いと対峙することのみが、世界に対して人間が唯一できる闘争だ」枢機卿長の目が、俺にそそがれた。「それは、人間の数ある行為のなかで、もっとも真摯で尊い愚行だろう」(浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』)
qma_ani_jun次の文字列を順に選んで大学生・福沢礼一を主人公とする浅井ラボのライトノベルのタイトルにしなさいTOYJOYPOP
lightnovelJPラグビーW杯、日本vs南アフリカ - 浅いっぽい(浅井ラボ先生)https://t.co/QNmpmeOMLT#ラノベ
hit4boy浅井ラボ『TOY JOY POP』おしゃべりサークルに集う若者たちを描いた青春小説。楽能天気なものと思いきやさにあらず。読み進めると彼らの鬱勃とした感情が見えてきます。ド迫力の活劇あり、心の闇を抉るシーンあり。いやいや詰め込みました。https://t.co/Fu2CX126sx
VK3eA6UkzeQhSLa@dodo_kaos 小学館ガガガ文庫浅井ラボ著「されど罪人は竜と踊る」鋼の錬金術師の錬金術にやや似た技術の「咒式(じゅしき)」が発達したファンタジーと現実世界が混じったような世界の作品濃厚な戦闘描写やエログロ鬱要素が詰まった通称暗黒ラノベの始祖にして最終作
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
浅井ラボさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)