トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山文平

青山文平

青山文平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
経済関係の出版社に18年勤務した後、1992年からライターとなる。
1992年、「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞(影山雄作名義)。
2011年、青山文平名義の「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞しデビュー。
2014年、『鬼はもとより』で第152回直木三十五賞候補。同作で第17回大藪春彦賞受賞。
2015年、『つまをめとらば』で第6回山田風太郎賞候補、第154回直木三十五賞受賞。

青山文平新刊

  • 発売日
    2017年6月8日
  • 書名
    遺すことば: 文春ムック (文春MOOK)

受賞歴

青山文平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山文平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

3355jh遠縁の女 青山文平 読了。時代小説短篇集。表題の「遠縁の女」もいいですが、「機織る武家」がなんとなく好き(^^) https://t.co/ZWDmdY6Dsl
world_lgm試験も終わったから早速2冊
_grounded@mysteryEQ 投票、こちらも順不同で。青山文平『遠縁の女』阿津川辰海『名探偵は嘘をつかない』伊坂幸太郎『ホワイトラビット』二階堂黎人『巨大幽霊マンモス事件』東川篤哉『探偵さえいなければ』以上、よろしくお願いします。
mige_kae_ouji『遠縁の女』(青山文平 著)読了。いやー男も女も必死に生きてて時代小説らしい土臭さで楽しかった!表題作、中編サイズで読み応えバッチリ。ていうか作品の順番が上手いですね。ストーリーがすんなり飲み込める。和装を少々齧ってるので、一作目は何というか、勉強になりました。地織機。
roostank今読み進めてるのは、すっかり虜になった青山文平さんの「伊賀の残光」めっちゃくちゃおもしろい…!! https://t.co/FWo2y2tqkx
douke_yozo#つまをめとらば 著・青山文平難しすぎたか、あんま覚えてない。時間を置きすぎた。「男同士でいる方が楽だけど、やっぱ女と生きていかなあかん」的な話だった。そう、ページをめくり返すと一節にこうあった「平穏を望むなら男と暮らすのが一番、とはいえ男は連れ添えない。連れ添うなら女だ」。
Namimagazine青山文平著『半席』の評者は池内紀さん!/江戸の事件にのぞく、平成ニッポン(波2016年6月号)https://t.co/vN8vRXlHeD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山文平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)