トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山文平

青山文平

青山文平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
経済関係の出版社に18年勤務した後、1992年からライターとなる。
1992年、「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞(影山雄作名義)。
2011年、青山文平名義の「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞しデビュー。
2014年、『鬼はもとより』で第152回直木三十五賞候補。同作で第17回大藪春彦賞受賞。
2015年、『つまをめとらば』で第6回山田風太郎賞候補、第154回直木三十五賞受賞。

受賞歴

青山文平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山文平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miltutu青山文平『遠縁の女』(文春文庫)読了。収録された3篇、全てがハイクオリティのホワイダニット。あの『半席』に勝るとも劣らない傑作集ですよ!いずれも江戸時代後期を舞台にした作品ですが、機織り、新田開発、武者修行という題材にのせて武家社会で生きる男女の心の機微と生き様を活写してみせる。
kaikane40読んだ本 青山文平「遠縁の女」3作のうち「機織る武家」が一番良かった。読みやすい文章だし、どれも物語の流れの展開の仕方は好みだけど、状況から人物の心情まですべて言葉に書き起こしていて、くどく感じた。それは読む側に想像する余白を与えない、というふうで、私には息苦しかった。
hw_ttaggg青山文平「沼尻新田」家督を継いだばかりの柴山和巳。知行取りとしての誇り、”藩校出”としての自尊と引け目、父への尊敬とわだかまり等、わずかな屈折が見える。そんな中、持ちかけられる新田開発の話。初めは乗り気でなかったのだが、その土地を見て開発を決める。その動機とは……
ujRHPkMFnu4VK49『遠縁の女』青山文平表題作ほか2編の短編小説。家族や己の気持ちより'家"を守ることが命題である武家の時代に、それでも守りたいものに真摯に向き合う主人公たちに勇気をもらえます。『つまをめとらば』でも描かれていた、男と女の"違い"… https://t.co/u5NQ8DIL1Q
Namimagazine青山文平著『約定』の評者は池上冬樹さん!/武士たちの肖像を格調高く(波2014年9月号)https://t.co/eI9baT068J
trill_yukawaいやー良かった、すごく。時代小説の趣味が合う祖母がもし生きていたら好きだったろうな青山文平。 https://t.co/OmW35gsVTN
kazumiiseki雑誌 #オール読物 発売。松本清張賞作家 豪華競作 時代小説の宴 青山文平 #川越宗一 直木賞受賞第一作。偏愛!松本清張賞ブックガイド。などなど。短編小説を満喫する 乙川優三郎・北村薫 #三浦しおん 。特別寄稿 コロナで思うこ… https://t.co/qLRfeB9Vfc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山文平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)