トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山文平

青山文平

青山文平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
経済関係の出版社に18年勤務した後、1992年からライターとなる。
1992年、「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞(影山雄作名義)。
2011年、青山文平名義の「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞しデビュー。
2014年、『鬼はもとより』で第152回直木三十五賞候補。同作で第17回大藪春彦賞受賞。
2015年、『つまをめとらば』で第6回山田風太郎賞候補、第154回直木三十五賞受賞。

受賞歴

青山文平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山文平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mon_nyan次は同じく青山文平で「春山入り」を読むよ(笑)
book__review【書評】小説家・秋山香乃が読む『跳ぶ男』(青山文平著) 巨大な存在に身一つで挑む - 産経ニュース #書評 #読書https://t.co/2OvtcXlevb
Lushen701『跳ぶ男』青山文平 2019「この御方には たしかに、能が必要だ」江戸時代後期。ひょんなことから藩主の身代わりになった少年が、能で結ぶ縁。ザ・サムライ ストーリー。能楽を知らなくても楽しめるが、知っていると仔細なこだわりも楽し… https://t.co/yBGjwfciLC
koko67350032青山文平『跳ぶ男』能役者としての居場所も友も無くした少年が、急死した藩主の代わりに藩の命運をかけて能を舞います。友との約束を「想いも寄らぬこと」で果たす生き様も非常に美しく、サッと何かが飛び去ったいったような読後感でした。#読了#読書好きな人と繋がりたい
gutter_ballet_青山文平『春山入り』読了。
yagikuma1968初見の作家さんを読む。乳と卵 川上未映子文体が苦手で、一気に読まないと気持ちを見失ってしまう、大変。遠縁の女 青山文平『遠縁の女』最後、怖いじゃん。読後感も良くて好きなのは『沼尻新田』うふふ…。面白かったー。
Namimagazine青山文平著『流水浮木 最後の太刀』の評者は縄田一男さん!/第三の傑作誕生(波2013年7月号)https://t.co/AlZQ3loyCQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山文平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)