トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山文平

青山文平

青山文平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
経済関係の出版社に18年勤務した後、1992年からライターとなる。
1992年、「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞(影山雄作名義)。
2011年、青山文平名義の「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞しデビュー。
2014年、『鬼はもとより』で第152回直木三十五賞候補。同作で第17回大藪春彦賞受賞。
2015年、『つまをめとらば』で第6回山田風太郎賞候補、第154回直木三十五賞受賞。

青山文平新刊

  • 発売日
    2019年1月12日
  • 書名
    跳ぶ男
  • 発売日
    2018年10月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版22号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年9月28日
  • 書名
    半席 (新潮文庫)

受賞歴

青山文平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山文平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Sally31068886現代ものじゃない小説は苦手でした特に詳しくなければ、その時代の食べ物ひとつとってもググらないと何の話してるのか分からなくて難解で、頭も手も止まってしまうのでただ青山文平氏のお話は非常に簡潔で明快で、おまけに文章が端正で、口に出して読みたくなるようなリズム感があって大好きです
lonllywolf『跳ぶ男』青山文平を読んで見た。不覚にも涙が…能に造詣が深ければもっともっと楽しめたのだろう。が、十二分に突き刺さった。ラストの余韻は格別。多くは語れぬ、只々美しい^ ^
shincholive_bot【本日配信!】『半席(新潮文庫)』(青山文平)分別ある熟年武士たちが、なぜ「奇妙な事件」を起こしたのか。意外な動機が心にささる!https://t.co/A92FaACLav #電子書籍 https://t.co/ydErHH6C1x
kano_akiyama【書評】小説家・秋山香乃が読む『跳ぶ男』(青山文平著) 巨大な存在に身一つで挑む https://t.co/2bPCXoUZap @Sankei_newsさんから
book__review【書評】小説家・秋山香乃が読む『跳ぶ男』(青山文平著) 巨大な存在に身一つで挑む - 産経ニュース #書評 #読書https://t.co/2OvtcXlevb
kamomeniwa私の『平成の30冊』10~14冊目は、桐野夏生『グロテスク』、池井戸潤『ようこそわが家へ』、吉田篤弘『つむじ風食堂の夜』、青山文平『鬼はもとより』、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』です。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山文平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)