トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻内智貴

辻内智貴

辻内智貴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻内 智貴(つじうち ともき、1956年(昭和31年)4月24日 - )は、日本の小説家、歌手。福岡県飯塚市生まれ。
1977年東京デザイナー学院商業グラフィック科卒業。1978年から3年間、ソロシンガーとしてビクターレコードに在籍。のち、ライブハウスなどでバンド活動を行う。1999年、「セイジ」が太宰治賞最終候補作に残る。翌2000年、「多輝子ちゃん」で太宰治賞を受賞(同作は単行本『青空のルーレット』に所収)。2007年、『青空のルーレット』が映画化される。2009年、シンガーソングライターとしてファーストアルバムをリリース。2010年11月には『信さん』が『信さん・炭坑町のセレナーデ』(主演:小雪)として映画化された。
*『青空のルーレット』(筑摩書房 2001年5月/光文社文庫 2004年1月)
*『セイジ』(筑摩書房 2002年2月/光文社文庫2008年8月)
*『いつでも夢を』(光文社 2002年12月/光文社文庫 2005年4月)
*『信さん』(小学館 2003年8月/小学館文庫 2007年8月)
*『ラスト シネマ』(光文社 2004年5月/光文社文庫 2006年10月)
*『帰郷』(筑摩書房 2006年)
*『野の風』(小学館 2006年)
*『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(祥伝社/2012年)

受賞歴

辻内智貴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.1.31 作家の読書道:第39回 辻内 智貴さん

    一人の世捨て人のような青年の、奇蹟的な行動を描いて感動を呼ぶ『セイジ』をはじめ、社会の片隅で生きている人々に優しい眼差しを投げかけている辻内智貴さん。元シンガーでもあり、"決して読書家ではなかった"という彼に、小説を書こうと思わせた作品とは? そして、何度も繰り返し呼んでいる小説とは? 普段の生活、今後の展望も含めて、あますことなく語っていただきました。

辻内智貴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yshibi古市さんが盗作や剽窃をしたとかアイデアを盗んだとかいう意見もあるようですが、その批判は該当しないでしょう。ビルの窓ふきというモチーフ自体にオリジナリティがあるわけではない。たとえば以下の方も指摘しているように、辻内智貴さん「青空の… https://t.co/nAGnhisqwV
gigan3forever辻内智貴「青空のルーレット」読了。自分が音楽に理解が無いためだろうか、斜に構えた生き方が素直に受け入れられない。太宰治賞の作品も、後半はやれやれといった感じ。どちらも共通して言えるのは、登場人物が皆自分の世界に浸っている所か。それを正当化してしまうのは、頂けないと感じる。
erkazm芥川賞がらみのあれこれを読んでいて、ビルの窓掃除小説の傑作を思い出した。辻内智貴『青空のルーレット』https://t.co/FNUPQc7C2H 本は絶版だけどキンドルで読めるのね。辻内智貴さん、どうしてるのかなあ?
desigrammer窓拭き(が一要素)の小説が話題のようですが、窓拭き繋がりで辻内智貴の「青空のルーレット」をオススメしたい。話題の小説は芥川賞候補作だから多分比べたらかなりエンタメ寄り
sekine345_2nd僕の中の哲学は辻内智貴『セイジ』と『亡念のザムド』で出来ている。『セイジ』、また単行本買おうかな。『亡念のザムド』もDVD買ってしまおうか。どちらも懐かしさしかない。
nukuteomika古市憲寿の芥川賞候補作はビルの窓拭きをテーマに扱っているらしい。そういえば太宰賞作家の辻内智貴の「青空のルーレット」も主人公がビルの窓拭きであったのを久しぶりに思いだした。やっぱり落ちて死ぬ人が出てくる。あの人は今は何してるのかな…
Honya_Tawan【本棚登録】『青空のルーレット』辻内智貴 https://t.co/Un68AyZCRL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻内智貴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)