トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻内智貴

辻内智貴

辻内智貴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻内 智貴(つじうち ともき、1956年(昭和31年)4月24日 - )は、日本の小説家、歌手。福岡県飯塚市生まれ。
1977年東京デザイナー学院商業グラフィック科卒業。1978年から3年間、ソロシンガーとしてビクターレコードに在籍。のち、ライブハウスなどでバンド活動を行う。1999年、「セイジ」が太宰治賞最終候補作に残る。翌2000年、「多輝子ちゃん」で太宰治賞を受賞(同作は単行本『青空のルーレット』に所収)。2007年、『青空のルーレット』が映画化される。2009年、シンガーソングライターとしてファーストアルバムをリリース。2010年11月には『信さん』が『信さん・炭坑町のセレナーデ』(主演:小雪)として映画化された。
*『青空のルーレット』(筑摩書房 2001年5月/光文社文庫 2004年1月)
*『セイジ』(筑摩書房 2002年2月/光文社文庫2008年8月)
*『いつでも夢を』(光文社 2002年12月/光文社文庫 2005年4月)
*『信さん』(小学館 2003年8月/小学館文庫 2007年8月)
*『ラスト シネマ』(光文社 2004年5月/光文社文庫 2006年10月)
*『帰郷』(筑摩書房 2006年)
*『野の風』(小学館 2006年)
*『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(祥伝社/2012年)

受賞歴

辻内智貴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.1.31 作家の読書道:第39回 辻内 智貴さん

    一人の世捨て人のような青年の、奇蹟的な行動を描いて感動を呼ぶ『セイジ』をはじめ、社会の片隅で生きている人々に優しい眼差しを投げかけている辻内智貴さん。元シンガーでもあり、"決して読書家ではなかった"という彼に、小説を書こうと思わせた作品とは? そして、何度も繰り返し呼んでいる小説とは? 普段の生活、今後の展望も含めて、あますことなく語っていただきました。

辻内智貴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tabito_anzai辻内智貴さんが太宰治を語る悩みはみんな抱いている#辻内智貴 #太宰治 #小説家#太宰治賞 #不眠症 https://t.co/CMf6f41yrx
canariaia辻内智貴のセイジみたいなずおばみかきたいなって100年ぐらい思ってる
ark119辻内智貴さんの久しぶりのブログ書き込みです#辻内智貴 #小説家 #太宰治賞 #セイジ #青空のルーレット #信さん#いつでも夢を #太宰治賞受賞 https://t.co/kiMZOU0dAp
unaginedoko時期でも違います。大学一年生で本は読み始めて、初めて読んだ本は辻内智貴のセイジ。建築の本を色々読みましたが、デザインに興味つきっかけは深澤直人のデザインの輪郭。経営は小学校6年生の時に父に金持ち父さん貧乏父さんをもらい、大学で読み… https://t.co/SntKue6VaU
kafui_k_hちょっとここから難しい本、辻内智貴さんの「梅干しと日本刀」。日本の昔からの知恵を知ることができます。村八分の八分とは何か、”はたけ”という字がなぜ畑、畠と違う字があるのか、日本家屋がどう日本の四季に対し有効であったか、などなどいろ… https://t.co/0FYq6arJks
ON_zzz_zoo辻内智貴さん、まさかのツイッター、ブログ。新しい文章が読めて嬉しい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻内智貴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)