トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻内智貴

辻内智貴

辻内智貴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻内 智貴(つじうち ともき、1956年(昭和31年)4月24日 - )は、日本の小説家、歌手。福岡県飯塚市生まれ。
1977年東京デザイナー学院商業グラフィック科卒業。1978年から3年間、ソロシンガーとしてビクターレコードに在籍。のち、ライブハウスなどでバンド活動を行う。1999年、「セイジ」が太宰治賞最終候補作に残る。翌2000年、「多輝子ちゃん」で太宰治賞を受賞(同作は単行本『青空のルーレット』に所収)。2007年、『青空のルーレット』が映画化される。2009年、シンガーソングライターとしてファーストアルバムをリリース。2010年11月には『信さん』が『信さん・炭坑町のセレナーデ』(主演:小雪)として映画化された。
*『青空のルーレット』(筑摩書房 2001年5月/光文社文庫 2004年1月)
*『セイジ』(筑摩書房 2002年2月/光文社文庫2008年8月)
*『いつでも夢を』(光文社 2002年12月/光文社文庫 2005年4月)
*『信さん』(小学館 2003年8月/小学館文庫 2007年8月)
*『ラスト シネマ』(光文社 2004年5月/光文社文庫 2006年10月)
*『帰郷』(筑摩書房 2006年)
*『野の風』(小学館 2006年)
*『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(祥伝社/2012年)

受賞歴

辻内智貴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.1.31 作家の読書道:第39回 辻内 智貴さん

    一人の世捨て人のような青年の、奇蹟的な行動を描いて感動を呼ぶ『セイジ』をはじめ、社会の片隅で生きている人々に優しい眼差しを投げかけている辻内智貴さん。元シンガーでもあり、"決して読書家ではなかった"という彼に、小説を書こうと思わせた作品とは? そして、何度も繰り返し呼んでいる小説とは? 普段の生活、今後の展望も含めて、あますことなく語っていただきました。

辻内智貴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tabito_anzai僕の友人の太宰治賞作家辻内さんの歌です最近はいつも雨ばかりですね辻内智貴◆小説家シンガーソングライター たどり着いたらいつも雨降りボタ山を背景に歌う(福岡県飯塚市)#辻内智貴 #太宰治賞作家 #青空のルーレット#信さん… https://t.co/yln3vGn6cK
Kogure_Sachiko【セイジ-陸の魚-】予告YouTube西島秀俊、森山未來、裕木奈江、新井浩文、渋川清彦、滝藤賢一、二階堂智、津川雅彦、龜石征一郎https://t.co/9sgLJ02MmG監督:伊勢谷友介原作:「セイジ」辻内智貴脚本:… https://t.co/sSYkxffUqH
douji_shiji昨年の〈夜想忌〉に追悼の辞を頂戴した作家・辻内智貴さんのブログ。2018年9月16日にアップされたもの。 https://t.co/dW6LVBDQx6
momo_kanpei辻内智貴『帰郷』読了。以前この作家さんの小説を一度だけ読んだことがあって、う~んって感じだったんだけど、この本のあまりの評価の高さにフラフラとリクエストまでして読みました。結果、この本もう~んって感じだった…#もも寛読書… https://t.co/klrfpasJmL
TAMAJIRO1はまのだいどころで読書、辻内智貴「セイジ」今日の晩御飯煮込みハンバーグを作ろ、トマト煮込みか豆腐和風煮込みか迷う、ここススキノ交差点ラフィラ地下1階にある、はまのだいどころはプレモル226円だよ、上の階のヨーカドーで買い物したあと… https://t.co/mPGnBDgzgu
maobunbunわたしが棄てた女/遠藤周作凍りのくじら/辻村深月キャロル/P.ハイスミス永遠の仔/天童荒太まほろ駅前多田便利件/三浦しをんセイジ/辻内智貴獣の奏者/上橋菜穂子クライマーズ・ハイ/横山秀夫箱の中/木原音瀬炎の蜃気楼シリーズ/桑原水菜#名刺代わりの小説10選
sakuraniwa_m@misikkopi914 東野圭吾の「秘密」辻内智貴の「青空のルーレット」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻内智貴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)