トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井まかて

朝井まかて

朝井まかてさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 まかて(あさい まかて、1959年8月15日 - )は、日本の小説家。女性。大阪府羽曳野市生まれ。甲南女子大学文学部国文学科卒業。ペンネームは沖縄県出身の祖母・新里マカテの名に由来する。
広告制作会社でコピーライターとして勤務した後に独立。2006年より大阪文学学校で学ぶ。2008年、『実さえ花さえ』(応募時のタイトルは「実さえ花さえ、その葉さえ」)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し小説家デビューする。
2013年、歌人・中島歌子の生涯を描いた『恋歌(れんか)』(講談社)で、本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。2014年、同作で第150回直木三十五賞を受賞。同年、井原西鶴を主人公とした『阿蘭陀西鶴』(講談社)で第31回織田作之助賞受賞。2016年、『眩』(新潮社)で第22回中山義秀文学賞を受賞。2017年、『福袋』(講談社)で第11回舟橋聖一文学賞を受賞。

朝井まかて新刊

  • 発売日
    2018年2月16日
  • 書名
    雲上雲下(うんじょううんげ) (文芸書)
  • 発売日
    2018年2月16日
  • 書名
    雲上雲下
  • 発売日
    2017年11月15日
  • 書名
    藪医 ふらここ堂 (講談社文庫)

受賞歴

小説現代長編新人賞

第3回2008年

奨励賞

朝井まかて関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

朝井まかて関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oamtmao3月9日再放送眩(くらら)~北斎の娘~ - NHK 天才画家・北斎を陰で支えた「お栄」。そのお栄の半生にスポットを当てた、直木賞作家・朝井まかて氏の小説「眩(くらら)」を4Kドラマ化。 https://t.co/hZ3l7LKOTf
koharu_812朝井まかて「藪医ふらここ堂」読了。小児医の三哲に集まる患者や近所の人たちの人情もの。藪と言われても慕われる三哲。江戸に暮らす人々の日常が季節の移り変わりとともに穏やかに描かれていて、優しい気持ちになる。正と邪を行き来するのが人――都合がいいようだけど人の本質を突いている気がした。
miho19641020ドトールで読書中。「落葉」昨年10月に上廣歴史・文化フォーラムで朝井まかて先生の講演を聴いて買った本
zundokogaragara朝井まかて『すかたん』読んでるけど大坂の商家で清元を習ってる。ちょっと疑問。清元は江戸浄瑠璃だから。
miyawakiobihiro大人気の朝井まかて先生の新刊が入荷です!✨「雲上雲下」徳間書店子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う。不思議で懐かしいニッポンのファンタジー。 https://t.co/wJO8AoL8FN
missdelilah522朝井まかてさん『阿蘭陀西鶴』読了。井原西鶴と娘・おあいの物語。徐々に打ち解けていく父と娘の親子愛に心温まる作品。西鶴の作品も読んでみたくなった。
dojoji001以前お参り下さり絵ときを聞いて頂いたのですが、こんな素敵な本に取り入れて頂けるとは・・・! 最後になりましたが 謝辞、ありがとうございます。 #朝井まかて 雲上雲下  朝井まかて… https://t.co/nBeGK4TAoa
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井まかてさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)