トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 朝井まかて

朝井まかて

朝井まかてさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朝井 まかて(あさい まかて、1959年8月15日 - )は、日本の小説家。女性。大阪府羽曳野市生まれ。甲南女子大学文学部国文学科卒業。ペンネームは沖縄県出身の祖母・新里マカテの名に由来する。
広告制作会社でコピーライターとして勤務した後に独立。2006年より大阪文学学校で学ぶ。2008年、『実さえ花さえ』(応募時のタイトルは「実さえ花さえ、その葉さえ」)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し小説家デビューする。
2013年、歌人・中島歌子の生涯を描いた『恋歌(れんか)』(講談社)で、本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。2014年、同作で第150回直木三十五賞を受賞。同年、井原西鶴を主人公とした『阿蘭陀西鶴』(講談社)で第31回織田作之助賞受賞。2016年、葛飾応為の生涯を描いた『眩(くらら)』(新潮社)で第22回中山義秀文学賞を受賞。2017年、『福袋』(講談社)で第11回舟橋聖一文学賞を受賞。

朝井まかて新刊

  • 発売日
    2018年10月1日
  • 書名
    眩(新潮文庫)
  • 発売日
    2018年9月28日
  • 書名
    眩 (くらら) (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年7月27日
  • 書名
    悪玉伝

受賞歴

小説現代長編新人賞

第3回2008年

奨励賞

朝井まかて関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

朝井まかて関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sangonogyojin今日買った本☆朝井まかて「眩(くらら」、新潮社編「私の本棚」、P・ハイスミス「キャロル」「眩」はNHKのドラマが面白かったので。「私の本棚」は魚人的にタイムリーなテーマ。今は亡き児玉清さんや金子國義さんをはじめ豪華ラインナップ… https://t.co/mEq05lxmFd
warraby【雲上雲下(うんじょううんげ) (文芸書)/朝井まかて】を読んだ本に追加 → https://t.co/gY2sSDminf #bookmeter
rekishikouro朝井まかて『御松茸騒動』「〜亡父の友人たちの不始末に巻き込まれ、御松茸同心に左遷されてしまう。産地偽装が当たり前になっている御松茸の現状を変えようとする小四郎〜」https://t.co/VhLRsf1t6b達眼老練の四〇〇字 #書評【書物目利所】― 細谷正充
wlb922『ぬけまいる』朝井まかて/娘の頃は江戸の町で「猪鹿蝶」と呼ばれたお以乃、お蝶、お志花。三十路を前にした女三人が、お伊勢に向かって抜け詣り。性格の違う彼女たちが喧嘩をしつつも楽しく旅する姿は爽快。粋な勝負(花札や博打)も所々にあり、遊び好きな人はニヤリとするかも。
uberwinden09FGOの北斎(正確にはお栄さん)絡みで読み始めた、朝井まかての眩(くらら)が結構面白い。というか、この人文章上手い。
lynn_halon周りからも言われますが、自分でも一人遊びが上手だと思います。ちなみにこの時に読んでいたのは「雲上雲下(朝井まかて・著)」です。 https://t.co/ZDhIGLVUM0
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朝井まかてさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)