トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長浦京

長浦京

長浦京さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長浦 京(ながうら きょう、1967年10月14日。
埼玉県生まれ。法政大学経営学部を卒業する。出版社勤務などを経て放送作家になる。その後、難病指定の病にかかり、闘病生活に入る。
2011年、退院後に初めて書き上げた時代小説『赤刃』で、講談社が主催する第6回小説現代長編新人賞を受賞する(応募時のペンネームは長浦縁真)。「入院中に、命とは何か、生きるとは何かについて考えるようになり、それがきっかけで小説を書いた」との旨を述べている。2016年、『リボルバー・リリー』が第19回大藪春彦賞、2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」の第12位に選ばれる。

受賞歴

長浦京関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.12.1 週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位は『罪の声』

    今年で40回を迎えた、恒例の「ミステリーベスト10」。日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会の皆さんのアンケートにより決定する、ミステリーランキングの決定版です。国内部門第1位には塩田武士著『罪の声』が輝きました。以下20位までの順位を紹介します。

  • 2012.1.16 元自衛官が小説家デビュー 山形在住の斎藤順一さん 「焔火(ほむらび)」で小説現代長編新人賞を受賞

    陸上自衛隊施設科の元3曹で、現在、山形県南陽市職員の斎藤順一さん(44)=筆名・吉村龍一=が書いた小説「焔火(ほむらび)」が講談社主催の「第6回小説現代長編新人賞」に選ばれ、1月5日、同社から出版された。吉村さんは第2作として元自衛官たちが主人公の冒険小説を準備中で、昨年12月に陸自20普連(神町)で現職のレンジャー隊員を取材。自身の部隊勤務経験も生かし、「国民の見えないところで汗を流す"漢(おとこ)"の姿を描きたい」と話している。

長浦京関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy長浦京『赤刃』徳川家光の治世、六人の凄腕辻斬り集団を追う、掃討使の活躍を描く時代劇が、正統派のヒーローものではありません。主人公の勝てばなんでもアリアリの戦法は肩すかしすら感じるシーンが度々で、「新感覚の剣豪活劇」とは言いえて妙です。https://t.co/niPdQkUbQ7
osakabampaku長浦京「リボルバー・リリー」読了。ひたすら殺し合いのアクションシーンが続く。あんまし好みではなかった。
umeyosemite #本TUBE 【BOOKGIFT】大藪春彦賞受賞『リボルバー・リリー』長浦京さんサイン本プレゼント! に当たりました!先ほど受け取りました!ありがとうございます!Happy Halloween! https://t.co/HhiaVlwDw0
hontube【BOOKGIFT】大藪春彦賞受賞『リボルバー・リリー』長浦京さんサイン本プレゼント!ノンストップアクション巨編!応募はコチラ→https://t.co/6QlBxFaw9e インタビュー動画→… https://t.co/pVNNxhgMmf
aosora_kumo小説だけど これは 映画だ!第19回大藪春彦賞受賞 作家長浦京さんの「リボルバーリリー」関東大震災直後の東京父親から託された秘密を守り 陸軍とヤクザから逃げる少年・細見慎太と彼を守ることになった美貌の元間諜小曽根百合あまり… https://t.co/aFzRr123ZL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長浦京さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)