トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 滝口悠生

滝口悠生

滝口悠生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

滝口 悠生(たきぐち ゆうしょう、1982年10月18日 - )は、日本の小説家。東京都八丈町生まれ、埼玉県入間市出身。早稲田大学第二文学部中退。
1982年、東京都八丈町に生まれる。父は古文教師。生後半年で埼玉県入間市へ転入。
1983年、1歳半より入間市にて育つ。
2000年、入間市立扇小学校、入間市立向原中学校を経て、埼玉県立所沢高等学校を卒業。すぐに大学進学はせず、フリーターとして生活する。
2005年、早稲田大学第二文学部入学。その後3年ほどで中退し、輸入食品会社で正社員として勤務。
2011年、「楽器」で第43回新潮新人賞小説部門受賞。
2014年、『寝相』で第36回野間文芸新人賞候補。
2015年、『愛と人生』で第28回三島由紀夫賞候補、第37回野間文芸新人賞受賞。「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」で第153回芥川龍之介賞候補。
2016年、「死んでいない者」で第154回芥川龍之介賞受賞。

受賞歴

滝口悠生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.1.24 作家の読書道 第190回:滝口悠生さん

    野間文芸新人賞受賞作『愛と人生』や芥川賞受賞作『死んでいない者』をはじめ、視点も自在、自由に広がっていく文章世界で読者を魅了する滝口悠生さん。実は小さい頃はそれほど読書家ではなかったという滝口さんが、少しずつ書くことを志し、小説のために24歳で大学に入り学び、やがてデビューを決めるまでに読んで影響を受けた作品とは? その遍歴も含めて、たっぷりと語っていただきました。

  • 2017.7.16 今週の本棚・本と人:『茄子の輝き』 著者・滝口悠生さん

    ◆『茄子(なす)の輝き』 滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)さん

  • 2016.5.4 バイト生活から文学へ 芥川賞作家・滝口悠生さん「安心したら駄目」

    入間市出身の作家・滝口悠生(ゆうしょう)さん(33)の「死んでいない者」(文學界12月号)が第154回芥川賞を受賞した。デビュー5年で、権威ある文学賞を受賞し、新進気鋭の作家として、今後の文学活動が期待される滝口さんに、これまでの歩みなどを聞いた。

滝口悠生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

okayaizumi蓮根のきんぴらは滝口悠生さんの小説『高架線』に出て来るレシピで。炒りごま振るの忘れたけど。
ryoishigaki滝口悠生さんの『愛と人生』になんで美保純が出てくるのかわかんなかったので、途中でやめて「寅さん」を見始めて、理解できるところまで観てから本に戻ろうと思ったけど、美保純が出てくるまで長そうだ。
akutagawa_syou秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。子ども、孫、ひ孫たち30人あまり。一人ひとりが死に思いをはせ、互いを思い、家族の記憶が広がっていく。生の断片が重なり合って永遠の時間が立ち上がる奇跡の一夜。芥川賞受賞作『死んでいない者』滝口悠生
writeinproseプロデビューしてから読書(インプット)時間が減ってしまう、という話。記事とは全く関係ないですが、滝口さんは、私が大好きなラーメン屋の店主に似ていらっしゃる。(ふみ)作家の読書道 第190回:滝口悠生さん - 作家の読書道| https://t.co/vgG8In4D7X
koro1003滝口悠生「高架線」 東京のおんぼろアパートの一部屋に住む住人の16年にわたる変遷のドラマ。市井の人々の日常が淡々とした語りで続いていく。一文が比較的長い文章がなんとも心地よいテンポで綴られ、不思議にはまってしまう。https://t.co/Ub9qftSuuu
titlede_com専門書『花と木の文化史』中尾佐助漫画『終電ちゃん』藤本正二小説『高架線』滝口悠生 https://t.co/Oc6hJmjFBl
miyazakid『高架線』(滝口悠生、講談社)#jtb8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
滝口悠生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)