トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田宗典

原田宗典

原田宗典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 宗典(はらだ むねのり、1959年3月25日 - )は、日本の小説家である。東京都新宿区新大久保、および岡山県岡山市出身。小説の他、軽妙な文体のエッセイや戯曲でも知られる。
妹はキュレーター、小説家の原田マハ。家族は妻(エッセイでは「カミサン」としてたびたび登場)、子供が2人、犬2匹。独身時代は猫を数匹飼っていたこともある。
中学生までを東京で過ごし、両親の都合で岡山県に引っ越す。岡山県立岡山操山高等学校在学中、短編『失透』が学研コース文学賞に入選する。1977年に、岡山操山高等学校より指定校推薦で早稲田大学第一文学部に入学する。留年中にコピーライターの養成講座に通い、岩永嘉弘と出会う。卒業後、岩永の主宰する事務所に入社、コピーライターとなる。
1984年、『おまえと暮らせない』が第8回すばる文学賞に佳作入選する。1987年に退社し、フリーランスとなった。その後、作家として本格的に活動を開始する。1996年、中央自動車道をポルシェでドライブ中に大事故を起こしたことにより(本人によると、後ろ半分がつぶれて「ポルシェ」が「ポルシ」になったとのこと)、1年間休筆する。翌年に活動を再開する。
2013年9月7日夜、渋谷区内で渋谷警察署員の職務質問を受けた際、覚醒剤と大麻を持っていたのが発覚、その場で覚せい剤取締法違反・大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。同年11月22日、東京地裁で覚醒剤取締法違反(使用、所持)などの罪により懲役1年6か月(執行猶予3年)を言い渡された。
2014年12月、自身のツイッターアカウントに約1年半ぶりにツイート(高校在学時からの友人であった写真家・久山城正(故人)のサイトにエッセイを寄稿した旨を伝える内容)。2015年3月、新作を書きおろし、執筆活動を再開したと明らかにした。7月7日発売の『新潮』8月号にて、10年ぶりの復活作『メメント・モリ』を発表(同年11月に単行本として発刊)。

原田宗典新刊

  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    もうすぐ絶滅するという煙草について

受賞歴

原田宗典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.9.9 作家の原田宗典容疑者を逮捕 渋谷の路上で覚醒剤と大麻所持

    東京都渋谷区の路上で覚醒剤を隠し持っていたとして、警視庁渋谷署は、覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)の容疑で、作家の原田宗典容疑者(54)=文京区水道=を現行犯逮捕した。

  • 2012.8.22 第128回:原田マハさん - 作家の読書道

    アンリ・ルソーの名画の謎を明かすためにスイスの大邸宅で繰り広げられる知的駆け引きと、ある日記に潜んだルソーの謎。長年温めてきたテーマを扱った渾身の一作『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞を受賞、直木賞にもノミネートされて話題をさらった原田マハさん。アートにも造詣の深い著者が愛読してきた本とは? 情熱あふれる読書、そしてパワフルな"人生開拓能力"に圧倒されます!

  • 2004.4.30 作家の読書道:第30回 金原ひとみさん

    デビュー作の『蛇にピアス』で、いきなり20歳で芥川賞を受賞し、04年初頭の読書界の話題をさらった金原ひとみさん。ご本人はというと、世間の大騒ぎに踊らされることなく、地に足のついた、非常にしっかりした印象の女の子。独自の文章世界を持ち、きらめく才能で我々を圧倒した彼女は、一体どんな本を読んできたのか。劇団「大人計画」が大好きという意外な一面も交えて、お話ししてくれました。

原田宗典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

straight_life舞台「分からない国 1995」のパンフレットありまーす。【月】大谷亮介、幸和希、武岡淳一、水野あや、安藤亮子、栗田芳宏、吉田鋼太郎、中村方隆、草野徹、仮屋ルリ子、原田宗典さん。東京壱組。https://t.co/NWGmNCAQ0X
shuntensurume原田宗典「優しくって少しばか」実例詳解古典文法総覧日常言語の論理学を買う。
Einstein_chan【名言】子供たちがのびやかにすくすく育つために必要なのは、理路整然としたルールや整備された環境ではなく、実は誰かに世界一愛されているという実感なのではなかろうか。原田宗典
ayunatyan@_shinitai__ あの話もとても好きです。家族と婚約者で円卓に座り写真を見つめる描写で、やはり原田宗典は父親の事を語る時が一番人間的な部分が出ているのかなと思いました。
_shinitai__@ayunatyan メロンの話もよいですね。いつも不幸をコミカルに描写してきた原田宗典の本当の気持ちが記されている気がします。
garlandex『原田宗典 旅の短篇集 春夏』読了。2Pに1話ずつ、130話以上を収録したショートショート集。元はラジオの「ジェット・ストリーム」で朗読されていたもの。内容は主人公が様々な国で不思議なアイテムに出会い、驚いたり迷ったりするものが殆どで、中盤からちょっとばかし飽きてくる。
totsugekinissi焚き火の炎は考え事するの向いてるって原田宗典も言ってましたね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田宗典さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)