トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 相場英雄

相場英雄

相場英雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

相場 英雄(あいば ひでお、1967年9月18日 - )は、日本の小説家、経済ジャーナリスト。新潟県三条市生まれ。
新潟県立三条高等学校を経て外国語専門学校卒業後、キーパンチャーとして1989年に時事通信社に入社。当初は情報端末の編集部門で市場データの編集業務を担当していたが、市況担当記者に欠員が生じたため記者職に転じた。経済部記者として日本銀行、東京証券取引所などを担当したが、大卒ではないという理由で大蔵省担当にはなれなかった。
2005年、『デフォルト 債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞(現・城山三郎経済小説大賞)を受賞し小説家デビュー。2006年、時事通信社を退社し作家専業になる。BSE問題を扱った2012年の『震える牛』が累計28万部のベストセラーに。2013年、『血の轍』が第26回山本周五郎賞候補作、第16回大藪春彦賞候補作になる。2016年、『ガラパゴス』が第29回山本周五郎賞候補作になる。同作は2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第17位に選ばれる。2017年、『不発弾』が第30回山本周五郎賞候補作になる。

相場英雄新刊

  • 発売日
    2018年5月29日
  • 書名
    不発弾 (新潮文庫)

受賞歴

相場英雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

相場英雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

a_ranking_newsAmazonビジネス・経済 > 金融・ファイナンス 売れ筋ランキング7位 相場英雄『震える牛』https://t.co/aphBdy9Nr6
raisen_bot2_qmaNo.421 次の2013年に山本周五郎賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒百年法―山田宗樹、旅猫リポート―有川浩、血の轍―相場英雄
F98790549@yokoitter 少し古いですが相場英雄の震える牛、ガラパゴスは面白いと思います。常に、このようなのを読んでいるわけではありませんが社会派サスペンスは面白いですね。
h_ranking_news(9/16) 本の通販ストアランキング > 小説・文学 > 日本の小説・文学ランキング19位:相場英雄 (著)『血の雫』https://t.co/vbxCQLG7DW
kinokuniyasale血の轍 (幻冬舎文庫) (相場英雄) が、紀伊國屋電子書籍で特価で313円引きの468円(40%OFF)、100ポイント還元になりました。https://t.co/HeuaRi6ohi
amaebooksaleガラパゴス 下 (小学館文庫) (相場英雄) が、Kindleストアで391ポイント増えて788円、394ポイント還元になりました。https://t.co/sjW2TvjD8c
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
相場英雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)