トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 相場英雄

相場英雄

相場英雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

相場 英雄(あいば ひでお、1967年9月18日 - )は、日本の小説家、経済ジャーナリスト。新潟県三条市生まれ。
新潟県立三条高等学校を経て外国語専門学校卒業後、キーパンチャーとして1989年に時事通信社に入社。当初は情報端末の編集部門で市場データの編集業務を担当していたが、市況担当記者に欠員が生じたため記者職に転じた。経済部記者として日本銀行、東京証券取引所などを担当したが、大卒ではないという理由で大蔵省担当にはなれなかった。
2005年、『デフォルト 債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞(現・城山三郎経済小説大賞)を受賞し小説家デビュー。2006年、時事通信社を退社し作家専業になる。BSE問題を扱った2012年の『震える牛』が累計28万部のベストセラーに。2013年、『血の轍』が第26回山本周五郎賞候補作、第16回大藪春彦賞候補作になる。2016年、『ガラパゴス』が第29回山本周五郎賞候補作になる。同作は2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第17位に選ばれる。2017年、『不発弾』が第30回山本周五郎賞候補作になる。

相場英雄新刊

  • 発売日
    2019年3月7日
  • 書名
    キッド
  • 発売日
    2018年10月22日
  • 書名
    血の雫

受賞歴

相場英雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

相場英雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HerriotItou相場英雄氏の『KID』幻冬舎刊を読み始めているが、気になる人物が出ている。栗澤幸一という情報提供者の存在だ。・・・もしかするとさわや書店の栗沢君がモデルじゃないかと睨んで読んでいたが、P158で確信してしまった。・・・たぶん間違いないだろう。
mint130408相場英雄さん『キッド』ひと昔前のスパイものやら情報合戦といえば米露関係に特化したものだったが、現代ではアジア内に置き換えられるという事実に今更ながらヒヤリとしたものを感じる。これだけのボリュームを一気に読ませる相場さんの筆力が素… https://t.co/oJjIeCM3vf
BAlVIvVSctbS5e9相場英雄「KID」途中までだけど、これ、映画にしたら絶対面白いだろうな。こういう冒険小説というか、スリリングな小説って、日本にあんまないのでは?ある?映画権、早い者勝ちだと思うけどなー。#KID
dailyshincho【いま読まれています】東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」https://t.co/xiz8Ea6epc『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として… https://t.co/ciunMBBgeT
Namimagazine相場英雄著『血の雫』刊行記念対談!/相場英雄×中川淳一郎  やっぱりネットはバカと暇人のもの(波2018年11月号)https://t.co/8iGaiQunfs
gomittsuan1相場英雄さんの作品を読むのはこれが初めて。昭和の終わりから平成までの、日本経済の姿が描かれていて厚みのあ...『不発弾』相場英雄 ☆3 https://t.co/vI94gleKlg #booklog
osakabampaku相場英雄「不発弾」読了。金融サスペンス。「損失補填」「飛ばし」とか懐かしい。難しい専門用語も出てきますが、バブル崩壊後の金融界のゴタゴタが史実に忠実に描かれているみたいですね。東芝の「不正会計」の裏にいた金融コンサルタント古賀が主人公。警視庁捜査2課小堀は古賀を逮捕できるか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
相場英雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)