トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 時雨沢恵一

時雨沢恵一

時雨沢恵一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

時雨沢 恵一(しぐさわ けいいち、1972年 - )は、日本の男性ライトノベル作家である。神奈川県出身。魚座のA型。2000年に第6回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)で最終候補作に残った『キノの旅』が「電撃hp」に掲載され、作家デビュー。その後電撃文庫でシリーズ化され人気を集めた。
もともと小説家には憧れていたが夢のような話だと思っていたので、投稿などはせずに大学を卒業した。その後、就職活動を1年間するが全く成果がなく、金銭面などからむしゃくしゃしていたところ、たまたまライトノベル作品の募集記事を見つけ(電撃文庫の『ブギーポップは笑わない』にも触発されたこともあり)、10年以上前から考えていた『キノの旅』の原型となる短編を執筆、これをいくつか連ねて長編として投稿する。
この作品が編集の目にとまりデビューした。当初は別の仕事もなく、生活も苦しかったので一人部屋にこもりっきりで1巻で描けなかったエピソードを執筆してはすぐ編集に送っていた。それから3か月後に続編の刊行が決まり、人気が出たのでそのままシリーズ化する。
バイク好き・ガンマニア・軍事マニア。アメリカ留学経験もあり、拳銃(SIG SAUER P226)を実際に所有していた。また、カラオケで歌うのはアニメソング中心というほどのアニメや漫画、ゲーム好きで、本人曰く、「最も長い趣味」。
ペンネームの由来は『時雨沢』が銃器ブランドのSIG SAUER(シグザウエル、シグザウアー)を英語風に発音した「シグサゥアー」からとったものであり(英語版の表記は“Sigsawa”となっている)、『恵一』は『キノの旅』の応募原稿を執筆中にエルメスの参考に使用していた『ああっ女神さまっ』の主人公とその妹の名前から取ったものである。
本人曰く、「"〆切"なんてこの世からなくなってしまえば良い」と思っている。

時雨沢恵一新刊

  • 発売日
    2019年10月10日
  • 書名
    学園キノ(6) (電撃文庫)
  • イラストレーター
    黒星 紅白
  • 発売日
    2019年8月10日
  • 書名
    キノの旅XXII the Beautiful World (電撃文庫)
  • イラストレーター
    黒星 紅白
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    キノの旅XXII the Beautiful World (電撃文庫)
  • イラストレーター
    黒星 紅白

受賞歴

時雨沢恵一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

時雨沢恵一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

5643kpwa学園キノ⑥ / 時雨沢恵一読了!まさか八年越しに出ると思ってなかった続刊滅茶苦茶楽しく読み進ませて頂きました!そして案の定ストーリーを忘れてる始末!読みながら思い出したといえども細かい伏線は覚えてないので他のも買いますキノの旅も… https://t.co/cqqoWDottt
tsuyusaki【キノの旅 XVI the Beautiful World (電撃文庫)/時雨沢 恵一】を読んだ本に追加 → https://t.co/785uiMICkC #bookmeter
Honnomori_bot貴方のような作品を書きたいと言われたら、書かなくていいと答える。わたしのような作品は、私が書くから。貴方は貴方の作品を書けばいい。さくひん(「夜が運ばれてくるまでに」より)/時雨沢恵一
thesentence_botその場にいない人を悪く言うほど、簡単なことはないよねえ。/キノの旅ⅩⅤ the Beautiful World(時雨沢恵一)
lanorevi本日感想追加した作品(3):・どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1/六つ花えいこ・異世界の名探偵1 首なし姫殺人事件/片里鴎・ソードアート・オンライン プログレッシブ6/川原礫・ワールドエンドの探索指南2/夏海公司・学園キノ (6)/時雨沢恵一
umanohitaiあなたのミリタリーはどこから?わたしは有川浩と時雨沢恵一です
ka40ryoそんなに本読む方ではなかったけど学生の時に作家名でよく読んでたのは乙一、人間入間、星新一、時雨沢恵一、池田あきこ、ロアルド・ダール(敬称略)あたりで森絵都のショートショートも面白かった記憶ある
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)