トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有吉佐和子

有吉佐和子

有吉佐和子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有吉 佐和子(ありよし さわこ、1931年(昭和6年)1月20日 - 1984年(昭和59年)8月30日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。和歌山県和歌山市出身。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレーナといった。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。娘にエッセイストの有吉玉青がいる。正確には「吉」の字は下が長いのだが、小説を書いていた頃には活字がなかった。
長州藩士有吉熊次郎は曽祖父にあたる。
佐和子の母・秋津は明治37年(1904年)に和歌山の庄屋の家に生まれ、旧姓は木本といい、父親木本主一郎は政治家だった。たいそうな大女で結婚条件は自分より背が高いことだった。こうして横浜信用金庫に勤めていた180cmの東男・有吉眞次に嫁ぎ、お手伝いを連れて上京した。佐和子の身長は165cmあった。横浜正金銀行勤務の父の赴任に伴い、小学校時代を旧オランダ領東インドのバタヴィアおよびスラバヤで過ごした。
1941年に帰国後、東京市立第四高女(現・都立竹台高校)から疎開先の和歌山高女(現・和歌山県立桐蔭高校)へ。その後、光塩高女を経て、府立第五高女(現・都立富士高校)卒業。東京女子大学英文学科に入学したが休学後1952年同短期大学部英語学科卒業。大蔵省外郭団体の職員を経て舞踊家吾妻徳穂の秘書となる。
大学在学中から演劇評論家を志望し、雑誌『演劇界』嘱託となる。同人誌『白痴群』、第15次『新思潮』に参加。1956年に『地唄』が文學界新人賞候補、ついで芥川賞候補となり一躍文壇デビューを果たした。初期には主として日本の古典芸能を題材とした短編が多いが1959年、自らの家系をモデルとした長編『紀ノ川』で小説家としての地位を確立した。
1962年、神彰(興行師。有吉との離婚後、居酒屋チェーン「北の家族」経営者となる)と結婚。長女として有吉玉青をもうけるが神の事業の失敗により1964年に離婚した。1970年代に入ると代表作となる『恍惚の人』や『複合汚染』が大きな反響を呼び、いわゆる「社会派」的イメージが定着した。その流れの中で、第10期中央教育審議会委員に任命されたほか、参院選全国区に出馬した市川房枝の応援や、「四畳半襖の下張」裁判の弁護側証人として東京地裁で証言するなどの社会的活動も行った。
また有吉はしばしば国内外へ取材旅行に出かけ1959年から1960年にかけてロックフェラー財団の奨学金を得てニューヨーク州のサラ・ローレンス大学に9か月間留学、1970年 - 1971年にはハワイ大学で半年間「江戸後期の戯曲文学」を講義している。特に中国との縁が深く(後述)、1961年には亀井勝一郎らと国交回復前の中華人民共和国を訪問し、以後たびたび招待された。1965年には天主教(中国におけるカトリックを指す)調査のため半年滞在し、1978年には『有吉佐和子の中国レポート』執筆のため人民公社に入っている。
この他1968年には友人の文化人類学者畑中幸子が調査中だったニューギニア山中の村を訪れて『女二人のニューギニア』という爆笑エッセイを書いた。しかし、帰国後にマラリアに罹った。
1984年8月30日未明、急性心不全のため東京都杉並区内の自宅で死去した。53歳没。東京都監察医務院で行政解剖され、「病死」と断定され、警察も「自殺などの事件性はないと断定」した。病名も「心機能不全による病死と断定」したことが翌日の新聞で報じられたが、「それでも、無責任な記事が出ます」という。祖父の眠る墓に入ったがただ一人キリスト教徒だったので、墓石の戒名のところに「マリア・マグダレナ」と洗礼名を刻むことになった。
有吉の死後、妙法寺(東京都杉並区堀ノ内)に『有吉佐和子の碑』が建立され、命日の8月30日に『有吉忌』と題する追善法要が執り行われている。

受賞歴

有吉佐和子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.16 作家の読書道 第194回:石井遊佳さん

    新潮新人賞を受賞したデビュー作『百年泥』が芥川賞を受賞、一躍時の人となった石井遊佳さん。幼い頃から本を読むのが好きだった彼女が愛読していた本とは? 10代の頃は小説を書けなかった理由とは? インドのチェンナイで日本語教師となる経緯など、これまでの来し方を含めてたっぷり語ってくださいました。

  • 2017.3.9 【書評】『我らがパラダイス』林真理子 - 横丁カフェ

    主人公は3人のオバサン、邦子と朝子とさつき。3人とも介護が必要な親がいるが、それぞれ家庭に問題を抱えており、満足に親の面倒をみてやれていない。

  • 2016.5.28 日本医療小説大賞 中島京子さん「長いお別れ」受賞

    第5回「日本医療小説大賞」(日本医師会主催)の授賞式がこのほど東京都内のホテルで行われ、受賞作「長いお別れ」(文芸春秋)の著者・中島京子さんに表彰状と副賞が贈られた。

有吉佐和子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dabudabu_pou@MAX_BEN_P チビ太君と鳥さん達は同列‼️何十年も前に、母が有吉佐和子の複合汚染を読んで同じ物を食べ続ける危険を回避するしかないって言ってた……ある程度の年齢になったらもういいけど、これからの若い人が安易に手に… https://t.co/GgG5k4g9m1
oohamanmatu有吉佐和子の華岡青洲の妻とか思い出すな
suika_sirasawa有吉佐和子さんも次を受けた橋本治氏ももう居ない(T_T)#ss954 https://t.co/jzEdT0bq7Y
a_flake_of_snow笑っていいとも 田嶋先生のときも面白かったし、有吉佐和子さん(だったと思う、うろ覚え)がまるまる一時間乗っ取った回も最高でした
Mirumiru1972「おもちゃのヤマモト」でグッときて、「ケンタッキーあったよね」で心鷲掴みにされました。あとなにげに有吉佐和子さんのハードカバー単行本が棚にあってめちゃびっくりしました。
acquablue777松下幸之助より、有吉佐和子よりHYDEが凄いと思う和歌山は https://t.co/zESTQz4vHs
shizen_no天保時代の種籾が見つかり、土に蒔いたところ芽を出したというニュースがあって、稲がどれほど長命かを立証したというのに、化学肥料を使った米は、籾のままでしまっておいても三年たったものは、土に埋めても芽を吹かないという。---「複合汚染」有吉佐和子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有吉佐和子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)