トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 萩谷朴

萩谷朴

萩谷朴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

萩谷 朴(はぎたに ぼく、1917年11月9日 - 2009年1月24日)は、日本の国文学者。大東文化大学名誉教授、二松学舎大学名誉教授。日本文学大賞受賞者。
*1917年(大正6年) 大阪府南区谷町四丁目(現在の大阪市中央区谷町)の医師・萩谷理平治、清江(すみえ)の三男として生まれる。名前の由来は『論語』「剛毅朴訥」に拠る。両親共に済生学舎を経て、母・清江は大阪初の女医で野口英世と同期生。
*1937年(昭和12年) 旧制浪速高等学校卒業。野間光辰の薫陶を受ける。同級生に庭山慶一郎、先輩に玉上琢弥、後輩に佐治敬三が在籍。
*1937年(昭和12年) 東京帝国大学文学部国文学科入学。7月、池田亀鑑助教授(当時)の私邸・桃園文庫で大島本を底本とした現行『校異源氏物語』の校本作成に従事。(昭和17年10月まで)。
*1938年(昭和13年)8月13日、京都帝国大学図書館に寄託されていた近衛家古文書の中から『類聚歌合』を発見(後述)。
*1940年(昭和15年) 東京帝国大学文学部国文学科卒業。卒業論文「平安朝文学の史的考察」(のちに白帝社から刊行)。大学院進学。引き続き、池田助教授の学位請求論文「古典の批判的処置に関する研究」を松村誠一、新井信之、木田園子らと共に協力。
*1940年(昭和15年) 日本文化協会研究生。同会研究生の芳賀幸四郎、角川源義らと親交を結ぶ。
*1942年(昭和17年) 同大学院修了。
*1942年(昭和17年) 二松学舎専門学校教授、塚原鉄雄、益田勝実、竹内実らの才能を見出す。
*1943年(昭和18年)3月、輜重兵として徴集され、インドネシアスマトラ島にて従軍。
*1946年(昭和21年)6月、復員。二松学舎専門学校教授。後に新制大学移行に伴い、二松学舎大学教授。
*1946年(昭和21年)12月、義兄(長姉の夫)の声楽家徳山璉生前の知遇を生かして日本放送協会ラジオ第一、第二放送の「仲良しクラブ」「子どもの話」「お早う番組」「今日の話題」「明日の暦」等の番組に匿名で原稿を執筆(下記著書の※1それぞれに収録)。(昭和33年)まで。
*1947年(昭和22年) 9月~12月、戦前に池田亀鑑が編集顧問を務めた『少女の友』(実業之日本社)に、小説「こども今昔物語」を発表(下記著書の※2に収録)。
*1968年(昭和43年) 女子聖学院短期大学教授。
*1969年(昭和44年) 大東文化大学教授。後に博士課程設置に伴い大学院教授。
*1977年(昭和52年) 校註『枕草子』(新潮日本古典集成)により第9回日本文学大賞受賞。
*1991年(平成3年) 大東文化大学定年退職、名誉教授。退職後23年を経て二松学舎大学も名誉教授号を贈呈。
*2009年(平成21年) 多臓器不全にて死去。91歳。

受賞歴

萩谷朴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

萩谷朴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rokujooin萩谷朴の文章は読んでしまう。歌合大成の序文(池田亀鑑)と自序は一読の価値あり。初版本が国会図書館ログインで読めます。平安朝歌合大成(限定初版)https://t.co/w4A7N1q6F3(送信サービス限定なのでログインが必要です)
kashimabunko萩谷朴の三巻本至上主義は恣意的であり、『枕草子』の他の場面でも校訂者から否定されている。本文も研究書もまともに読んでいないのだから、知らぬだろう。都合の悪いものは公然と嘘を言って「なかったこと」にすれば済む、そういう世界で生きてい… https://t.co/gaiZCHyvfL
Tapkara【メモ】坂本龍一の少年時代のピアノの師は徳山璉未亡人で、国文学者萩谷朴(新潮古典集成『枕草子』注釈、新潮文庫『語源の快楽』など)の姉。徳山璉は恐妻家で妻に頭が上がらなかったというが。 https://t.co/O0yJUlzEBt
araredimonnyou萩谷朴著「枕草子解環」面白いな。新潮日本古典集成は持ってるんだけど、これも手元に置きたい本。だが、全5巻!そしてお値段…
Ken1Ne2萩谷朴「紫式部と道長との交情」道長のクズっぷりが判る。二人とも愛人である小少将と紫式部を前に、関係をバラして冷やかす。正室の倫子に婆ァ呼ばわりされた紫式部は、嫌み返しの歌を作るが渡さず堪える。娘の祝い事に同席した紫式部に倫子がブチ切れて退席し、道長が慌てて追いかける。等々
sakuchan_1962徳山寿子(萩谷朴先生の姉)が目白でピアノ教室を開いていた。そのお弟子さんのブログに没年を問い合わせたところ、折り返し「以前、ニューヨークの坂本龍一様から同じ問い合わせがありました」と。坂本龍一『音楽は自由にする』新潮社に徳山寿子と… https://t.co/1wUMaepzcR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    萩谷朴さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)