トップページ > 公募新人賞一覧 > ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ポプラ社小説新人賞(ポプラしゃしょうせつしんじんしょう)は、ポプラ社が主催する公募の新人文学賞。
ポプラ社小説大賞(2006年 - 2010年)およびピュアフル小説賞の後継の賞として2011年に創設された。ジャンルを問わず、未発表の長編エンターテインメント小説を募集する。400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚、手書き原稿は不可。 選考は編集部が行う。受賞者には正賞の記念品と副賞200万円が贈られ、入賞作品はポプラ社より刊行される。

第2回2012年(応募総数:690)

参考情報:選考結果 / 講評 / 選考経過

ポプラ社小説新人賞

特別賞

第1回2011年(応募総数:780)

参考情報:選考結果 / 講評 / 選考経過

ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.1.26 作家の読書道 第202回:寺地はるなさん - 作家の読書道

    婚約を破棄されどん底にいた女性が、ひょんなことから雑貨屋で働くことになって……あたかい再生の物語『ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞、以来、現代人の心の沁みる小説を発表し続けている寺地はるなさん。幼い頃は親に隠れて本を読んでいたのだとか。読書家だけど小説家を目指していたわけではなかった寺地さんが小説を書き始めたきっかけは? 読むことによって得た違和感や感動が血肉となってきたと分かる読書道です。

  • 2017.7.19 【今週はこれを読め! エンタメ編】世界が変わることを望んだ少年少女たちの物語〜虻川枕『パドルの子』

    「パドル」とは何だろう。私がかろうじて知っていたのは、カヌーを漕ぐときの道具だったが、表紙を見る限り、この少年少女たちはカヌーイストに見えない(カヌー小説だったら、さすがにイラストでもアピールするだろう)。そう思いながらページを開けてみると、paddleという英単語の意味が掲載されていた。第1の意味は「水たまり」。

  • 2013.2.13 小説の自由さ感じて 秋山さん作家デビュー

    大阪大大学院工学研究科に在籍する秋山浩司さんが、第1回ポプラ社小説新人賞奨励賞を受賞し「さがしものが見つかりません!」で作家デビューした。「小説の自由さを感じて」と訴える。

ポプラ社小説新人賞関連つぶやき

MitsuishiSei今はポプラ社の小説新人賞に応募するためのファンタジー小説をちまちまと書いています。ずっと一人で書いてきたため、既作をWEBで読んでいただけているんだなというPVの増加だけでも嬉しいですね
hibiru_hibiru●本日やったこと転出届買い物家具買取見積もり依頼ノートPC購入シナリオ養成講座申し込み大賞決め(ポプラ社新人賞6月30日まで)掃除はサボってしまった●明日やること本を1冊読むノートPC、シナリオ講座入金実家に運ぶ荷物まとめ小説案だし
aizawa_ue編集者が考える「原稿のレベルを上げるためにできること」【ポプラ社小説新人賞への道】|ポプラ社一般書通信 @poplar_bungei #note https://t.co/0sEvoc6NbQ
naconodays実は重要な視点であり要素だね_φ(・_・忘れがちかもしれないけど…新人賞と応募原稿のマッチングミスをなくすためにできること【ポプラ社小説新人賞への道】|ポプラ社一般書通信 @poplar_bungei #note https://t.co/RfZg7tyZ6q
mimimimikaz5月の富士見はもう無理として、新生オールの魅力はなんといっても短編なところ。これなら他と同時進行出来る。ずっと書きたいハイファンタジーを日本ファンタジーノベル大賞かポプラ社小説新人賞に送るかだけど、日本ファンタジーノベル大賞はWeb受付がないw
girijinポプラ社小説大賞も、後継のポプラ社小説新人賞も、水嶋ヒロ以外の受賞作品がまったく話題になってないので、もし水嶋ヒロの受賞が八百長だとしたらこれほど有効な広告は無かったこことになる。
eirohaしかし、その後は坊ちゃん文学賞に落ち、ポプラ社の新人賞も2次選考で落ち、星海社の文学賞にいたっては「マジでこいつの小説はダメだな」とコテンパンにネット上で叩かれてどん底に(応募した小説の評価をWEB上で公開する賞だったから仕方ない)。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)