トップページ > 公募新人賞一覧 > ポプラ社小説新人賞 > 2012年−第2回 ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞

2012年−第2回 ポプラ社小説新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ポプラ社小説新人賞(ポプラしゃしょうせつしんじんしょう)は、ポプラ社が主催する公募の新人文学賞。
ポプラ社小説大賞(2006年 - 2010年)およびピュアフル小説賞の後継の賞として2011年に創設された。ジャンルを問わず、未発表の長編エンターテインメント小説を募集する。400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚、手書き原稿は不可。 選考は編集部が行う。受賞者には正賞の記念品と副賞200万円が贈られ、入賞作品はポプラ社より刊行される。

第2回—2012年(応募総数:690)

参考情報:選考結果 / 講評 / 選考経過

ポプラ社小説新人賞

特別賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

ポプラ社小説新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.1.26 作家の読書道 第202回:寺地はるなさん - 作家の読書道

    婚約を破棄されどん底にいた女性が、ひょんなことから雑貨屋で働くことになって……あたかい再生の物語『ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞、以来、現代人の心の沁みる小説を発表し続けている寺地はるなさん。幼い頃は親に隠れて本を読んでいたのだとか。読書家だけど小説家を目指していたわけではなかった寺地さんが小説を書き始めたきっかけは? 読むことによって得た違和感や感動が血肉となってきたと分かる読書道です。

  • 2017.7.19 【今週はこれを読め! エンタメ編】世界が変わることを望んだ少年少女たちの物語〜虻川枕『パドルの子』

    「パドル」とは何だろう。私がかろうじて知っていたのは、カヌーを漕ぐときの道具だったが、表紙を見る限り、この少年少女たちはカヌーイストに見えない(カヌー小説だったら、さすがにイラストでもアピールするだろう)。そう思いながらページを開けてみると、paddleという英単語の意味が掲載されていた。第1の意味は「水たまり」。

  • 2013.2.13 小説の自由さ感じて 秋山さん作家デビュー

    大阪大大学院工学研究科に在籍する秋山浩司さんが、第1回ポプラ社小説新人賞奨励賞を受賞し「さがしものが見つかりません!」で作家デビューした。「小説の自由さを感じて」と訴える。

ポプラ社小説新人賞関連つぶやき

yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/K0MfwaGdVt
to_365dayポプラ社小説新人賞を狙うぞ。
ninfea85iri昔書いた小説で、小学館文庫小説賞に応募して447作品中5作品に残ったものと、ポプラ社小説新人賞に応募して764作品中20作品に残ったものと、講談社birthに応募して約90作品中4作品に残ったものがあるけどnoteかKindleで有料販売したら売れるかな……
poplar_bungeiちなみに、ポプラ社小説新人賞は編集部と営業にて審査を行います。よく聞かれるのですが、ほんとにすべての原稿に編集部が目を通しています。選考がはじまると、受け持ちの原稿の山ができますが、その中で素敵な作品に出会えると、すごく嬉しいものです。今年もたくさんのご応募お待ちしてます!
ippukan_sakura@mooncosmos 最初はポプラ社にしようかなと思っていたのですが、講談社の小説現代新人賞に応募しようか決めかねてます。とりあえず、頑張ってみます。
Sumiya_Yoshinoちょい早めに完成推敲とリライトは死ぬほどしたよ次はリベンジのオール讀物(前回一次すら通過ならず)と本命のポプラ社小説新人賞‼(前回一次通過)期限はまだまだ先なので頑張ります‼(6月20日と末) https://t.co/QFfVQ0svPx
kobe_haruma初期の頃は文藝賞とか純文系に送ってたんですが、中高生が主人公のエンタメにシフトチェンジしてからは講談社児童文学新人賞とかポプラ社小説新人賞などに送ってました。あとは評価シート目当てに主だったラノベレーベルにもひととおり送ったり。… https://t.co/w1Yv6Xe2Qc
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)