トップページ > 公募新人賞一覧 > 伊豆文学賞

伊豆文学賞

伊豆文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

伊豆文学賞(いずぶんがくしょう)は、日本の文学賞。

第15回2012年(応募総数:171)

最優秀賞

優秀賞

佳作

佳作

第14回2011年(応募総数:172)

優秀賞

佳作

佳作

第13回2010年(応募総数:177)

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

佳作

佳作

第12回2009年(応募総数:218)

最優秀賞

優秀賞

佳作

第11回2008年(応募総数:173)

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

佳作

第10回2007年(応募総数:183)

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

佳作

第9回2006年(応募総数:187)

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

第8回2005年(応募総数:209)

最優秀賞

優秀賞

優秀賞

佳作

佳作

伊豆文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.1.17 伊豆文学賞 浜松の鈴木さん最優秀

    「第18回伊豆文学賞」(伊豆文学フェスティバル実行委員会など主催、文化庁、読売新聞東京本社後援)の入賞作品が16日、発表された。

  • 2014.1.20 伊豆文学賞 小長谷、長谷川さんに最優秀賞 静岡

    第17回伊豆文学賞(県、県教育委員会、伊豆文学フェスティバル実行委員会主催)の入賞作品が発表され、小説・随筆・紀行文部門で静岡市葵区の小長谷建夫さん(66)の小説「前を歩く人=担庵公との一日=」、メッセージ部門では三島市の同市立北中1年、長谷川穂さん(13)の「三島夏まつり」がそれぞれ最優秀賞に選ばれた。

  • 2013.8.27 審査員に村松友●氏 伊豆文学賞、作品全国から募集

    伊豆文学フェスティバル実行委員会は、静岡県を題材にした「第17回伊豆文学賞」(県・県教委・実行委主催、文化庁・読売新聞東京本社後援、スルガ銀行協賛)の作品を全国から募集している。

伊豆文学賞関連つぶやき

showa_g45年前の今日、川端康成が亡くなりました。昭和の小説家。1968年、日本人初のノーベル文学賞を受賞。代表作は、『伊豆の踊子』… ⇒川端康成の写真、名言を紹介。昭和ガイド https://t.co/NMcV5kAhev #今日は何の日
chikyukun4月16日は【川端康成忌】今日は小説家の川端康成の忌日。東京帝国大学国文学科在学中に「新思潮」を発刊。『伊豆の踊子』、『雪国』などを刊行し、新感覚派の作家と呼ばれノーベル文学賞を受賞。最期は逗子の自宅で自殺。享年73歳であった。… https://t.co/W1047RjTYq
kamo1868【今日の墓碑銘】1972年4月16日。川端康成が死去。近現代日本文学を代表する小説家。代表作は『伊豆の踊子』『雪国』など。日本人として初めてノーベル文学賞を受賞する。 古美術品のコレクターとしても知られた。愛犬家(72歳・ガス自… https://t.co/2QCHbChKtd
strange_walker図書館に行ったついでに、久留米市美術館(旧石橋美術館:ブリジストンの創業者一族が市に寄贈)を覗いてみたら「川端康成」展をやっていた(;´Д`) 「伊豆の踊子」や「雪国」で知られるノーベル文学賞を受賞した作家で、芥川賞の選考を巡って… https://t.co/IL3txh2Afw
bungak_no_mori4月16日は、川端康成(1899〜1972)の忌日、康成忌。大阪市生まれ。幼くして両親を亡くす。大学時代に「新思潮」での作品を菊池寛に認められ、横光利一らと同人誌『文芸時代』を創刊。1968年にノーベル文学賞を受賞。主な作品に『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『古都』など
Rashimban2【近代文学9】~新感覚派~①横光利一『機械』②川端康成『伊豆の踊子』『雪国』※「文芸時代」を創刊した横光利一・川端康成らは、斬新で大胆な表現法で感覚的な美をねらった文芸運動をおし進めた。1968年、川端康成は『雪国』で日本人として初のノーベル文学賞を受賞。
l1_zume【世界に影響を与えた日本の偉人】★☆★☆★☆★☆★川端康成★☆★☆★☆★☆★『伊豆の踊子』で有名。日本人初めてのノーベル文学賞を受賞。満72歳で謎の自殺・・・…>_<…https://t.co/l1rjBC72yj
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)