トップページ > 公募新人賞一覧 > 農民文学賞 > 2012年−第55回 農民文学賞

農民文学賞

2012年−第55回 農民文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第55回—2012年

参考情報:結果発表 / 候補作品

農民文学賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

農民文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

農民文学賞関連つぶやき

fine_cross_001(1/6)スタインベック「怒りの葡萄」(1939年刊)読了。本作でピューリッツァー賞、「エデンの東」等と合わせてノーベル文学賞受賞。大恐慌時代の1930年代のアメリカ農民による、何十万人もの渡り労働者一家の惨状を描いている。冒頭から塵と埃という単語で占められ、土地が荒れている
megumi0246朝から、飼っていた赤い金魚を何ものかに食われたりして、ショックを受けながら、小説公募を検索したりしています。来年の3月まで、風景描写し続けるなら、文藝賞かな、と思ったのだけど、100枚を超えられる自信はない。やっぱ、11月30日〆切の、農民文学賞
garancear #読書 吸血鬼 佐藤亜紀/Twitter文学賞国内一位という理由だけで読み始めると19世紀ポーランドの話で驚く。こういう作家がいるんですね。農民の意味が取れないほどのきつい方言が捻った翻訳のようで面白い。女性作家にしては妻が類型的では。
wildlinx_ノーベル文学賞作家、福島県訪問し「日本に抵抗の文化ないと目の当たりにした」 - SANSPO.COMhttps://t.co/9EThvkACdK歴史を振り返れば農民一揆とかいろいろある訳だけど、こんなの『文化』として定着しなくていいわwww
AkitaLMおはようございます。あきた文学資料館です。----昭和28年6月13日、伊藤永之介の『五郎ぎつね』が、第2回小学館児童出版文化賞を受賞しました。永之介は、昭和29年の日本農民文学会設立にもかかわります。
iikou_d三島利徳君が評論の部で受賞した第59回農民文学賞は「季刊 農民文学 春の号 第312号」(日本農民文学会発行)で発表されました。... https://t.co/tyZCvBodyb
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)