トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇江佐真理

宇江佐真理

宇江佐真理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇江佐 真理(うえざ まり、1949年10月20日 - 2015年11月7日)は日本の時代小説作家。本名、伊藤 香(いとう かおる)。代表作にシリーズ化・テレビドラマ化された『髪結い伊三次捕物余話』など。
北海道函館市生まれ。北海道函館中部高等学校在学中より創作を始める。函館大谷女子短期大学(現・函館大谷短期大学)卒業。OL生活を経て、主婦となる。
1995年、「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。同賞の選考委員の一人から、伊三次(「幻の声」の主人公)を主人公に据えた連作が可能である、との意見をもらい連作化された。同作品を含んだ連作短編集『幻の声 髪結い伊三次捕物余話』は直木賞候補にもなり注目される。なおペンネーム「宇江佐真理」は「ウエザ・リポート」というタイトルでエッセイを書くために決めたため、その名に拘りはなく、本名を隠蔽することさえできればよかった。
1999年、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズが『髪結い伊三次』としてテレビドラマ化される。
2014年1月刊の文春文庫版『心に吹く風』のあとがきで、乳癌であり全身に転移していることを告白した。これが反響を呼び、翌年1月、『文藝春秋』誌上に闘病記「私の乳癌リポート」を発表(文春文庫版『見上げた空の色』収録)した。11月7日、乳癌のため函館市の病院で死去。66歳没。
遺作となった朝日新聞夕刊の連載小説『うめ婆行状記』(2016年1月12日開始)は、故人の遺志により2016年3月15日掲載分をもって「未完」として終了した。

受賞歴

オール讀物新人賞

第75回1995年

オール讀物新人賞

宇江佐真理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.11.7 宇江佐真理さん死去=「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ―66歳

    時代小説の名手として知られ、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズなどの代表作がある作家の宇江佐真理(うえざ・まり、本名伊藤香=いとう・かおる)さんが7日午前9時17分、乳がんのため北海道函館市の病院で亡くなった。

  • 2013.3.17 登別で北海道で小説を書く意味と題し宇江佐さんが講演

    オール讀物新人賞や吉川英治文学新人賞を受賞した函館在住の人気作家・宇江佐真理さんが16日、登別市片倉町の市総合福祉センターしんた21で「北海道で小説を書く意味」と題して講演し、「書き続ける人が本当の小説家」と話した。

宇江佐真理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eigayokoku00角川文庫『雷桜』(宇江佐真理)映画『雷桜』予告編1  動画はこちら⇒ https://t.co/6t2jaBWpBT https://t.co/jlJOxf09UB
hyuganatsu_ibs@junko19570424 とっても面白かったのでぜひぜひ✨時代物では宇江佐真理さんの、雷桜や泣きの銀次あたりもオススメです
utsuro2ne今のところ、宇江佐真理先生が一番好きなんだよな
sid_ihr『卵のふわふわ』宇江佐真理著 髪結い伊三次を読んだ時と全く同じ感想で、人物描写がエグい。読みやすくてさらっとした語り口調なんだけどそれぞれの個性の表し方がまず「いいところからではなく悪いところから描写される」というのが凄い。誰しも読むとっかかりで嫌な奴なんて接したくないわけで
editmam大好きな時代小説家 宇江佐真理さんが逝去されていた(2015)ことを知り、今更ショック。家庭を大事にされ、台所の隅でいつも執筆されていたそうだ。女としての悲しみ、市井の人の感情を拾う時代物の名手。もっともっと読みたかった・・・。ご冥福をお祈りします。#宇江佐真理
rittancca@simashima9 歴史小説だと宇江佐真理さん、おすすめです。
ccccc_yyy_zzzz_精進落としはお酒飲むな。故人様がお好きだったからって事でAfternoon Teaのチャイにしてくれ。棺桶には私の本棚から宇江佐真理と池波正太郎と藤沢周平、はたらく細胞とヤブ医者薮ギンジと来世は他人がいい を入れてくれな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇江佐真理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)