トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇江佐真理

宇江佐真理

宇江佐真理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇江佐 真理(うえざ まり、1949年10月20日 - 2015年11月7日)は日本の時代小説作家。本名、伊藤 香(いとう かおる)。代表作にシリーズ化・テレビドラマ化された『髪結い伊三次捕物余話』など。
北海道函館市生まれ。北海道函館中部高等学校在学中より創作を始める。函館大谷女子短期大学(現・函館大谷短期大学)卒業。OL生活を経て、主婦となる。
1995年、「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。同賞の選考委員の一人から、伊三次(「幻の声」の主人公)を主人公に据えた連作が可能である、との意見をもらい連作化された。同作品を含んだ連作短編集『幻の声 髪結い伊三次捕物余話』は直木賞候補にもなり注目される。なおペンネーム「宇江佐真理」は「ウエザ・リポート」というタイトルでエッセイを書くために決めたため、その名に拘りはなく、本名を隠蔽することさえできればよかった。
1999年、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズが『髪結い伊三次』としてテレビドラマ化される。
2014年1月刊の文春文庫版『心に吹く風』のあとがきで、乳癌であり全身に転移していることを告白した。これが反響を呼び、翌年1月、『文藝春秋』誌上に闘病記「私の乳癌リポート」を発表(文春文庫版『見上げた空の色』収録)した。11月7日、乳癌のため函館市の病院で死去。66歳没。
遺作となった朝日新聞夕刊の連載小説『うめ婆行状記』(2016年1月12日開始)は、故人の遺志により2016年3月15日掲載分をもって「未完」として終了した。

宇江佐真理新刊

  • 発売日
    2018年10月6日
  • 書名
    竈河岸 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

受賞歴

オール讀物新人賞

第75回1995年

オール讀物新人賞

宇江佐真理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.11.7 宇江佐真理さん死去=「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ―66歳

    時代小説の名手として知られ、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズなどの代表作がある作家の宇江佐真理(うえざ・まり、本名伊藤香=いとう・かおる)さんが7日午前9時17分、乳がんのため北海道函館市の病院で亡くなった。

  • 2013.3.17 登別で北海道で小説を書く意味と題し宇江佐さんが講演

    オール讀物新人賞や吉川英治文学新人賞を受賞した函館在住の人気作家・宇江佐真理さんが16日、登別市片倉町の市総合福祉センターしんた21で「北海道で小説を書く意味」と題して講演し、「書き続ける人が本当の小説家」と話した。

宇江佐真理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ponsuke_san今日話題の劇団天華ですが、時代小説の「髪結い伊三次」も舞台化してるみたい。この流れでいくと許可を取っていない気がする。作者の宇江佐真理さんはお亡くなりになったけど、文藝春秋や文春文庫あたりに許可もらわないとダメなんじゃ…
laulauwalea【高砂 なくて七癖あって四十八癖/宇江佐真理】を読んだ本に追加 → https://t.co/Ki243S1T5y #bookmeter
eigayokoku00角川文庫『雷桜』(宇江佐真理)映画『雷桜』予告編2  動画はこちら⇒ https://t.co/EXrsmw50Ua https://t.co/Bf11GQxrrO
s_takky江戸モノド安定の宇江佐真理。この作品は凄いぞ。流れるような物語でそのすべてに無駄が無い。世代交代した続編もあってそっちもおもしろい。あれだ、ファイアーエムブレム聖戦の系譜っぽいなぁとちょっと思ってしまったよ。 https://t.co/hC3SEpzoKS
hiroshiSGT@hukutea んー推理小説はあんまし得意なジャンルじゃないんですよねー。主に時代劇!池波正太郎、藤沢周平、宇江佐真理でーす。福先輩のおススメ作家教えてください✨
kikko_no_blog宇江佐真理さんの時代小説を読んだことがない人、これから初めて読んでみようと思った人は、あたしのオススメは『深川にゃんにゃん横丁』(新潮文庫)です。いろいろな場面に猫が登場するけど、猫たちはあくまでも脇役で、長屋に住む庶民たちが主役の心温まる人情ものです♪
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇江佐真理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)