トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇江佐真理

宇江佐真理

宇江佐真理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇江佐 真理(うえざ まり、1949年10月20日 - 2015年11月7日)は日本の時代小説作家。本名、伊藤 香(いとう かおる)。代表作にシリーズ化・テレビドラマ化された『髪結い伊三次捕物余話』など。
北海道函館市生まれ。北海道函館中部高等学校在学中より創作を始める。函館大谷女子短期大学(現・函館大谷短期大学)卒業。OL生活を経て、主婦となる。
1995年、「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。同賞の選考委員の一人から、伊三次(「幻の声」の主人公)を主人公に据えた連作が可能である、との意見をもらい連作化された。同作品を含んだ連作短編集『幻の声 髪結い伊三次捕物余話』は直木賞候補にもなり注目される。なおペンネーム「宇江佐真理」は「ウエザ・リポート」というタイトルでエッセイを書くために決めたため、その名に拘りはなく、本名を隠蔽することさえできればよかった。
1999年、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズが『髪結い伊三次』としてテレビドラマ化される。
2014年1月刊の文春文庫版『心に吹く風』のあとがきで、乳癌であり全身に転移していることを告白した。これが反響を呼び、翌年1月、『文藝春秋』誌上に闘病記「私の乳癌リポート」を発表(文春文庫版『見上げた空の色』収録)した。11月7日、乳癌のため函館市の病院で死去。66歳没。
遺作となった朝日新聞夕刊の連載小説『うめ婆行状記』(2016年1月12日開始)は、故人の遺志により2016年3月15日掲載分をもって「未完」として終了した。

宇江佐真理新刊

  • 発売日
    2019年6月1日
  • 書名
    深川恋物語〈上〉 (大活字本シリーズ)
  • 発売日
    2019年6月1日
  • 書名
    深川恋物語〈下〉 (大活字本シリーズ)

受賞歴

オール讀物新人賞

第75回1995年

オール讀物新人賞

宇江佐真理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.11.7 宇江佐真理さん死去=「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ―66歳

    時代小説の名手として知られ、「髪結い伊三次捕物余話」シリーズなどの代表作がある作家の宇江佐真理(うえざ・まり、本名伊藤香=いとう・かおる)さんが7日午前9時17分、乳がんのため北海道函館市の病院で亡くなった。

  • 2013.3.17 登別で北海道で小説を書く意味と題し宇江佐さんが講演

    オール讀物新人賞や吉川英治文学新人賞を受賞した函館在住の人気作家・宇江佐真理さんが16日、登別市片倉町の市総合福祉センターしんた21で「北海道で小説を書く意味」と題して講演し、「書き続ける人が本当の小説家」と話した。

宇江佐真理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

a_ranking_news(7/15) Yahooブックス 歴史、時代小説ランキング11位:髪結い伊三次捕物余話 幻の声 文春文庫/宇江佐真理(著者)https://t.co/wsOnHkXuC7
pcpcpcpcc山田太一、向田邦子、宇江佐真理(敬称略)の影響で、ファンタジー設定の起承転結に驚くべきテーマや道具がなかった人は私です。更に更に戦士になろうよウォーウォーウォー。
hisway306NHKでやっていた「永遠のニシパ」が面白かった。宇江佐真理さんが書いていたのはこの人のことじゃなかったっけ?と思って調べたら、最上徳内という少し時代が古い人だった。
hmura_bot[昭和78年7月13日メモ]【昭和78年直木賞上半期受賞作品】石田衣良『4TEEN』/村山由佳『星々の舟』他候補作品:伊坂幸太郎『重力ピエロ』/真保裕一『繋がれた明日』/宇江佐真理『神田堀八つ下がり』/東野圭吾『手紙』
honzuki_jp北町同心龍之進は、かつての敵、次郎衛を新たな岡っ引きとして雇い入れる。妹の茜は蝦夷松前藩の家老かつ高名な画家である蠣崎波音に伊与太を紹介し、波音は伊与太の… 『竈河岸 髪結い伊三次捕物余話/宇江佐真理/文藝春秋』 https://t.co/9GSJHaG36N #本が好き
rodolfo99_99北町同心龍之進は、かつての敵、次郎衛を新たな岡っ引きとして雇い入れる。妹の茜は蝦夷松前藩の家老かつ高名な画家である蠣崎波音に伊与太を紹介し、波音は伊与太の… 『竈河岸 髪結い伊三次捕物余話/宇江佐真理/文藝春秋』 https://t.co/UGPDWUpYMi #本が好き
shimarisdokusho幻の声 宇江佐真理伊三次シリーズ1弾。髪結いと同心の2つの顔を持つ伊三次が江戸を舞台に人情・ときにやるせなさを感じながら必死に今日を生きる。捕物だけでなく、お文との恋・貧乏生活の苦労など市民の生活も書かれているのでこれを読めば江… https://t.co/ALZCV1ujV5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇江佐真理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)