トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下昌輝

木下昌輝

木下昌輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 昌輝(きのしたまさき、1974年 – )は、日本の小説家。奈良県出身。近畿大学工学部建築学科卒業。
ハウスメーカー勤務を経てフリーライターとなる。大阪文学学校で小説を学び、2012年『宇喜多の捨て嫁』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。
2012年『宇喜多の捨て嫁』で第92回オール讀物新人賞受賞。
2015年『宇喜多の捨て嫁』で第152回直木賞候補。第4回歴史時代作家クラブ賞受賞。舟橋聖一文学賞受賞。高校生直木賞受賞。
2015年『人魚ノ肉』で第6回山田風太郎賞候補。
2015年 咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。
2016年『天下一の軽口男』で第38回吉川英治文学新人賞候補。
2017年『敵の名は、宮本武蔵』で第30回山本周五郎賞候補、第157回直木賞候補、第7回山田風太郎賞候補。
2018年『宇喜多の楽土』で第159回直木賞候補。

木下昌輝新刊

  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    決戦!桶狭間 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年2月14日
  • 書名
    炯眼に候
  • 発売日
    2018年12月6日
  • 書名
    天下一の軽口男 (幻冬舎時代小説文庫)

受賞歴

木下昌輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下昌輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yutaka_mori小説新潮4月号、木下昌輝先生『戀童夢幻 業の章 中編』の挿絵を描かせて頂きました!後編へ雪崩れ込む前のワクワク感。男の妬心、嫉みがどうなるのか。続きが気になります!扉絵上に桜がありますが枝が手の形にしているんです。どういう暗喩… https://t.co/Yk3xIt8Jwo
ksuke813木下昌輝さんの「炯眼に候」読了。桶狭間や長篠設楽原などさまざまな戦いの際の織田信長を炯眼ぶりを描いた作品。ツイッターで簡単には言い表せないがとにかくあっという間に読み終えた。 https://t.co/b3KqMAToOa
genkyo_kyogen@Kamiya_Masanari こちらも、激しい茶番……もといバトルをお見せ出来なかったのは残念です。個人的には、谷津矢車がかねがね倒すと公言している木下昌輝(敬称略)に、なんだかんだデレていたのがレアであったと思いますです。
horizon0502絵金、闇を塗る/木下昌輝一気読みでしたかなり昔に「ギャラリーフェイク」というコミックで「絵金まつり」を知り、赤岡まで行った事…懐かしく思い出しましたそういえば来月県立美術館で「河鍋暁斎展」があります
sundaymagician【宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)/木下 昌輝】悪逆非道なイメージの強い宇喜多直家にまつわる連作短編。1話目、娘視点で描かれる直家のイメージが、以降別人物視点で語られるストーリーによって、まったく違… → https://t.co/5Xy2IPBH8H #bookmeter
yatsuyaguruma対木下昌輝用兵器としての「曽呂利」という話をしたら、文春のKさんと実業之日本社の皆さんがすごくいたたまれない顔をしていたのが今日のハイライトか。
JIPPI23『人魚ノ肉』『宇喜多の捨て嫁』木下昌輝最近読んだ本。人間の業の深さや残酷さ、暗部、醜さをこれでもかと突きつける。たまらんですね。歴史小説とはファンタジー。そして、ホラー。 https://t.co/qVTRvcr51g
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下昌輝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)