トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下昌輝

木下昌輝

木下昌輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 昌輝(きのしたまさき、1974年9月1日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生まれ、奈良県出身。近畿大学工学部建築学科卒業。
ハウスメーカー勤務を経てフリーライターとなる。大阪文学学校で小説を学び、2012年『宇喜多の捨て嫁』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。
2012年『宇喜多の捨て嫁』で第92回オール讀物新人賞受賞。
2015年『宇喜多の捨て嫁』で第152回直木賞候補。第4回歴史時代作家クラブ賞(新人賞)受賞。舟橋聖一文学賞受賞。高校生直木賞受賞。
2015年『人魚ノ肉』で第6回山田風太郎賞候補。
2015年 咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。
2016年『天下一の軽口男』で第38回吉川英治文学新人賞候補。
2017年『敵の名は、宮本武蔵』で第30回山本周五郎賞候補、第157回直木賞候補、第7回山田風太郎賞候補。
2018年『宇喜多の楽土』で第159回直木賞候補。
2019年『天下一の軽口男』で第7回[https://osakabookoneprojec2.wixsite.com/obop/blank-1 大阪ほんま本大賞]受賞。
2019年『絵金、闇を塗る』で第7回野村胡堂文学賞受賞。
2020年『まむし三代記』で第9回日本歴史時代作家協会賞受賞。中山義秀文学賞受賞。

受賞歴

木下昌輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下昌輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rukohsou木下昌輝『人魚ノ肉』(文藝春秋)読了。血生臭いけど面白かった。土佐にも人魚の伝説あるのですね。知らなかった。
kiichiros【ゲスト木下昌輝】どんな資料に目を通すか【鈴木輝一郎小説講座】 https://t.co/z7NV8lD0Zv @YouTubeより
yuki915523『足利の血脈』。作者は、秋山香乃、荒山徹、川越宗一、木下昌輝、鈴木英治、早見俊、谷津矢車。読んだ事があるのは、二人だけでした。最初、誰?と思いながら読んでいましたが、読み進めていくと、戦国時代の知っている名前が(^^)
bookwalklife戦国時代の三大梟雄の一人と言われる父直家の後を継いでのちに豊臣政権の五大老にまで出世したが関ケ原以降のほうが彼の性に合っていたのかもしれないと思えた秀家の姿を描いた「宇喜多の楽土」(木下昌輝)#歴史小説 #時代小説https://t.co/BrFzClTDHQ
renge777japan木下昌輝「炯眼に候」天下人、織田信長の戦における幾つかの不思議。今川の大軍や武田騎馬隊からの大勝利、毛利水軍に対する大きさが見る人によって変わる船、信長の首の行方を信長ではなくその場にいた人物の視点から紐解く。苛烈にして冷静。信長凄いわ。#詠美の読書録
resuto_tamacity木下昌輝著「宇喜多の楽土」を読む。秀家と並ぶ豪姫の像が八丈島にある。島に残る気持ちは、豪の気持ちもか。常に【難き道を行く】【それが正しい道なのか】反問しながら生きていたのかと思う。秀家の優しさが伝わる本。 https://t.co/2ZPQl53Uez
dokatu3木下昌輝先生の「誰でも書ける掌編小説」⇒ https://t.co/lfcy39l6m1 #アメブロ @ameba_officialより
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    木下昌輝さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)