トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下昌輝

木下昌輝

木下昌輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 昌輝(きのしたまさき、1974年9月1日)は、日本の小説家。奈良県出身。近畿大学工学部建築学科卒業。
ハウスメーカー勤務を経てフリーライターとなる。大阪文学学校で小説を学び、2012年『宇喜多の捨て嫁』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。
2012年『宇喜多の捨て嫁』で第92回オール讀物新人賞受賞。
2015年『宇喜多の捨て嫁』で第152回直木賞候補。第4回歴史時代作家クラブ賞受賞。舟橋聖一文学賞受賞。高校生直木賞受賞。
2015年『人魚ノ肉』で第6回山田風太郎賞候補。
2015年 咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。
2016年『天下一の軽口男』で第38回吉川英治文学新人賞候補。
2017年『敵の名は、宮本武蔵』で第30回山本周五郎賞候補、第157回直木賞候補、第7回山田風太郎賞候補。
2018年『宇喜多の楽土』で第159回直木賞候補。
2019年『天下一の軽口男』で第7回[https://osakabookoneprojec2.wixsite.com/obop/blank-1 大阪ほんま本大賞]受賞。
*2019年『絵金、闇を塗る』で第7回野村胡堂文学賞受賞。

木下昌輝新刊

  • 発売日
    2019年11月27日
  • 書名
    信長、天を堕とす
  • 発売日
    2019年8月21日
  • 書名
    戦国十二刻 始まりのとき
  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    戦国十二刻 終わりのとき (光文社時代小説文庫)

受賞歴

木下昌輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下昌輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hanne716019109先日行われた木下昌輝先生のサイン会、ぎりぎりまで土曜日だと思い込んでたため、行けなかったからもうサイン本ないと思ってたけど、ありました。ゆっくり読ませて頂きます。『人魚ノ肉』ももう一度読み直したい。 https://t.co/LQVsdiB9v6
amano_yutakaブログ更新「木下昌輝さんのサイン会に行ってきた話」https://t.co/bNf6heyK7A#はてなブログ
toyonaka_ogaki幻冬舎様のご厚意により、本年度<大阪ほんま本大賞>受賞作品「天下一の軽口男」(木下昌輝著)のサイン本が入荷致しました。数に限りがございますので、お早めにお求め下さいませ。#本の日111 https://t.co/fgsgMnpnOp
sumikiamano2えー、11月25日ごろ、小説幻冬で木下昌輝さんとやってた信長プロジェクトっつー連載企画が単行本になりますよ。木下さんの『信長、天を堕とす』で信長本人、わたくし天野の『信長、天が誅する』で信長周辺の人物を書いておりますです。
jushosaku野村胡堂文学賞に木下昌輝「絵金、闇を塗る」 https://t.co/WcviKnlgZh #jusho #newsJP
musketeers10【定期宣伝】講演会開催決定家から滅多にでない喋らない希少生物木下昌輝が講演会開催。次回外出は50年後とも100年後ともいわれる木下昌輝を見るチャンス。大坂落語を創った男、米沢彦八の人生12/8 14時〜NHKカルチャー… https://t.co/yHI9glHFmW
lily_empire戦国十二刻終わりのとき、了。短編で読みやすいのに、一話読み終えるごとに長編を読んだかの様な余韻に襲われなかなか次の話に移れなかった。木下昌輝は人物と史実の肉付けが巧すぎる!最初の秀頼の話を大河で一年かけて観たい。始まりのとき… https://t.co/CaGJoPbR6f
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下昌輝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)