トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村木嵐

村木嵐

村木嵐さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村木 嵐(むらき らん、1967年 - )は、日本の小説家。女性。
京都府京都市生まれ。京都大学法学部卒業。大学卒業後、会社勤務を経て1995年より司馬遼太郎家の家事手伝いとなる。後に司馬遼太郎記念財団理事長で司馬夫人である福田みどりの個人秘書を務める。筆名は多趣味からついたあだ名「むら気乱子さん」が由来。
2010年、『マルガリータ』で第17回松本清張賞受賞。

村木嵐新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    戦国 番狂わせ七番勝負 (文春文庫)

受賞歴

村木嵐関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村木嵐関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

suika_sirasawaそういえば村木嵐先生は南野先生のお姉さんなのか妹さんなのかどっちやったっけ? #ss954
2525sake村木嵐先生『宰相の掌』。島津義弘が寡兵で大軍に挑む。妻の宰相を愛する男。「釣り野伏せ」を編み出した切欠。壮絶な三百対三千の戦。男の未来を暗示する勝利と信長との違い。義弘にとっての戒め。なんだか少しほっこりしてしまう。
sspmi@YURICOK 遠藤周作、村木嵐、カズオ・イシグロ、司馬遼太郎、松本清張、大江健三郎、宮部みゆき、夏目漱石、葉室麟とか。あ、東野圭吾、桐野夏生も!
life_effe_bot22010年に小説『マルガリータ』で松本清張賞を受賞しました 【村木嵐】 A:むらきらん
ken24nishi続)天下をとった豊臣秀吉の「バテレン追放令」という逆風の吹く故国に帰国した、天正遣欧少年使節のその後を描いた村木嵐の小説『マルガリータ』を読んでいたので、彼らのイタリア滞在八年はどのようであったのか、大変興味深いものがあった。 https://t.co/yx6GcR9eR8
TakayasuEndo村木嵐さんの「マルガリータ」読了。なるほど。遅ればせながら、ミゲル棄教の信ぴょう性になぜそれほどまでにこだわる方たちがいるのかが分かった。誠に遅ればせながら。
kinokuniyasale頂上至極 幻冬舎単行本 (村木嵐) が、紀伊國屋電子書籍で特価で553円引きの829円、7ポイント還元になりました。https://t.co/KERZec36t1
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村木嵐さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)