トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白河三兎

白河三兎

白河三兎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白河 三兎(しらかわ みと)は、日本の小説家・推理作家。
2009年、『プールの底に眠る』で第42回メフィスト賞を受賞し小説家デビュー。2012年、本の雑誌社が刊行した『おすすめ文庫王国2013』で『私を知らないで』がオリジナル文庫大賞ベスト1に選ばれる。文芸評論家の北上次郎は白河三兎を「現代エンターテインメントの最前線をひた走る作家」と評している。
=
プールの底に眠る(2009年12月 講談社ノベルス / 2013年4月 講談社文庫)
角のないケシゴムは嘘を消せない(2011年1月 講談社ノベルス)
*【改題】ケシゴムは嘘を消せない(2014年1月 講談社文庫)
私を知らないで(2012年10月 集英社文庫)
君のために今は回る(2013年6月 講談社)
もしもし、還る。(2013年8月 集英社文庫)
神様は勝たせない(2014年3月 ハヤカワ文庫JA)
総理大臣暗殺クラブ(2014年7月 角川書店)
ふたえ(2015年7月 祥伝社)
小人の巣(2015年10月 双葉社)
田嶋春にはなりたくない(2016年2月 新潮社)
十五歳の課外授業(2016年4月、集英社文庫)

受賞歴

白河三兎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

白河三兎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sona_hisa僕は由利の手の温かみと、その手から伝わる生き「プールの底に眠る」(白河三兎、講談社)
yamagiwatakako「ふたえ」白河三兎著 緻密な構成と後半の大ドンデン返しも読みどころだが、一番の魅力は人が人を思う、泣きたくなるような優しさが溢れているところだ。内気な「舞妓」が「エレベーターに一緒に乗って行こうよ」と思い切って声をかけるシーンが素敵。
SFutonoナイス 【ふたえ (祥伝社文庫)/白河三兎】青春ミステリーという謳い文句から気軽に読み進めることが出来ると思いきや、直に、そんな軽い作品ではないと突き付けられました。随所に思慮深い文章が散りばめ… → https://t.co/17zul1mk1i #bookmeter
conpe19今更ですが「ふたりの距離の概算」米澤穂信「私を知らないで」白河三兎 電車移動があったのでちょっと読めました(*´꒳`*) #3連休に読んでいる本を教えて
penguincawaii【ふたえ/白河三兎】「ぼっち」たちの成長物語かと思いきや、それだけの小説ではなかった。それだけだったとしても十分面白いし成立するのに、そうではないところが「メフィスト賞作家だな」という感じがした… → https://t.co/zEPoEYPjqL #bookmeter
tasu1024白河三兎さんの「ふたえ」なんて素敵な作品なんだろうか…ラストまさか、まさかと思いながらも読み進めていたが、思わず「えー⁉︎」って声出してしまった!「善意は現実世界に存在する魔法なんだ」#ふたえ#白河三兎 https://t.co/2ilCjrZ0Mh
yogiwanya白河三兎さんは文体のテンポが最高に楽しいし全体に散りばめられた伏線を綺麗に鮮やかに回収するし読後はしゅわしゅわと爽やかだからオススメしたい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白河三兎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)