トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 浦賀和宏

浦賀和宏

浦賀和宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浦賀 和宏|うらが かずひろ|1978年12月8日 - 2020年2月25日は小説家、推理作家。神奈川県出身。本名は八木 剛|やぎ つよし。
1998年に『記憶の果て』で第5回メフィスト賞を受賞しデビューする。青春小説、SF、ミステリの要素が混交された独特のプロットは、京極夏彦に「多くのジャンルの新たな可能性を悉く内包して」いる「先行作品に対する敬意ある挑発」と評され、同時刊行の『Jの神話』(乾くるみ)、『歪んだ創世記』(積木鏡介)と共に、メフィスト賞をミステリ一辺倒の賞ではないということを(良くも悪くも)印象づけることになった。
「笑わない名探偵」安藤直樹を主役に据えた同シリーズはその後もジャンルと距離を測るような進行を見せたが、『透明人間 UBIQUITY』で一時中断され、以降は松浦純菜・八木剛士シリーズの執筆を開始、ここでも先行作品や現実世界の趨勢を皮肉ったストーリーを展開する。同シリーズ完結後に第2シーズンと銘打って萩原重化学工業にまつわる側面からの安藤直樹シリーズを開始、二作が刊行された。
2010年代に入ってから文庫版『彼女は存在しない』が徐々に版を重ね、ベストセラーになる。『彼女は存在しない』ヒット後の2013年ころから、それまで絶版となっていた各社の作品が続々と文庫化・復刊され、新作の発表がコンスタントに行われるようになった。
2020年2月25日、脳出血のため死去。享年41歳。

受賞歴

浦賀和宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浦賀和宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jamyokomizomaya浦賀和宏うらが・かずひろ 1978年12月8日神奈川県川崎市生まれ。98年「記憶の果て」で第5回メフィスト賞を最年少の19歳で受賞しデビュー。すべての青春を拗らせた者にこそ読んで欲しい青春小説界のイエス・キリスト。2020年2月25日、41歳で急逝。
hit4boy浦賀和宏『地球平面委員会』謎のサークルに勧誘された男子大学生が様々な事件に巻き込まれていくという物語。主人公はエラリー・クイーンの孫という設定で、地球平面委員会の正体を明かす鍵なのですが、ニヤリとするか落胆するか分かれそうです。https://t.co/aFASxv8Nr9
julietcetra所謂ミステリを読む切欠になったのは浦賀和宏だから、変則的っちゃあ変則的なんだが。
HUoHkQzKi0FPtDuプロローグとエピローグのあいだに、作中作〝デルタの悲劇〟及びその解説が挟み込まれているという凝った作り。いきなりプロローグで、この物語は作家〝浦賀和宏〟の遺作などと書かれていて戦慄する。一瞬予言の書かと思ったが、実際はこの後… https://t.co/2F5SeKXXNx
gaspardlisa307【定期】小説アニメ漫画乙ゲ大好き!伊坂幸太郎/浦賀和宏/辻村深月/小野大輔/真弘先輩/斎藤一/スタスカ錫也/etc.相互フォロ希望はリプもらえたら必ず!よろしくお願いします(๑′ᴗ‵๑)
nyar42dmm70%オフ、浦賀和宏と殊能将之と姫神さまに願いをとされ罪アナピヤ編をぶち込んでしまいました
tatsumi_cover浦賀和宏「時の鳥籠」(1998)講談社ノベルス https://t.co/69QpcdXaVe
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    浦賀和宏さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)