トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 浦賀和宏

浦賀和宏

浦賀和宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浦賀 和宏|うらが かずひろ|1978年12月8日 - 2020年2月25日は小説家、推理作家。神奈川県出身。本名は八木 剛|やぎ つよし。
1998年に『記憶の果て』で第5回メフィスト賞を受賞しデビューする。青春小説、SF、ミステリの要素が混交された独特のプロットは、京極夏彦に「多くのジャンルの新たな可能性を悉く内包して」いる「先行作品に対する敬意ある挑発」と評され、同時刊行の『Jの神話』(乾くるみ)、『歪んだ創世記』(積木鏡介)と共に、メフィスト賞をミステリ一辺倒の賞ではないということを(良くも悪くも)印象づけることになった。
「笑わない名探偵」安藤直樹を主役に据えた同シリーズはその後もジャンルと距離を測るような進行を見せたが、『透明人間 UBIQUITY』で一時中断され、以降は松浦純菜・八木剛士シリーズの執筆を開始、ここでも先行作品や現実世界の趨勢を皮肉ったストーリーを展開する。同シリーズ完結後に第2シーズンと銘打って萩原重化学工業にまつわる側面からの安藤直樹シリーズを開始、二作が刊行された。
2010年代に入ってから文庫版『彼女は存在しない』が徐々に版を重ね、ベストセラーになる。『彼女は存在しない』ヒット後の2013年ころから、それまで絶版となっていた各社の作品が続々と文庫化・復刊され、新作の発表がコンスタントに行われるようになった。
2020年2月25日、脳出血のため死去。享年41歳。

受賞歴

浦賀和宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浦賀和宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gaspardlisa307【定期】小説アニメ漫画乙ゲ大好き!伊坂幸太郎/浦賀和宏/辻村深月/小野大輔/真弘先輩/斎藤一/スタスカ錫也/etc.相互フォロ希望はリプもらえたら必ず!よろしくお願いします(๑′ᴗ‵๑)
jamyokomizomaya浦賀和宏うらが・かずひろ 1978年12月8日神奈川県川崎市生まれ。98年「記憶の果て」で第5回メフィスト賞を最年少の19歳で受賞しデビュー。すべての青春を拗らせた者にこそ読んで欲しい青春小説界のイエス・キリスト。2020年2月25日、41歳で急逝。
honsagasu浦賀和宏 さんの著書がAmazonランキングのTOP1000にランクインしました。殺人都市川崎 (ハルキ文庫 う 10-1)https://t.co/0cv0SJl3ZL画像引用アマゾン https://t.co/0OWhXBZUL2
a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(10/29まで) 浦賀和宏『HELL 女王暗殺』 563円https://t.co/j1DqfOHKmF
so_kan浦賀和宏『殺人都市川崎』を読了.「川崎はハロウィンが盛んだ。地獄みたいに治安が悪いから、自虐的に化け物の格好をしたがるんだろう」「俺たちが悪いんじゃない!川崎が悪いんだ!この街がこんなだから、俺らもこんなふうになるんだ!川崎の評判を落としているのは俺らじゃない!あんたらだ!」
makana2016すげーーーkwsk殺人都市川崎 (ハルキ文庫) 浦賀和宏 https://t.co/Og1Pl2DlvW @amazonJPより
CRwVUTh6Xjn2eG8@sawyer1876 @sakaetakashi051 はじめまして。浦賀和宏作品など、小説ではカニバリズムは珍しくないですよね。最近の漫画だとファイアパンチという作品がカニバリズムを扱っているそうで、絶対的タブーではない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
浦賀和宏さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)