トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 輪渡颯介

輪渡颯介

輪渡颯介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

輪渡 颯介(わたり そうすけ、1972年 - )は、時代小説作家、推理作家。東京都生まれ。明治大学卒業。
2008年、時代小説と推理小説を融合させた長編『掘割で笑う女』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作以来、「浪人左門あやかし指南」シリーズを書き継いでいる。シリーズ最初の2作はノベルスで刊行されたが、3作目からは四六判で刊行されている。
2作目の『百物語』までペンネームは「わわたり そうすけ」という読みだったが、3作目の『無縁塚』刊行時(2009年4月)より「わたり そうすけ」に変更した。
=
(講談社刊 / 講談社文庫刊)
# 掘割で笑う女(2008年1月、ISBN 978-4-06-182580-2 / 2010年1月、ISBN 978-4-06-276529-9)
# 百物語(2008年7月、ISBN 978-4-06-182602-1 / 2010年3月、ISBN 978-4-06-276568-8)
# 無縁塚(2009年4月、ISBN 978-4-06-215435-2 / 2011年12月、ISBN 978-4-06-277128-3)
# 狐憑きの娘(2010年1月、ISBN 978-4-06-215983-8 / 2012年7月、ISBN 978-4-06-277315-7)

輪渡颯介新刊

  • 発売日
    2020年1月15日
  • 書名
    欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年10月17日
  • 書名
    怪談飯屋古狸

受賞歴

輪渡颯介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

輪渡颯介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kodanshabunko【#歴史時代小説フェア】輪渡颯介著『欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪』溝猫長屋の少年たちが空き家で見た父子の幽霊の正体とは。笑えて泣ける、猫まみれ怪談の第3弾!https://t.co/KJG7i9Yukg
fiction_meigenまあ、様々な者がいて世の中は成り立っているんだ。偉い人ばかりじゃ息が詰まる。だから気にすることはないぜ。このオレだってたいした人間じゃないからな。むしろお前のような奴がいてくれて嬉しいくらいだ。(影憑き/輪渡颯介)
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・輪渡颯介の「浪人左門あやかし指南」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『掘割で笑う女』→『無縁塚』→『狐憑きの娘』
a_ranking_news(1/15) 紀伊國屋書店 電子書籍 小説・文芸ランキング6位:輪渡颯介【著】『欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪 講談社文庫』https://t.co/GKSqrC5Lwx
BaddieBeagle"朽ちたお社にある「首縊りの木」は神仏の祟り? 子猫そして猫好きな「あの男」も登場! 『古道具屋 皆塵堂(かいじんどう)』の著者最新刊": 輪渡颯介『祟り神 怪談飯屋古狸』 https://t.co/Cd64layS3Y
hokora329輪渡颯介さん好きで皆塵堂シリーズ全部読んで今溝猫長屋 祠之怪読んでるホラーは苦手やのにな
__achiki__1月15日発売となりました『欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪』 (講談社時代小説文庫)の見本をいただきました。著者: 輪渡颯介さんデザイン:鈴木久美さんイラストを担当しております。どうぞよろしくお願いいたします! https://t.co/cUpgSI2nwm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
輪渡颯介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)