トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 輪渡颯介

輪渡颯介

輪渡颯介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

輪渡 颯介(わたり そうすけ、1972年 - )は、時代小説作家、推理作家。東京都生まれ。明治大学卒業。
2008年、時代小説と推理小説を融合させた長編『掘割で笑う女』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作以来、「浪人左門あやかし指南」シリーズを書き継いでいる。シリーズ最初の2作はノベルスで刊行されたが、3作目からは四六判で刊行されている。
2作目の『百物語』までペンネームは「わわたり そうすけ」という読みだったが、3作目の『無縁塚』刊行時(2009年4月)より「わたり そうすけ」に変更した。
=
(講談社刊 / 講談社文庫刊)
# 掘割で笑う女(2008年1月、ISBN 978-4-06-182580-2 / 2010年1月、ISBN 978-4-06-276529-9)
# 百物語(2008年7月、ISBN 978-4-06-182602-1 / 2010年3月、ISBN 978-4-06-276568-8)
# 無縁塚(2009年4月、ISBN 978-4-06-215435-2 / 2011年12月、ISBN 978-4-06-277128-3)
# 狐憑きの娘(2010年1月、ISBN 978-4-06-215983-8 / 2012年7月、ISBN 978-4-06-277315-7)

輪渡颯介新刊

  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    夢の猫 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    物の怪斬り 溝猫長屋 祠之怪

受賞歴

輪渡颯介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

輪渡颯介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【順番当て】次の作家・輪渡颯介の「浪人左門あやかし指南」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『掘割で笑う女』→『無縁塚』→『狐憑きの娘』
920_naga_oいま輪渡颯介さんの古道具屋皆塵堂シリーズも読みたい。雨竜堂さんとかしゃばけ好きならめっちゃ読んでほしい……
fiction_meigenまあ、様々な者がいて世の中は成り立っているんだ。偉い人ばかりじゃ息が詰まる。だから気にすることはないぜ。このオレだってたいした人間じゃないからな。むしろお前のような奴がいてくれて嬉しいくらいだ。(影憑き/輪渡颯介)
denshosaleBOOK☆WALKER期間限定セール(8/09まで) 輪渡颯介『夢の猫 古道具屋 皆塵堂』 462円https://t.co/FRCQsqP5gJ
2011_pearl輪渡颯介の「古道具屋皆塵堂 夢の猫」を読んだ。面白かったんだけど、これでシリーズ終わりかぁ~という感じで、終わりっぽくなかった。結局、伊平次が謎のままだった。伊平次が主役だったのかな?
perfectspeIl輪渡颯介「祠之怪」(ほこらのかい)。https://t.co/mhyhmFpNpR特にシリーズではなかった。或いは1作目になるのか。江戸幽霊もの。事件が解決されないまま、或いは解決したのかわからないまま事件が積み重なっていくのはマイクル・Z・リューインぽい。
toriyellowbirdすっかり輪渡颯介さんワールドにハマってしまって皆塵堂シリーズ3作目を読む!2作目の猫除けは本当に良かった!ここ最近因果応報って気持ちがぐるぐるしてて、その答えを伊平次が言ったから私の気持ちが落ち着いたの。タイムリー。本の出会い素晴らしい✨#輪渡颯介 #皆塵堂
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
輪渡颯介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)