トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 輪渡颯介

輪渡颯介

輪渡颯介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

輪渡 颯介(わたり そうすけ、1972年 - )は、時代小説作家、推理作家。東京都生まれ。明治大学卒業。
2008年、時代小説と推理小説を融合させた長編『掘割で笑う女』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作以来、「浪人左門あやかし指南」シリーズを書き継いでいる。シリーズ最初の2作はノベルスで刊行されたが、3作目からは四六判で刊行されている。
2作目の『百物語』までペンネームは「わわたり そうすけ」という読みだったが、3作目の『無縁塚』刊行時(2009年4月)より「わたり そうすけ」に変更した。
=
(講談社刊 / 講談社文庫刊)
# 掘割で笑う女(2008年1月、ISBN 978-4-06-182580-2 / 2010年1月、ISBN 978-4-06-276529-9)
# 百物語(2008年7月、ISBN 978-4-06-182602-1 / 2010年3月、ISBN 978-4-06-276568-8)
# 無縁塚(2009年4月、ISBN 978-4-06-215435-2 / 2011年12月、ISBN 978-4-06-277128-3)
# 狐憑きの娘(2010年1月、ISBN 978-4-06-215983-8 / 2012年7月、ISBN 978-4-06-277315-7)

輪渡颯介新刊

  • 発売日
    2018年11月15日
  • 書名
    溝猫長屋 祠之怪 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年9月13日
  • 書名
    別れの霊祠 溝猫長屋 祠之怪
  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    夢の猫 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)

受賞歴

輪渡颯介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

輪渡颯介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【順番当て】次の作家・輪渡颯介の「浪人左門あやかし指南」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『掘割で笑う女』→『無縁塚』→『狐憑きの娘』
crambom『古道具屋 皆塵堂 輪渡颯介:著』クラムボンの蹄|https://t.co/JBglgFJla4
gn52694303『掘割で笑う女<浪人左門あやかし指南>』輪渡颯介闇討ちが起こった掘割に現れた女の幽霊。更に連続殺人が発生。人々の口承する怪談が謎を呼ぶ『琅邪の鬼』の日本版という印象。時代小説というより妖怪×ミステリ的な。ただその筋には京極夏… https://t.co/HafmYD1uAY
nekotunmamaアメブロを更新しました。 『輪渡颯介』 #輪渡颯介 #別れの霊祠https://t.co/lM5VG8PFsA
Meleagros_horo未読本その59 輪渡颯介『狐憑きの娘』講談社 #古本〈浪人左門あやかし指南シリーズ〉第四作目。江戸の外れ、渋谷川の畔で子供が見つけた水屍体。国許で殺された留守居添役の男。怖がりの苅谷甚十郎が気になる手習塾の娘・弓枝には狐憑きの噂… https://t.co/4mfaVbwiqO
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 輪渡颯介『ばけたま長屋』50%OFF 324円~https://t.co/blpIuGSlaH
fiction_meigenまあ、様々な者がいて世の中は成り立っているんだ。偉い人ばかりじゃ息が詰まる。だから気にすることはないぜ。このオレだってたいした人間じゃないからな。むしろお前のような奴がいてくれて嬉しいくらいだ。(影憑き/輪渡颯介)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
輪渡颯介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)