トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 輪渡颯介

輪渡颯介

輪渡颯介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

輪渡 颯介(わたり そうすけ、1972年 - )は、時代小説作家、推理作家。東京都生まれ。明治大学卒業。
2008年、時代小説と推理小説を融合させた長編『掘割で笑う女』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作以来、「浪人左門あやかし指南」シリーズを書き継いでいる。シリーズ最初の2作はノベルスで刊行されたが、3作目からは四六判で刊行されている。
2作目の『百物語』までペンネームは「わわたり そうすけ」という読みだったが、3作目の『無縁塚』刊行時(2009年4月)より「わたり そうすけ」に変更した。
=
(講談社刊 / 講談社文庫刊)
# 掘割で笑う女(2008年1月、ISBN 978-4-06-182580-2 / 2010年1月、ISBN 978-4-06-276529-9)
# 百物語(2008年7月、ISBN 978-4-06-182602-1 / 2010年3月、ISBN 978-4-06-276568-8)
# 無縁塚(2009年4月、ISBN 978-4-06-215435-2 / 2011年12月、ISBN 978-4-06-277128-3)
# 狐憑きの娘(2010年1月、ISBN 978-4-06-215983-8 / 2012年7月、ISBN 978-4-06-277315-7)

輪渡颯介新刊

  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪 (講談社文庫)

受賞歴

輪渡颯介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

輪渡颯介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ayakaurusidani #読んだ本 『欺きの童霊 溝猫長屋祠の怪』輪渡颯介・著/講談社 2017年10月 ◆シリーズ三作目。
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・輪渡颯介の「浪人左門あやかし指南」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『掘割で笑う女』→『無縁塚』→『狐憑きの娘』
a_ranking_news(6/9) honto 本の通販ストアランキング > 文庫 > 一般ランキング15位:輪渡颯介 (著)『優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪 (講談社文庫)』https://t.co/cGBtl1KEEb
kekeyuiずっと気になってたシリーズの第一弾、輪渡颯介さん『溝猫長屋 祠之怪』(講談社文庫)読了
haru_harren「欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪」 輪渡颯介#2019読書
rollingmeteor67輪渡颯介さんの皆塵堂シリーズ…身近に刺さりそうな人沢山いるのに…ものすごい好きなのになかなか同じ熱量で話せる人が居ない漫画やアニメでさえなかなかオススメしてパッと見て貰いづらいってのに小説は更にハードル高い文章だし、キャッチーなカバーイラストでも無いとゲームよりも高いかもね
96dogDeadsp輪渡颯介(わたりそうすけ)さんオススメですよ。時代物の怪談ミステリーが面白いの
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
輪渡颯介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)