トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 輪渡颯介

輪渡颯介

輪渡颯介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

輪渡 颯介(わたり そうすけ、1972年 - )は、時代小説作家、推理作家。東京都生まれ。明治大学卒業。
2008年、時代小説と推理小説を融合させた長編『掘割で笑う女』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作以来、「浪人左門あやかし指南」シリーズを書き継いでいる。シリーズ最初の2作はノベルスで刊行されたが、3作目からは四六判で刊行されている。
2作目の『百物語』までペンネームは「わわたり そうすけ」という読みだったが、3作目の『無縁塚』刊行時(2009年4月)より「わたり そうすけ」に変更した。
=
(講談社刊 / 講談社文庫刊)
# 掘割で笑う女(2008年1月、ISBN 978-4-06-182580-2 / 2010年1月、ISBN 978-4-06-276529-9)
# 百物語(2008年7月、ISBN 978-4-06-182602-1 / 2010年3月、ISBN 978-4-06-276568-8)
# 無縁塚(2009年4月、ISBN 978-4-06-215435-2 / 2011年12月、ISBN 978-4-06-277128-3)
# 狐憑きの娘(2010年1月、ISBN 978-4-06-215983-8 / 2012年7月、ISBN 978-4-06-277315-7)

輪渡颯介新刊

  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪 (講談社文庫)

受賞歴

輪渡颯介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

輪渡颯介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

haru_harren「夢の猫 古道具屋 皆塵堂」輪渡颯介#2019読書
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・輪渡颯介の「浪人左門あやかし指南」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『掘割で笑う女』→『無縁塚』→『狐憑きの娘』
725catアメブロを更新しました。 『「溝猫長屋 祠之怪」輪渡颯介』 #読書感想 #読書記録https://t.co/9aszoDXtn1
Y28_m27ry21_Y02 #読書日記 2019.8.7 読了2019.40冊目輪渡颯介『物の怪斬り 溝猫長屋 祠之怪』シリーズ4作目https://t.co/N2pUbfkxzuシリーズも終盤4人組の今後はどうなるのかな?… https://t.co/QX8o3FWWOo
sou_igu私のオススメは杉浦日向子氏の「百物語」ですね。畠中恵さんの「しゃばけ」や「つくもかみ貸します」はシリーズはコミカルで読みやすいです。一番好きなのは輪渡颯介氏の「古道具屋 皆塵堂」シリーズや「溝猫長屋」シリーズですが。
BaddieBeagle"商家に勤めていた虎太は、三軒並ぶ店の蕎麦屋で、お梯の可愛さにつられ店に入るが、そこは怪談をすれば飯代が無料になる店だった……": 輪渡颯介『怪談飯屋古狸』 https://t.co/1g1eqhuyzi
20JPN18輪渡颯介『物の怪斬り 溝猫長屋祠之怪』講談社剣術道場の門人だった旗本の次男・市之丞が、屋敷に出る物の怪退治を蓮十郎に依頼した。溝猫長屋で暮らす「幽霊が分かる」忠次ら子供たちも屋敷に同行するのだが、幽霊の気配を感じた忠次たち… https://t.co/sPInRE9EIg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
輪渡颯介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)