トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 天祢涼

天祢涼

天祢涼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

天祢 涼(あまね りょう、1978年 - )は、日本の小説家、推理作家。
中学生のとき夏休みの自由研究で「空上殺人事件」を執筆する。就職活動を始めるにあたり、小説を書いている時が一番楽しいことに気づき小説家を目指す。
新人賞に落選することが続いていた時、復刊したばかりの『メフィスト』を見つけ、メフィスト賞に応募する。2010年2月、『キョウカンカク』で第43回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は2011年版「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選出された。
2012年、『葬式組曲』が「本格ミステリ・ベスト10」2013年版で第7位になる。2013年、同作で第13回本格ミステリ大賞の候補作に、同作に収録されている「父の葬式」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補作になる。
2015年、『もう教祖しかない!』で第7回日本タイトルだけ大賞の候補作になる。

天祢涼新刊

  • 発売日
    2018年11月20日
  • 書名
    境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖

受賞歴

天祢涼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

天祢涼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Munekyun_Novels「だいたいにして、私はいつも先生と一緒にいるんです。こんなところに盗聴器を仕掛ける必要なんてないでしょう」「あ、そうか。それに君は、なにがあっても絶対に僕を裏切らないからね」「……もちろんですよ」【雲井進・漆原翔太郎/セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎/天祢涼】
amaneryo_on_tw天祢涼がお世話になっていて、互いに面識がなかったAさんとBさん。AさんがBさんのお店で『境内ではお静かに』を買ったことで会話が生じ、どちらも「天祢涼の知り合い」だとわかったのだそうです。こんなことってあるんですねえ。うれしいぞ(o>▽<)o
mys_sus_bot【線結び】次の2013年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい葬式組曲→天祢涼衣更月家の一族→深木章子夏服パースペクティヴ→長沢樹
KOROPPY綾辻行人監修『綾辻行人殺人事件 主たちの館』実際に行われたミステリーナイトにまつわる本。ノベライズ担当は、天祢涼。問題編の舞台を見るだけでなく、館内をめぐり、ヒントをさがし、質疑応答もできる。最近流行の謎解きイベント。本格的でクオリティが高く、とても楽しそう。
yatsuyaguruma「希望が死んだ夜に」(天祢涼 文藝春秋)読了。同級生を殺害したとされ警察に逮捕された中学生の冬木ネガは、殺害を自供しながらも動機について黙秘する「半落ち」の態度を取る。検察送致までのタイムリミットが迫る中、二人の刑事がたどり着いた真相とは。
kazmurai【読んだ】「境内ではお静かに」(天祢涼/光文社)緋袴、巫女装束の美少女探偵という設定が興味深い。ミステリーというより、心理描写の綾を突いて問題を解決するタイプ。もっと色々な活躍が読みたかったが、活動領域が寺社界隈限定というのは… https://t.co/H8D1Br0bYN
NUKAGA_Mioそして以前担当から「3/10の夜に書影公開の予定です」と言われた記憶があるんですよね。となると明日なんですよね(`・ω・´)ちなみにフライングで書影を見た天祢涼さんは「なんじゃこりゃ!」と言っておりました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
天祢涼さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)