トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長坂秀佳

長坂秀佳

長坂秀佳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長坂 秀佳(ながさか しゅうけい(本名:ひでか) - )は、脚本家、小説家、放送作家。別名義として出雲 五郎(いずも ごろう)がある。
愛知県豊川市出身。子供の頃から本好きだったが、実家は裕福でなく本がなかなか買えなかったため、もっぱら貸本屋に入り浸り、店の主人から「ウチにはお前の読む本は残ってないよ」と言われたほどであった。
愛知県立豊橋工業高等学校機械科在学中に観た『野獣死すべし』に衝撃を受け、映画業界を志す。高校卒業後、上京しプラスチック工場で働いた後に東宝撮影所に入社する。美術助手を5年間務めた後、テレビ部企画課へ異動した。これらの経緯は脚本家となる彼の作風に大きく影響することになる。
1966年、「NHKシナリオコンクール」で『ものを言う犬』が佳作に入選し、1968年に同作品がテレビドラマ化されたことをきっかけに脚本を手掛けるようになる。
東宝撮影所を経て1970年に独立し書籍『変身ヒーロー大全集』では、「1969年」と記述している。、フリーの脚本家となる。『帰ってきたウルトラマン』からは特撮作品にも関わり始め初期の主な作品に『刑事くん』『人造人間キカイダー』『快傑ズバット』『小説吉田学校』(映画)など。『特捜最前線』では10年間の放映期間で109本を執筆し、メインライターとして番組を支え続けた。
1989年『浅草エノケン一座の嵐』で第35回江戸川乱歩賞を受賞ズバット大全|2002|p=174。以降『都会の森』『ジュニア・愛の関係』といった連続ドラマを執筆するかたわら、ゲームソフト『弟切草』『街 〜運命の交差点〜』『彼岸花』の原作・脚本なども手がけた。また1999年には『透明少女エア』でドラマ初監督にも初挑戦した。
テレビの仕事を控えてゲームシナリオやホラー小説の執筆に活動の重きを置いていた時期もあったが、近年はまたテレビドラマの仕事に軸足を戻している。2008年度は新春ワイド時代劇『徳川風雲録 八代将軍吉宗』を担当するかたわら、2時間ドラマを4本執筆した。2009年度もライフワークである『刑事・野呂盆六』シリーズを2本発表する以外に単発ドラマを4本手掛け、2010年も『野呂盆六』新作、『警視庁取調官落としの金七事件簿』の他、久々の連続ドラマ『警視庁継続捜査班』、久々の映画脚本となる『ロストクライム -閃光-』伊藤俊也との共同脚本。、近年には新作映画『大地の詩』、2時間ドラマを複数本発表するなど、70歳を過ぎてもますます健筆を振るっており、旺盛な作家活動を続けている。

受賞歴

長坂秀佳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

長坂秀佳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ani_slo_bot2『浅草エノケン一座の嵐』で江戸川乱歩賞を受賞している脚本家で、特撮番組『怪傑ズバット』やゲーム『街』で知られるのは?→「長坂秀佳」
tomesan99『特捜最前線』200回記念ローマパリ縦断捜査前後編を何十年ぶりに再見。かなり強引展開。撮影はかなり大変だったろうと推察するも、何が凄いって主役二谷英明さんは大半観光名所を金沢碧さんと二人ドライブしていたという。長坂秀佳さんが主役に… https://t.co/1djb8hDHna
kopitiam8888歌手である西城秀樹さんを演技者として観たのは、刑事くん1973年10月1日放送「ちぎれた愛」。同年9月にリリースされた6枚目のシングル「ちぎれた愛」をモチーフにした長坂秀佳脚本の回だった。 東映チャンネル次のシリーズの「刑事… https://t.co/WM2cm12LTy
orb_seven今日8時30分から9時ごろまでツイキャスします人造人間キカイダー、仮面ライダーX、快傑ズバットの長坂秀佳さんの脚本について語ります
mys_sus_bot【○×】 脚本家・長坂秀佳の江戸川乱歩賞受賞作は『浅草エノケン一座の嵐』である→○『破線のマリス』である→×【関連・○×】 脚本家・野沢尚の江戸川乱歩賞受賞作は『破線のマリス』である→○『浅草エノケン一座の嵐』である→×
aokt_1015そういえば長坂秀佳さんの作品に鬼湯っていう温泉が出てくるんだけど、簡単に言うと媚薬効果のある温泉。旅館の温泉でそこの旅館から出されたお酒を飲んでその温泉に入るともう一緒に温泉入ってる人とセックスしたくなるようなやつ。ちなみに作中では女性二人がいちゃこらしてました。最高ですね。
AnswerxAnswer[漫]サウンドノベルソフト『弟切草』や『街~運命の交差点~』の原作や脚本を書いた江戸川乱歩賞作家は誰? 長坂秀佳(ながさか・しゅうけい) *実在の芸人・エノケンこと榎本健一を主人公にしたミステリ『浅草エノケン一座の嵐』で乱歩賞受賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長坂秀佳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)