トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井沢元彦

井沢元彦

井沢元彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井沢 元彦(いざわ もとひこ、1954年2月1日 - )は、日本の歴史小説作家・推理作家・歴史研究家。元TBS報道記者。愛知県名古屋市出身。
date=2017年7月31日 (月) 04:45 (UTC)|section=1
東京都立千歳高等学校(東京都立芦花高等学校の前身の一校)、早稲田大学法学部卒業。大学在学中「倒錯の報復」が江戸川乱歩賞候補となる。大学卒業後、TBSに入社。報道局(政治部)記者時代の1980年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。
2012年1月、中京独立戦略本部の本部員に就任。2012年4月、種智院大学客員教授。

井沢元彦新刊

  • 発売日
    2017年10月25日
  • 書名
    英傑の日本史 新撰組・幕末編 増補決定版 (角川文庫)
  • 発売日
    2017年9月13日
  • 書名
    驕奢の宴(上) 信濃戦雲録 第三部 (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2017年9月13日
  • 書名
    驕奢の宴(下) 信濃戦雲録 第三部 (祥伝社文庫)

受賞歴

井沢元彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井沢元彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cyucyu821どうにもならなきゃ、放っておく。そいつが一番だ。─井沢元彦「銀魔伝」→ https://t.co/ho8dSFbXFk
sumikakawabe井沢元彦さんの『猿丸幻視行』は寝ないで読んだなあ。思えば、井沢さんお薦め本からの連城さん流れだった。#猿丸神社の椿はまるで薔薇 https://t.co/jwfGU79Y80
seoul_info_jp竹島問題をきっかけに日韓関係は今にも沸騰寸前。日本人には到底理解できない韓国人の複雑な内面を井沢元彦氏、呉善花氏の対論で解き明かす。 やっかいな隣人 韓国の正体 なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか https://t.co/2fgnyV0STo
raisen_bot2_qmaNo.356 次の江戸川乱歩賞を受賞した推理小説と、それを書いた作家の正しい組み合わせを選びなさい⇒放課後―東野圭吾、猿丸幻視行―井沢元彦、枯草の根―陳舜臣
rikako_rikachanどうにもならなきゃ、放っておく。そいつが一番だ。─井沢元彦「銀魔伝」◆どうにもできないことなら、悩んでも仕方ありません。放っておきましょう。
HanakoKanbeどうにもならなきゃ、放っておく。そいつが一番だ。─井沢元彦「銀魔伝」☆どうにもできないことなら、悩んでも仕方ありません。放っておきましょう。
hit4boy井沢元彦 『猿丸幻視行』暗号解読をとおして柿本人麻呂と猿丸大夫の同一説、さらには歴史に埋もれた闇を解明していく重厚かつ壮大な歴史ミステリ。この時代を知りたいという意欲が、多少なりともうまれました。本書を読了した最大の収穫です。https://t.co/AXXNsClMLB
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
井沢元彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)