トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 薬丸岳

薬丸岳

薬丸岳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

薬丸 岳(やくまる がく、1969年8月26日 - )は、日本の小説家。本名は同じ漢字でやくまる たけしと読む。
1988年、駒澤大学高等学校を卒業。2005年、『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。日本推理作家協会現会員。
兵庫県明石市に生まれるが、広告代理店に勤める父親が転勤族だったため、あちこちを転々とした後、小学5年生の時から東京に住み始める。特に好きだったのはスティーブ・マックイーン。名画座に通いつめるうちに、映画評論家や映画監督になりたいと思うようになるが、高校生の時には金子正次が脚本・主演を担当した『竜二』を見て俳優を志す。東京キッドブラザースの入団試験を受け合格するが、ミュージカルが肌に合わずに断念、半年ほどで退団した。その後、バーテンダーなどを経て、シナリオを学び始め、日本脚本家連盟ライターズスクール66期卒業、同連盟理事の脚本家西条道彦に師事していた。ライターズスクールで偶然隣の席になったことから仲良くなったのが、歌手の木山裕策であり、現在も親交が続いている。
脚本家の道も成果が出ず、漫画原作者を目指すようになり、『MANGAオールマン』の佳作に入選したこともあったが、その道にも行き詰まりを感じるようになった。そんな時に出会ったのが、第47回江戸川乱歩賞受賞作の高野和明の「13階段」であった。この作品に衝撃を受け、本格的に小説家を目指すようになった。こうして生まれたのが少年法を扱った「天使のナイフ」であり、そもそも少年法に興味を持つきっかけとなったのは、19歳の頃に起こった女子高生コンクリート詰め殺人事件であった。乱歩賞受賞当時は「秋葉俊介」というペンネームだったが、逢坂剛のアドバイスにより現在の筆名に変更した。

薬丸岳新刊

  • 発売日
    2019年8月23日
  • 書名
    ラストナイト (角川文庫)
  • 発売日
    2019年3月15日
  • 書名
    ガーディアン (講談社文庫)

受賞歴

薬丸岳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

薬丸岳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sakisyaku_19_91薬丸岳の虚夢を読んでるんだけど、田代がきもすぎて吐き気する
Ra5cgjB6GygH0CJミステリーしか読まない。おすすめは中山七里と薬丸岳。中山七里はこのミスで賞取ってる方で薬丸岳は少年犯罪系。
yoox5135ソウルの巨大書店、教保文庫。外国小説ランキングを見ると、薬丸岳「誓約」東野圭吾「祈りの幕が下りる時」「殺人現場は雲の上」などが入ってた。「漢字とナオキ」って誰の本やねん?と思ったら半沢直樹だった笑。(同音異義語です) https://t.co/85xYNJNSIM
hit4boy薬丸岳『誓約』過去に復讐(殺人)の手伝いをした男が、平和な家庭を手に入れてから催促に苦悩するというお話し。真相に迫る過程がハラハラドキドキ。脅迫者の裏をかきながら二転三転、辿り着くのは、やっぱり感。動機には唸りますが伏線が少なくて… https://t.co/4VC6bgMW8Y
o_h_hana薬丸岳さん『死命』読了。自分はどうやって死ぬのか考えてもわからない。死ぬとわかった時に何を思うか想像もできない。この帯みて、安東さんが吉田さんで、新米刑事が賀来くんだと思ったら全然違ってた笑 https://t.co/escjcNyndm
risunooukokuこれから薬丸岳さんの「蒼色の大地」を読む。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
薬丸岳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)