トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 栗本薫

栗本薫

栗本薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 - 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。
代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。
また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。
1953年(昭和28年)2月13日 - 東京都葛飾区生まれ。父は愛知県名古屋市、母は東京都谷中の出身。裕福な家庭であった。
1971年(昭和46年)3月 - 跡見学園高等学校卒業。
1971年(昭和46年)4月 - 早稲田大学第一文学部入学。
1975年(昭和50年)3月 - 早稲田大学第一文学部文芸科卒業。
1976年(昭和51年)7月 - 評論『パロディの起源と進化』(別冊新評『筒井康隆の世界』掲載)で商業誌デビュー。
1976年(昭和51年) - 『都筑道夫の生活と推理』で第2回幻影城新人賞評論部門佳作を受賞。
1977年(昭和52年) - 『文学の輪郭』(中島梓名義)で第20回群像新人文学賞評論部門を受賞。
1978年(昭和53年)4月 - 『奇想天外』誌にて『日本SF作家ノート』(中島梓名義)連載開始( - 1979年6月)。
1978年(昭和53年) - 『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞を受賞。幻影城6・7月合併号に京堂司名義で新人として連作ショートショートを4篇掲載。
1978年(昭和53年)9月 - 『ぼくら』シリーズ第1巻『ぼくらの時代』刊行。
1978年(昭和53年)9月 - 評論集『文学の輪郭』(中島梓名義)刊行。
1978年(昭和53年)10月 - 『JUNE』創刊号に作品を発表(ジュスティーヌ・セリエ名義)。
1979年(昭和54年)4月 - ラジオ番組『ハヤカワSFバラエティ』DJ(中島梓名義)。
1979年(昭和54年)9月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第1巻『豹頭の仮面』刊行。
1980年(昭和55年)4月 - クイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』に女性3枠レギュラー解答者として出演(中島梓名義)。
1980年(昭和55年) - 『羽根の折れた天使』が第33回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作品となる。
1980年(昭和55年)8月 - 『伊集院大介』シリーズ第1巻『絃の聖域』刊行。
1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』が第34回日本推理作家協会賞(長編部門)候補作品となる。
1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』で第2回吉川英治文学新人賞を受賞。
1981年(昭和56年)11月 - 『魔界水滸伝』シリーズ第1巻刊行。
1981年(昭和56年) - 12月、今岡清と結婚。
1982年(昭和57年) - 『ヒントでピント』で女性軍の4代目キャプテンに昇格。
1983年(昭和58年)8月 - 『トワイライト・サーガ』シリーズ第1巻『カローンの蜘蛛』刊行。
1983年(昭和58年) - 『ヒントでピント』を産休のため一時降板。
1984年(昭和59年)9月 - 『お役者捕物帖』シリーズ第1巻『吸血鬼』刊行。
1984年(昭和59年)9 - 10月 - 「日中文化交流協会青年代表団」の一員として、「三千人青年訪中」イベントに参加。翌年、同イベントの体験をまとめた『昭和遣唐使3000人の旅』刊行。
1984年(昭和59年) - 『ヒントでピント』レギュラー解答者に復帰、6代目女性軍キャプテンに。
1986年(昭和61年)6月 - 初めての歌舞伎作品『変化道成寺』上演。
1986年(昭和61年)- 執筆業専念を理由に、『ヒントでピント』レギュラー解答者を完全降板。
1987年(昭和62年)12月 - 初めて演出を手がけたミュージカル『ミスター!ミスター!!』(中島梓名義)上演。
1988年(昭和63年)11月 - 『朝日のあたる家』シリーズ第1巻刊行。
1990年(平成2年)12月 - 乳癌のため入院・手術。翌々年、闘病記『アマゾネスのように』(中島梓名義)刊行。
1991年(平成3年)7月 - 『終わりのないラブソング』シリーズ第1巻刊行。
1993年(平成5年)9月 - 『バサラ』シリーズ第1巻刊行。
1995年(平成7年)10月 - 『六道ヶ辻』シリーズ第1巻『大導寺一族の滅亡』刊行。
1997年(平成9年)7月 - 『レクイエム・イン・ブルー』シリーズ第1巻『蒼の断章』刊行。
1997年(平成9年)12月 - 『夢幻戦記』シリーズ第1巻『総司地獄変 上』刊行。
1999年(平成11年)12月 - 個人誌『天狼叢書』創刊。
2000年(平成12年)9月 - 公式サイト『神楽坂倶楽部』開設。
2005年(平成17年)4月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第100巻『豹頭王の試練』刊行。記念イベント『百の大典』開催。
2007年(平成19年)12月 - 膵臓癌で2度目の癌手術。翌年に闘病記『ガン病棟のピーターラビット』(中島梓名義)刊行。
2009年(平成21年)5月26日19時18分 - 膵臓癌のため死去。享年56。
2009年(平成21年)7月 - センス・オブ・ジェンダー賞特別賞(功労賞)受賞。
2009年(平成21年)7月20日 - 九段会館にて『お別れの会』開催。
2009年(平成21年)11月 - 絶筆となった闘病記『転移』(中島梓名義)刊行。
2009年(平成21年)12月 - 『グイン・サーガ』が日本SF大賞特別賞を受賞。
2010年(平成22年)7 - 9月 - 弥生美術館にて『栗本薫/中島梓展 〜書くことは生きること〜』開催。
2010年(平成22年)8月 - 『グイン・サーガ』が第41回星雲賞日本長編部門を受賞。

栗本薫新刊

  • 発売日
    2017年2月7日
  • 書名
    魔界水滸伝 20 (P+D BOOKS)
  • 発売日
    2017年1月10日
  • 書名
    魔界水滸伝 19 (P+D BOOKS)
  • 発売日
    2016年12月6日
  • 書名
    魔界水滸伝 18 (P+D BOOKS)

受賞歴

栗本薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

栗本薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

7oclquevNo.342 (アニ四択)2009年に未完のまま終わった栗本薫の小説「グイン・サーガ」シリーズの、最終巻に付けられる予定だったタイトルは?⇒豹頭王の花嫁
saavedra8902栗本薫 全著作レビュー - カクヨム https://t.co/ed1mL84E4K すごい
voyagerDPD☆中島梓|弥勒 栗本薫唯一の私小説 死産で産まれ、3歳のときに日本脳炎のために意識もないままに寝たきりとなった弟との葛藤を描いた問題作 BinBストアで立ち読み→https://t.co/wV96wHpxmJ #栗本薫 https://t.co/LCGP2xJmZp
my1favorite絵本の次に児童文学行って、文学全集的な本(ジェイン・エアとかあしなかおじさんとか風とともに去りぬが好き)経由で歴史小説に行って、途中に星先生や赤川次郎があって。新井素子先生とか氷室冴子先生とかその後だなぁ。時代的にも。菊地先生と栗本薫先生もその後に友達から教えてもらった。
tsukihahigashi1『翼ある者』って栗本薫だっけ。
kei_sandrolなんかこう、なるしまゆりと栗本薫は重なるところがある気がするんだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
栗本薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)