トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 栗本薫

栗本薫

栗本薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 - 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。
代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。
また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。
夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。父親は石川島重工業(現在はIHI)の重役をへて、石川島建機(現在はIHI建機)の社長となった実業家。
1953年(昭和28年)2月13日 - 東京都葛飾区生まれ。父は愛知県名古屋市、母は東京都谷中の出身。裕福な家庭であった。
1971年(昭和46年)3月 - 跡見学園高等学校卒業。
1971年(昭和46年)4月 - 早稲田大学第一文学部入学。
1975年(昭和50年)3月 - 早稲田大学第一文学部文芸科卒業。
1976年(昭和51年)7月 - 評論『パロディの起源と進化』(別冊新評『筒井康隆の世界』掲載)で商業誌デビュー。
1976年(昭和51年)12月 - 『都筑道夫の生活と推理』で第2回幻影城新人賞評論部門佳作を受賞。
1977年(昭和52年)5月 - 『文学の輪郭』(中島梓名義)で第20回群像新人文学賞評論部門を受賞。
1978年(昭和53年)4月 - 『奇想天外』誌にて『日本SF作家ノート』(中島梓名義)連載開始( - 1979年6月)。
1978年(昭和53年) - 『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞を受賞。『幻影城』6・7月合併号に京堂司名義で新人として連作ショートショートを4篇掲載。
1978年(昭和53年)9月 - 『ぼくら』シリーズ第1巻『ぼくらの時代』刊行。
1978年(昭和53年)9月 - 評論集『文学の輪郭』(中島梓名義)刊行。
1978年(昭和53年)10月 - 『JUNE』創刊号に作品を発表(ジュスティーヌ・セリエ名義)。
1979年(昭和54年)4月 - ラジオ番組『ハヤカワSFバラエティ』DJ(中島梓名義)。
1979年(昭和54年)9月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第1巻『豹頭の仮面』刊行。
1979年(昭和54年)9月 - テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』に女性3枠レギュラー解答者として出演(中島梓名義)。
1980年(昭和55年) - 『羽根の折れた天使』が第33回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作品となる。
1980年(昭和55年)4月 - テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』で女性軍の4代目キャプテンに昇格。
1980年(昭和55年)8月 - 『伊集院大介』シリーズ第1巻『絃の聖域』刊行。
1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』が第34回日本推理作家協会賞(長編部門)候補作品となる。
1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』で第2回吉川英治文学新人賞を受賞。
1981年(昭和56年)11月 - 『魔界水滸伝』シリーズ第1巻刊行。
1981年(昭和56年) - 12月、今岡清と結婚。
1982年(昭和57年)10月 - テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』を産休のため一時降板
1983年(昭和58年)8月 - 『トワイライト・サーガ』シリーズ第1巻『カローンの蜘蛛』刊行。
1983年(昭和58年)9月 - テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』のレギュラー解答者(4代目女性軍キャプテン)に復帰。
1984年(昭和59年)9月 - 『お役者捕物帖』シリーズ第1巻『吸血鬼』刊行。
1984年(昭和59年)9 - 10月 - 「日中文化交流協会青年代表団」の一員として、「三千人青年訪中」イベントに参加。翌年、同イベントの体験をまとめた『昭和遣唐使3000人の旅』刊行。
1986年(昭和61年)6月 - 初めての歌舞伎作品『変化道成寺』上演。
1986年(昭和61年6月) - 執筆業専念を理由に、テレビ朝日系のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』レギュラー解答者を完全降板。
1987年(昭和62年)12月 - 初めて演出を手がけたミュージカル『ミスター!ミスター!!』(中島梓名義)上演。
1988年(昭和63年)11月 - 『朝日のあたる家』シリーズ第1巻刊行。
1990年(平成2年)12月 - 乳癌のため入院・手術。翌々年、闘病記『アマゾネスのように』(中島梓名義)刊行。
1991年(平成3年)7月 - 『終わりのないラブソング』シリーズ第1巻刊行。
1993年(平成5年)9月 - 『バサラ』シリーズ第1巻刊行。
1995年(平成7年)10月 - 『六道ヶ辻』シリーズ第1巻『大導寺一族の滅亡』刊行。
1995年(平成7年)11月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第50巻『闇の微笑』刊行。記念したミュージカル『炎の群像』公演。
1997年(平成9年)7月 - 『レクイエム・イン・ブルー』シリーズ第1巻『蒼の断章』刊行。
1997年(平成9年)12月 - 『夢幻戦記』シリーズ第1巻『総司地獄変 上』刊行。
1999年(平成11年)12月 - 個人誌『天狼叢書』創刊。
2000年(平成12年)9月 - 公式サイト『神楽坂倶楽部』開設。
2005年(平成17年)4月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第100巻『豹頭王の試練』刊行。記念イベント『百の大典』開催。
2007年(平成19年)12月 - 膵臓癌で2度目の癌手術。翌年に闘病記『ガン病棟のピーターラビット』(中島梓名義)刊行。
2009年(平成21年)5月26日19時18分 - 膵臓癌のため死去。享年56。
2009年(平成21年)7月 - センス・オブ・ジェンダー賞特別賞(功労賞)受賞。
2009年(平成21年)7月20日 - 九段会館にて『お別れの会』開催。
2009年(平成21年)11月 - 絶筆となった闘病記『転移』(中島梓名義)刊行。
2009年(平成21年)12月 - 『グイン・サーガ』が日本SF大賞特別賞を受賞。
2010年(平成22年)7 - 9月 - 弥生美術館にて『栗本薫/中島梓展 〜書くことは生きること〜』開催。
2010年(平

受賞歴

栗本薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

栗本薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yogiri_miyu5. よく使うのは、たぶん「平仮名」だと思います。亡き中島梓氏(栗本薫さん)の「小説道場」で、漢字はひらけ!とあったので、漢字でなければ分からないものや文章の流れで漢字の方がいいもの以外はひらいてます。読み手が漢字を読めなくてつっかかることのないように、という配慮でしょうか。
hmk_bngk_bot「六道ケ辻 大導寺竜介の青春」栗本薫/「そんな、それは、僕が誰にも増して思うとも!」非常な力を込めて、清顕は云い切った。「どうしてあいつに惹かれてしまうんだろう――どうしてあいつなどに心を奪われてしまうんだろう――いつからこうなってしまったんだろう――僕は自分の恋心が憎い」
dTuJVr46JlMP2H4@ascrow1199 (*´・д`)-д-)))ソゥソゥ合うよね(੭ु ›ω‹ )੭ुちなみにその時一緒に買った小説は栗本薫氏の『魔境遊撃隊』全2巻こちらも表紙、挿絵が天野喜孝氏でしたね~( ᷇࿀ ᷆ )クトゥルー神話を下敷きにした話でした
akb464_BLスマホ(ドコモアンドロイド)でも、au携帯でも読める、BL小説電子書店です。最先端のボーイズラブから、巨匠栗本薫の絶版ジュネ『俊一&英二シリーズ』まで、やおい世界を完全網羅。貴腐人の本棚 https://t.co/fFG3Dpgt22#電子書籍 #腐女子 #BL
syromid筒井康隆読んでこなかったな。感覚的にハマりそうな気配はあるけど。私が昔、何を読んでたかというと栗本薫読んでた。でもそれも膨大な著作のなかの一部分だし、どっちかというと中島梓名義の評論なんかをよく読んでた。すごく引き込まれる文章。栗本薫はベルセルクとかにも影響与えているね。
a89y93a12、影響を受けた作品は、赤川次郎先生、江森備先生、栗本薫先生、前田珠子先生、桑原水菜先生の作品です。小学生のときからすっっごく好きでした。今も第一線で活躍されているので、尊敬してます
masironisoふと、なくなると名前を聞かなくなる (作品を取り上げられなくなる) 作家さんておられるなあと思い、訳もなく栗本薫のことを思い出していたのだけれど。直木三十五も、その類いだなと。芥川賞と直木賞、その当代に於いて並び称された二人だが… https://t.co/PAXwur3rgU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
栗本薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)