トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西村京太郎

西村京太郎

西村京太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西村 京太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )は、日本の小説家、推理作家。トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られている。本名は矢島 喜八郎(やじま きはちろう)。既婚。
東京府荏原郡荏原町(現東京都品川区)生まれ。国民学校卒業後、東京府立電気工業学校(のちの東京都立工業高等専門学校→東京都立産業技術高等専門学校)に進むが中退し東京陸軍幼年学校に挑戦。100倍の競争率を突破して入学するが、在学中の15歳で終戦を迎えたため、工業学校復学・卒業後、臨時人事委員会(後の人事院)に就職する。11年勤務後に退職し、トラック運転手、私立探偵などを経て作家生活に入る。
初期は社会派推理小説を書いていた。 じきにスパイ小説、クローズド・サークル、パロディ小説、時代小説など多彩な作品群を発表する。中でも海難事故もの(西村本人が海が好きだったため。また、十津川警部は大学ヨット部出身という設定)、誘拐もの(あらゆる犯罪の中で最も知能を要するので推理小説にふさわしいと考えたため)が多かった。
日本中にトラベルミステリーというジャンルを示すきっかけとなったヒット作『寝台特急殺人事件』から全面的にトラベルミステリーに移行する。西村が考えた、鉄道などを使ったトリックやアリバイ工作は、そのリアリティが功を奏し根強い人気がある。
シリーズキャラクターである十津川警部や左文字進などを生み出し、その作品の多くがテレビドラマ化されている。
年6度の取材旅行で12社分の小説を書くという執筆スタイルを続け、オリジナル著作は2017年12月時点で596冊。本人によれば最高年収は7億円だという。本人は「東京スカイツリーの全高(634m)を超える冊数(635冊)までは書きたい。出来るかどうかは分からないが」と語っている。

西村京太郎新刊

  • 発売日
    2019年1月24日
  • 書名
    怖ろしい夜 (角川文庫)
  • 発売日
    2019年1月11日
  • 書名
    十津川警部 怒りと悲しみのしなの鉄道 (ジョイ・ノベルス)
  • 発売日
    2018年12月7日
  • 書名
    平戸から来た男 (トクマ・ノベルズ)

受賞歴

西村京太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

西村京太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

elation_dreamer[n_657pobd67342r] 西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 10 https://t.co/TwHiZ6sVI3 https://t.co/ouyf4ObvPs
3q4RoRlsulMEM8s@tunotomo 特にサスペンスだと西村京太郎サスペンスだと私は見ちゃいます。
hid0011西村京太郎の名言  人間、どこかで「何とかなるサ」って開き直ることがないとね。
updown_hit西村京太郎さん好きなんですが、最近読んでない、、、この名探偵シリーズ好きです。大好きなポワロが亡くなってからの話もあるしね。 https://t.co/0liblDl1Fv
sokun_papa_sub箱根登山鉄道殺人事件 西村京太郎 1986
mp518@masumin147 つぎは西村京太郎十津川警部シリーズだったりして
uk25835@masumin147 次は、西村京太郎かな?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
西村京太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)