トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 仁木悦子

仁木悦子

仁木悦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

仁木 悦子(にき えつこ、1928年3月7日 - 1986年11月23日)は、日本の小説家。東京府生まれ。本名は二日市 三重子(戸籍名は二日市 三重)。旧姓名の大井 三重子名義で童話も残している。
幼児時に胸椎カリエスを発病し、歩行不能になる。児童文学を書くが、1957年に推理小説『猫は知っていた』で江戸川乱歩賞を受賞する。明快で爽やかな作風で、戦後女流推理作家の先駆けとなった。1981年には「赤い猫」で日本推理作家協会賞を受賞した。夫は歌人、翻訳家の後藤安彦。
1928年3月7日、東京府豊多摩郡渋谷町宮代町(現・東京都渋谷区広尾)の日本赤十字社産院(現・日本赤十字社医療センター)で生まれた。父は大井光高、母は福子といい、四女であった。三女が夭折していたので、三重子と名づけられた。幼時から病気がちで、4歳のときに胸椎カリエスを発病し、発見が遅れたために両足が麻痺し、歩行不能になる。それ以来寝たきりの生活となった。学校へは行かず、独力で学んだ。
1935年に父が死亡、母とともに神戸のサナトリウムに入る。翌年退院し上京する。終戦までに兄が戦死、母も死去する。戦後は次兄の家族と住み、このころから童話を書き始める。1954年、『こどもクラブ』に本名で「白い雲、黒い雲」が懸賞入選する。その後しばしば童話懸賞に投じ、日本児童文学者協会会員にもなった。童話の中の一作に「めもあある美術館」があり、多年、小学校の国語教科書に教材として掲載されていた。
やがて姉の影響でハヤカワ・ミステリなどの推理小説を読み、自らも長編「猫は知っていた」を書いた。河出書房新社が『探偵小説名作全集』の別巻として公募した推理小説コンクールに応募したが、入選発表を前に河出書房の経営が行き詰まり、刊行中止になった。そこで江戸川乱歩の勧めにより、公募制に変更された第3回江戸川乱歩賞に回され、受賞した。このとき選考委員であった乱歩の選評から、「日本のクリスティー」と呼ばれるようになった。作者の境遇が世間の注目を集め、推理小説ブームの一角を担った。
1958年に、5回の手術を受け、車椅子での生活が可能となった。1961年に女流推理小説作家の会「霧の会」を結成、翌年には歌人で翻訳家の後藤安彦(本名、二日市安)と結婚した。身体障害者センターやペット条例に関する問題に対しても積極的な活動をした。また、自身も戦争で兄を亡くしていることから、戦争で兄を失った妹の会「かがり火の会」を1971年11月に結成。仁木の投稿が『朝日新聞』の投稿欄「ひととき」に掲載されたことがきっかけとなった。会誌が47号まで刊行され、文集『妹たちのかがり火』が第4集まで刊行された。「かがり火の会」は2007年3月末に閉じた。
1981年、「赤い猫」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞した。1986年11月23日、腎不全のため死去した。1928|03|07|1986|11|23。

仁木悦子新刊

  • 発売日
    2017年11月22日
  • 書名
    粘土の犬 - 仁木悦子傑作短篇集 (中公文庫)

受賞歴

仁木悦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.1.23 作家の読書道 第156回:沢村凜さん

    架空の国を舞台にした骨太なファンタジーから、ご近所ミステリ連作集までさまざまな作風で読者を楽しませてくれている沢村凜さん。幼い頃から本好きだった沢村さん、ご自身の作品にも多分に反映されている模様。グァテマラに住んだ経験やその頃読んだ本など、貴重な体験も交えて語ってくださっています。

  • 2007.12.21 作家の読書道:第74回 万城目学さん

    京都の大学生たちが、小さなオニを操って戦うという奇妙キテレツなホルモーなる競技。奇想天外な青春譚『鴨川ホルモー』で06年第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューした万城目学さん。この作品が各メディアで話題となり、07年発表の第2作『鹿男あをによし』は直木賞候補に。あっという間に人気作家となった青年は、どんな読書遍歴を辿ってきたのか? とっても気さくな万城目さん、読書話も愉快です!

仁木悦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ox_q_【ライフスタイル】1957年に江戸川乱歩受賞作である、仁木悦子の小説は『猫は知っていた』である【○】
beatle0120仁木悦子『粘土の犬』(中公文庫)、大岡昇平『事件』(創元推理小説)が届いた。 https://t.co/Drzvlk4Tta
chuko_bunko〈中公文庫11月刊〉『粘土の犬 仁木悦子傑作短篇集』(仁木悦子 著)江戸川乱歩に見いだされ、「日本のクリスティー」と絶賛された仁木悦子。「かあちゃんは犯人じゃない」はじめ初期傑作短篇群がここに甦る。解説・日下三蔵
hit4boy仁木悦子『猫は知っていた―仁木兄妹の事件簿』昭和の良き本格探偵小説です。殺人事件を扱っているものの、悲惨さを感じさせないので、乱歩が日本のクリスティと評したのも頷けます。探偵たちが、思考錯誤しながら論理的に犯人を追いつめていきます。 https://t.co/RNVyRI3fWQ
kurotuki_2天女の末裔 - 鳥井加南子ぼくらの時代 - 栗本薫猫は知っていた - 仁木悦子左手に告げるなかれ- 渡辺容子 https://t.co/ULxn7Y1PVS
WadaMitsuo@hira884peros ジェフリー・アーチャー「百万ドルをとり返せ!」、ディック・フランシス「興奮」、アーナルデュル・インドリダソン「湿地」、仁木悦子「猫は知っていた」、岡嶋二人「99%の誘拐」、稲見一良「ダック・コール」。
hira66434538「粘土の犬 - 仁木悦子傑作短篇集 」(中公文庫) は明日22日の発売。これはほしいな。初期短編がまとめて読める。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
仁木悦子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)