トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野史緒

高野史緒

高野史緒さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高野 史緒(たかの ふみお、女性、1966年 - )は、日本の小説家。本名・井上久美子。茨城県土浦市出身。茨城大学人文学部卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程(フランス近世史専攻)修了。日本SF作家クラブ会員。日本・ロシア協会普通会員。日本文藝家協会会員。
1988年、ニジンスキーをテーマとしたバレエ入り演劇脚本『エレヴァシオン』で第2回青山円形劇場脚本コンクールに佳作受賞(優秀作無しの年)。1994年、第6回日本ファンタジーノベル大賞に応募。『ムジカ・マキーナ』で最終選考を通過し、翌1995年、同作品で新潮社からデビューした。2012年「カラマーゾフの妹」で第58回江戸川乱歩賞受賞。
ヨーロッパを舞台とした、芸術と歴史、ことに音楽をテーマとしたSF的歴史改変小説を得意とする。イギリスのミュージシャン、音楽プロデューサーのトレヴァー・ホーンのファンとして知られ、作品のいくつかの「元ネタ」としていることを認めている。夫はロシア映画研究者の井上徹。医師で『看取りの医者』の著者、平野国美は遠縁の親戚に当たる。2008年の長編『赤い星』以来、ロシア文化への傾斜を強くしている。2016年度から日本SF大賞選考委員。
=
*『ムジカ・マキーナ』(1995年 新潮社 / 2002年 ハヤカワ文庫)
*『カント・アンジェリコ』(1996年 講談社 / 2013年 講談社文庫)
*『架空の王国』(1997年 中央公論社 / 2006年 ブッキング)
*『ヴァスラフ』(1998年 中央公論社)
ウィーン薔薇の騎士物語シリーズ
*#『仮面の暗殺者』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『血の婚礼』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『虚王の歌劇』(2000年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『奏楽の妖精』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*# 『幸福の未亡人』(2001年 中央公論新社 C★NOVELSファンタジア)
*『アイオーン』(2002年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*『ラー』(2004年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*『赤い星』(2008年 早川書房 ハヤカワSFシリーズJコレクション)
*2010年2月現在、ペテルブルクのテラ・ファンタスチカ(Terra Fanatastica)社にて、ロシア語版作成中。翻訳者ニコライ・コノヴァレンコ(Nikolai Konovalenko)。監修はガリーナ・ドゥトキナ(Galina Dutkina)
*『カラマーゾフの妹』(2012年 講談社)
*『翼竜館の宝石商人』(2018年 講談社)

高野史緒新刊

  • 発売日
    2018年8月23日
  • 書名
    翼竜館の宝石商人

受賞歴

高野史緒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高野史緒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kiichiros2018年11月6日公開【ゲスト高野史緒】SFを書こうという人へ【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト】(2分06秒)「勉強しましょう!」って話。https://t.co/DBG6Rb47id YouTubeさんから
tsuharayasumi遂に高野史緒の時代が。感慨深い。 https://t.co/vpjuc25KzX
mys_sus_bot【線結び】次の江戸川乱歩賞を受賞した推理小説と、それを書いた女流作家の正しい組み合わせを選びなさい完盗オンサイト→玖村まゆみカラマーゾフの妹→高野史緒よろずのことに気をつけよ→川瀬七緒
chat___noirジュリアン・シモンズ「コナン・ドイル」深町眞理子訳 創元推理文庫高野史緒「ラー」ハヤカワSFシリーズ Jコレクション久々のクラリスブックスさんは海外文学系の品揃えが以前にもまして充実。もちろん店頭の100円棚にも店内に入っ… https://t.co/qL5DOzj9Um
nzmkindle singleで10月に出た高野史緒「グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行」を今ごろやっと読んだら、年間ベスト級の傑作中編だった。フリッツ・ライバー「あの飛行船をつかまえろ」の日本版というか現代SF版。すばらしい。https://t.co/Fws6dGpT1n
honyasangasuki外国が舞台の物語を読みたくて手に取ったのは翻訳物ではなく、高野史緒『翼竜館の宝石商人』『カラマーゾフの妹』から6年!そんなに経ったのか。これもまた、ほぼ一気に読んだ記憶がある。
harousumisu1高野史緒『翼竜館の宝石商人』読了。17世紀アルステルダム、ペストで死んだと埋葬された宝石商瓜二つの男が鉄格子の部屋で発見さる。肖像画による蘇りという奇想、当時を取り巻く世界情勢がトリックと真相に落とし込まれ、現代的でさえある犯罪が… https://t.co/GkiGQ7XP0q
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高野史緒さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)