トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 新章文子

新章文子

新章文子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

新章 文子(しんしょう ふみこ、1922年1月6日 -2015年10月14日)は、日本の小説家。
京都府生まれ。本名・中島光子。1939年、宝塚音楽舞踊学校(現・宝塚音楽学校)に入学して、1941年に「京千鈴」の芸名で宝塚歌劇団に入団して初舞台を踏む。宝塚歌劇団29期生。同期生に淡島千景、久慈あさみ、南悠子らがいる。
1944年に宝塚歌劇団を退団して京都市役所に勤務する。1948年、本名名義で童話集『子りすちゃんとあかいてぶくろ』を刊行する。1959年『危険な関係』で第5回江戸川乱歩賞を受賞し、第42回直木三十五賞候補に挙がる。なお同作は初めて直木賞候補となった江戸川乱歩賞受賞作である。以後作家生活に入り、一時は占いの本などを出した。
老衰のため93歳で死去。
*『危険な関係』講談社 1959 のち文庫
*『バック・ミラー』桃源社 1960
*『朝はもう来ない』講談社 1961
*『こわい女』桃源社 1961
*『青子の周囲』東都書房 1961
*『沈黙の家 性倒錯殺人事件』新潮社(ポケット・ライブラリ)1962
*『嫉ける』講談社(ロマン・ブックス)1962
*『女の顔』文藝春秋新社(ポケット文春)1962 のち講談社文庫
*『狂った海』東方社 1964
*『四柱推命入門 生年月日時が証すあなたの運命』青春出版社(プレイブックス)1971
*『新章文子の推理占い』東都書房 1972
*『パリの罠』毎日新聞社(マイニチミステリーブックス)1972

新章文子新刊

  • 発売日
    2019年4月11日
  • 書名
    名も知らぬ夫: 昭和ミステリールネサンス (光文社文庫)

受賞歴

新章文子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

新章文子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【エフェクト】第5回江戸川乱歩賞を『危険な関係』で受賞しました 『新章文子』→しんしょうふみこ
raisen_bot2_qmaNo.188 次の江戸川乱歩賞と受賞した推理小説と、それを書いた女流作家の正しい組み合わせを選びなさい⇒左手に告げるなかれ―渡辺容子、危険な関係―新章文子、猫は知っていた―仁木悦子
IWIK360新章文子『危険な関係』1957年に『猫は知っていた』で江戸川乱歩賞を受賞した女性ミステリー作家は仁木悦子ですが1959年に『危険な関係』で江戸川乱歩賞を受賞し、同賞の受賞作として初めて直木賞候補になった女性ミステ… https://t.co/ShGMejlTp4
chachakichi3元タカラジェンヌで乱歩賞作家 新章文子『名も知らぬ夫』#読書 https://t.co/4HsoiqlhzV
QMA_Mys_Bot2[パネル]1957年に『猫は知っていた』で江戸川乱歩賞を受賞した女性ミステリー作家は○○○○?[章仁子戸悦文川昌木新] → 仁木悦子 ※(分岐先)『危険な関係』→新章文子。『大いなる幻影』→戸川昌子。
syohyomachine「名も知らぬ夫」(新章文子著@光文社)日経新聞5/11婚期を過ぎて母とつましく暮らす市子のもとに、二十五年前に音信を絶った徒兄の圭吉が訪ねて来た。女性ならではの繊細な心理描写が光るサスペンス推理八編を収録!https://t.co/cK9MJbvVtN
from41tohomania杉江松恋が薦める文庫この新刊!:朝日新聞デジタル https://t.co/5UBSuvkepc5/11の本欄ではキャロル・オコンネル/務台夏子訳『ゴーストライター』、京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』、新章文子『名も知らぬ夫』の三冊を紹介しました。また五週間後。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
新章文子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)