トップページ > 作家名一覧 > どから始まる作家名一覧 > 堂場瞬一

堂場瞬一

堂場瞬一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堂場 瞬一(どうば しゅんいち、1963年5月21日 - )は日本の小説家。茨城県出身。
茨城県立下妻第一高等学校、青山学院大学国際政治経済学部卒業。高校時代はラグビー部の主将。
1986年に読売新聞東京本社に入社、社会部記者やパソコン雑誌編集者を務めるかたわら小説を執筆し、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。同作はスポーツ小説であったが、第2作『雪虫』が警察小説という全く方向性の違うテーマだったため、周囲を驚かせた(『雪虫』解説より)。
2012年末、読売新聞退社。2015年、『警察回りの夏』で第36回吉川英治文学新人賞候補。
2015年10月に上梓する『Killers』が100冊目の著書であることを記念し、90冊目となる2014年12月の『ルール』から、出版社を横断した「堂場瞬一の100冊・カウントダウンプロジェクト」がウェブ上で行われた。
新聞記者出身ということもありかなりの速筆で、1ヶ月で1050枚の原稿を書いたこともある。

堂場瞬一新刊

  • 発売日
    2020年4月15日
  • 書名
    激動 東京五輪 1964 (講談社文庫)
  • 発売日
    2020年4月15日
  • 書名
    絶望の歌を唄え (ハルキ文庫)
  • 発売日
    2020年3月19日
  • 書名
    新装版-熱欲-刑事・鳴沢了 (中公文庫 (と25-47))

受賞歴

堂場瞬一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堂場瞬一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BaddieBeagle"玉音放送を担った伝説のアナウンサー和田信賢は、大病を患いながらヘルシンキへ渡り、五輪を中継。だが次第に目も見えなくなり……": 堂場瞬一『空の声』 https://t.co/WXVz2jvpcG
kinokuniyanew新装版 雪虫 刑事・鳴沢了 (中公文庫) (堂場瞬一) の、紀伊國屋電子書籍版が販売開始されました。https://t.co/iKCD3iRNZy
risunooukoku堂場瞬一さんの「インタビューズ」を読んでいる。平成を細かく振り返っている。興味深い。
keitaf7インタビューズ 堂場瞬一著 昭和の終わりから平成の終わりまでをインタビュー形式で振り返っている作品です。 平成2年生まれの自分としては生まれた時にこんなことあったんだーとかこの出来事って平成何年に起きたんだなーと興味深く読め… https://t.co/z6c77gD4ED
mikoto613野球漫画やアニメは意外と見てないのだけど、小説なら堂場瞬一さんの「20」がおすすめ。中田賢一のピッチングに魅せられた人なら、彼を重ねずにはいられないと思う。
yurin_shinsho【有鄰3月号】1面「スポーツ小説を書く理由」野球、ラグビー、陸上競技など、20年近くスポーツ小説を書き続けている堂場瞬一さんに、スポーツをテーマにした小説の精神性、描写や説明の難しさ、ご自身が書き続ける理由について綴っていただきました。3/1より有隣堂各店にて配布予定
book__review【書評】『沃野の刑事』堂場瞬一著 - 産経ニュース #書評 #読書https://t.co/ko7RtewYkR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堂場瞬一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)