トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 西條奈加

西條奈加

西條奈加さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

西條 奈加(さいじょう なか、1964年11月9日 - )は、日本の小説家。
1964年、北海道中川郡池田町に生まれる。2005年、『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞しデビューする。2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞。2015年、『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。2021年、『心淋し川』で第164回直木三十五賞を受賞。
主に時代小説を得意とする。初期はファンタジー要素のある時代小説であったが後に一般の時代小説に移行する。

受賞歴

西條奈加関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.1.20 芥川賞は宇佐見りんさん・直木賞は西條奈加さん

    芥川賞と直木賞の選考会が開かれ、芥川賞に宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が、直木賞に西條奈加さんの「心淋し川」(うらさびしがわ)が、それぞれ選ばれました。

  • 2020.12.18 第164回「芥川賞・直木賞」、候補作決まる

    日本文学振興会は12月18日、第164回「芥川賞」と「直木賞」の候補作を発表した。来年1月20日に東京・中央区の新喜楽で選考会を開き、同日受賞者の記者会見を開く。候補作は次の通り。

  • 2019.6.25 【今週はこれを読め! SF編】もはやそれほど危険ではないが、アイデア・ストーリーとして面白い

    アメリカSFはその揺籃期(二十世紀の幕開けから1920年代)において、科学技術ホビイストあるいはティーンエイジャーむけの大衆文芸として発展してきた。その後、1930年代末の〈アスタウンディング〉誌でのキャンベル革命、1950年代初頭の〈F&SF〉や〈ギャラクシー〉での文芸的洗練があり、読者層も大きく広がるのだが、作品が扱うテーマや表現面における自己検閲(作家自身による、または編集者による)は根強く残っていた。SF界の風雲児ハーラン・エリスンは、そうした風潮に敢然と叛旗を翻し、このオリジナル・アンソロジーを企画した。

西條奈加関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toshi26m西條奈加「涅槃の雪」 東京・丸の内:日本経済新聞 https://t.co/TCCLyKFe0X
GosyonoMoto6西條奈加「涅槃の雪」 東京・丸の内: 日本経済新聞 https://t.co/JXn1ZVyeqR【引用】北町奉行所があったのは、東京駅周辺だ。丸の内トラストシティでは、オフィスやホテルが入る高層ビルの合間に、復元した石組みの溝などを見ることができる。南町奉行所は、→
i_love_numachanそういえば、NHKの『オトコマエ!』というドラマで、遠山の金さんが北町奉行だったのが、明治まであと三十年位と知ってビックリしましたね。西條奈加「涅槃の雪」 東京・丸の内:日本経済新聞https://t.co/dNkVEFz9dZ
of_the_novel「人の運てのはそういうものだよ、喜八郎さん。悪い運にはどこかに必ず、良い巡り合わせもついてくる。それをすくうことができるか否かは、その人次第だ」ー西條奈加『善人長屋』
cou_book【ブログ訂正】心寂し川/西條奈加出版社:集英社 直木賞を受賞されたこの作品。作品名の心淋し川という作品名とその川の佇まいがこの作品に出てくる主人公の感情を表しているような作品だった。https://t.co/XvmvTiauN0
mainichi江戸・千駄木の町を舞台にした西條奈加さんの直木賞受賞作「心淋し川」。文芸評論家がその魅力を読み解きます。https://t.co/OmCT4KOf8T
mainichibiz直木賞「心淋し川」西條奈加が描く江戸庶民の喜怒哀楽https://t.co/gvqxXBwJQh直木賞を受賞した西條奈加の「心淋し川(うらさびしがわ)」は江戸・千駄木の町を舞台にしています。文芸評論家の重里徹也さんが読み解きます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    西條奈加さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)