トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 越谷オサム

越谷オサム

越谷オサムさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

越谷 オサム(こしがや オサム、1971年 - )は、日本の小説家。未婚。
東京都足立区に生まれ、1歳のときより埼玉県越谷市在住。特に文学少年だったわけではなく、家の前でハンドベースボールをしたり、教室の端でプロレスごっこをしたり、ファミコンやプレイステーションが流行ればそれに熱中したりする普通の子。
2001年、第13回日本ファンタジーノベル大賞に応募した「アパートと鬼と着せ替え人形」(未発表)が最終選考まで残るも落選。2004年、第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー。2011年、ミリオンセラーとなった『陽だまりの彼女』文庫版が啓文堂主催「2011年 おすすめ文庫大賞」を受賞した。

越谷オサム新刊

  • 発売日
    2018年10月31日
  • 書名
    まれびとパレード
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

受賞歴

越谷オサム関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

越谷オサム関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Namimagazine越谷オサム著『いとみち 二の糸』の評者は藤田香織さん!/青春ど真ん中! どこまでも続け「いと」の「みち」!(波2012年10月号)https://t.co/vro7UHptLt
sekiseiword人と喧嘩になっても、どんなに頭にきてもせいぜいが胸を小突くくらいのもので血を見たことはけっしてないし、授業を妨害したことも、教師を恫喝したこともない。あとにも先にもたったの一回、人の髪にマーガリンを塗っただけだ。/越谷オサム「陽だまりの彼女」
book_aya「ゴン、夕方の海が金色なのはね、底に沈んだ金銀財宝尾が光を反射してるからなんだよ」金曜のバカ(ゴンとナナ)/越谷オサムhttps://t.co/4kmMOfTPdV
haru____37458【定期】小説綿矢りさ/有川浩/飛鳥井千砂/越谷オサム/星新一/重松清/村上春樹/太宰治/椿ハナ/etc, , ,
kotobaatume_bot「なんだよ、『俺と一緒に恥かいてくれ』ってことかよ」「そう!」九十九伸太郎→神山啓人/「階段途中のビッグ・ノイズ」越谷オサム
minami21hiyokoりょんくんのラジオをうとうと聞いた朝から、半日デスクワーク&午後から外出して講習会。アフター5に目白のグループ展から下北でお芝居、大船までショートトリップして「房総グランオテル」越谷オサムを読了し、「大恋愛」最終回、と盛りだくさんすぎた金曜日。週末は帰省するので休まりません!
naosuke_1972『まれびとパレード』(越谷オサム/KADOKAWA)読了。ほんとだったら不気味かもしれない稀人(ゾンビ、座敷童、泥田坊、邪鬼)をフレンドリーな存在として描いた、ほっこりキュートな4話。中でも、数百年の時を超えて現代に姿を現した泥田… https://t.co/jSmACEXzFu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
越谷オサムさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)