トップページ > 作家名一覧 > にから始まる作家名一覧 > 西尾維新 > クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(西尾維新)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い(著者:西尾維新)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
  • 著者:西尾 維新
  • イラストレーター:take
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061822330
  • ISBN-13:9784061822337

西尾維新新刊

  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    掟上今日子の備忘録 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
  • 発売日
    2018年6月14日
  • 書名
    宵物語 (講談社BOX)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.5 作家・西尾維新、言葉紡いだ15年 原点の京都で展覧会

    「京都の二十歳」として出現し、独自の作品世界と驚異的な速筆で活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念する展覧会「西尾維新大辞展~京都篇(へん)~」(展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます)が7日、京都市の京都文化博物館で開幕します。会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやアニメーション原画などの展示で、100冊を超える著作の魅力を紹介。作家その人に、展覧会への思いや執筆秘話を聞きました。

  • 2016.5.6 西尾維新「戯言シリーズ」アニメ化 未電子化作品も続々配信

    「〈物語〉シリーズ」などで知られる作家・西尾維新氏のデビューシリーズ「戯言シリーズ」のアニメ化と、未電子化作品を毎週1作品以上30週以上にわたって連続新配信していくデジタルプロジェクトが6日、講談社より発表された。

  • 2015.10.27 『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

    西尾維新氏は2002年にデビューを果たした時点ですでに人気作家の階段をのぼりはじめ、そして、今現在も人気作家であり続ける息の長い作家である。とは言っても、彼自身は未だ若い。デビューした時点でわずか20歳だったわけだからそれも当然のことだ。

西尾維新のその他受賞歴(候補含む)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

writer_words「才能があるものにせよないものにせよ、結局のところ人間は二種類に分類される。それは追究する者と、創造する者。ぼくがどちらなのかはともかく、玖渚は圧倒的に後者に偏っているのだった。」byぼく  西尾維新「クビキリサイクル」 https://t.co/vPSC7XtzNl
starfactor003砂漠もゴールデンスランバー(伊坂)も四畳半シリーズ(森見)も水底フェスタ(辻村)もサムシングブルーもチョコレートの町(飛鳥井千砂)もみをつくし料理帖シリーズ(高田郁)もクビキリサイクル(西尾維新)も館シリーズ(綾辻)も図書館戦争も… https://t.co/vpsU21t9Ae
raisen_bot_qmaNo.360 次の西尾維新の「戯言シリーズ」の作品とその副題の正しい組み合わせを選びなさい⇒クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い、クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識、クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
gakusei_2君の意見は完全に間違っにいるという点に目を瞑れば概ね正解だ。西尾 維新 「クビキリサイクル」3日目(2)―集合と算数より
samonkunlove529それはそうと西尾維新先生リスペクトしまくってるクビキリサイクルも物語シリーズも刀語も掟上今日子の備忘録もめだかボックスも好き!『僕は悪くない』「金を払え」 とか色々好き一度は言ってみたい台詞が多くてたまらん
MPYbb5QAjZqGNiD【未使用】大人気 まとめ売り 大量 希少 限定 一番くじ クビキリサイクル 青色サヴァン 戯言遣い 計16個 西尾維新 戯言シリーズ 箱梱包 https://t.co/LU1nfDEQKu https://t.co/jLMQkLcRgz
losusu西尾維新といえば、自分が中学だか高校ぐらいのときには、クラスのちょっと面倒くさいタイプのオタクのあいだで『クビキリサイクル』とかそこらへんが流行ってた記憶がある。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)