トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 月村了衛 > 機龍警察 暗黒市場

機龍警察 暗黒市場(月村了衛)

機龍警察 暗黒市場(著者:月村了衛)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
  • 著者:月村 了衛
  • ページ数:416
  • 出版社:早川書房
  • ISBN-10:4152093218
  • ISBN-13:9784152093219

月村了衛新刊

  • 発売日
    2019年12月6日
  • 書名
    機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下
  • 発売日
    2019年11月15日
  • 書名
    機龍警察 暗黒市場
  • 発売日
    2019年11月8日
  • 書名
    機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上

機龍警察 暗黒市場関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.10.24 1年で最も面白かった小説を決める「山田風太郎賞」を犯罪巨編『欺す衆生』が受賞!

    1年間で最も「面白い」と評価されたエンタテインメント小説を決める文学賞「山田風太郎賞」の選考会が、2019年10月18日(金)に開催された。月村了衛の長編小説『欺す衆生』が受賞作に決定し、「おめでとうございます! 本当に傑作だから読まれてほしい」「めちゃくちゃ面白い作品だから嬉しい」と話題を呼んでいる。

  • 2018.1.25 【エンタメ小説月評】「不要な物」が織りなす幻想譚

    片付けが苦手な人は、物を捨てることが不得手だ。自らを省みて、つくづくそう思う。いつか再読すると棚に置いたままの本や、何かに役立つと死蔵した資料の何と多いことか。不要な物に愛着を持ってしまうのは、始末に負えない性分だ。

  • 2016.7.21 【エンタメ小説月評】激動の世 永遠に続く杜

    歴史・時代小説の中で、戦国と幕末は定番の題材と言っていい。激しく世の中が動き、人の運命が交錯する。人物や視点を変え、あまたの作品が書かれるのもうなずける。

月村了衛のその他受賞歴(候補含む)

機龍警察 暗黒市場関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

calpistime最近読んだ本清武英利『石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの』今野敏『隠蔽捜査』月村了衛『機龍警察』堂場瞬一『アナザーフェイス』未須本有生『クルーズはミステリーとともに』須崎正太郎『弾正忠家物語』いま読んでるのが江上剛『銀行支店長、追う』事件ものじみてるナア
Kohsg23[読了] 月村了衛「機龍警察 自爆条項 下 (完全版)」(個人的評価B+)ラストはかなりの盛り上がりがあって面白かった!SF+ハードボイルドな感じがたまらないね。謎の敵の登場や主要キャストの過去など次作以降も楽しみなシリーズだね!
11ca10773【機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)/月村 了衛】「お前はお前の従者たる死と悪運を飼い慣らす術(すべ)を覚えねばならない」この著者で最初に読んだ「東京輪舞」がパトレイバーを連… → https://t.co/uGzvJXwlC3 #bookmeter
ijuyonagan「機龍警察」(月村了衛)シリーズの機甲兵装は、全高 3m~4m の人型兵器だが、専用に開発された銃器の類はなく、人が使う対物ライフルやショットガンを腕部に固定し、マニピュレーターでトリガーを引くという描写が面白い。 https://t.co/FWi2yRObKc
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・月村了衛の「機龍警察」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『機龍警察 自爆条項』→『機龍警察 暗黒市場』→『機龍警察 未亡旅団』
qma_LSmoji_bot至近未来の日本を舞台に、警視庁特捜部と契約した傭兵たちの活躍を描いた月村了衛のSF小説は『○○○○』シリーズ?→機龍警察(きりゅうけいさつ) ※月村了衛は「つきむらりょうえ」と読みます
VienosNotes@honokayomi いろいろ考えたけど京極夏彦の「姑獲鳥の夏」ですかね。既読だったらごめんなさい…。(あと好みに合うか分かりませんが個人的なイチオシは月村了衛の「機龍警察」です)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)