トップページ > 公募新人賞一覧 > B-PRINCE文庫 新人大賞 > 2010年−第1回 B-PRINCE文庫 新人大賞

B-PRINCE文庫 新人大賞

2010年−第1回 B-PRINCE文庫 新人大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第1回—2010年(応募総数:340)

小説大賞

モバイル大賞

努力賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

B-PRINCE文庫 新人大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.10.9 「思いがけない、カタチになる」monogatary.com初のコンテスト「モノコン2018」結果発表

    「モノコン2018」には、指定のお題に対して物語を投稿してエントリーする「物語部門」と、表紙となるイラストやデザインを投稿する「表紙部門」、さらには読んだ作品を積極的にシェアしたりオススメすることで参加できる「オススメシ部門」の3部門が用意されており、「物語部門」「表紙部門」の優秀作品は、「その作品の魅力を最も伝わるカタチで展開」することが約束されていましたが、「思いがけない、カタチになる」というキャッチコピーの通り、複数の優秀作品がそれぞれ様々な形に展開されることが発表となりました。

  • 2018.10.9 【今週はこれを読め! SF編】This could be heaven or this could be Hell

    レーナ・クルーンはフィンランドの現代作家。これまでかなりの作品が翻訳されており、そのほとんどが広義の幻想小説だった。本書ははっきりとSFに分類できる作品だが、同時に寓話性も強い。ただし、一意的に解釈されるような寓意ではなく、意味を解くよりも読者が考えつづける契機となる寓意である。

  • 2018.10.1 『やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)』上栖綴人先生 インタビュー

    『新妹魔王』の上栖綴人×アニメスタジオGoHandsが贈る『やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)』とは!?

B-PRINCE文庫 新人大賞関連つぶやき

jajajajajanomeB-PRINCE文庫新人大賞のキャッチ「読みたいBLは、書けばいい!」がすごくすごく好き
hiiroaki51「リコリスの咲く夜空のしたに」本日より公開開始です!第11回B-PRINCE文庫新人大賞優秀賞をいただきました。4月末まで毎日更新します。よろしくお願いします~♪ムーンライトノベルズ→… https://t.co/HAIpvKLgKU
re_neiko今年もあと数時間となりました。今年はB-PRINCE文庫新人大賞で奨励賞受賞が一番嬉しいことでした。まだまだ、改善すべき点、萌えの追求が足りない私ですが、来年は飛躍できるよう精進したいと思います。皆様、ありがとうございました。… https://t.co/Qw35RWHoDd
b_prince_novelみなさまこんばんは。B-PRINCE文庫より好評発売中の第9回B-PRINCE文庫新人大賞〈小説大賞〉受賞作品『禁欲的じゃない』(著者/伊祖子久美  イラスト/えまる・じょん)お試し読みツイートを始めさせていただきます。
unonei_mbspB-PRINCE文庫新人大賞の選評いただきました。関心ある方向けに画像添付してます。多少のネタバレになるので注意。選評の詳しい分析は以下に書きました。「第10回B-PRINCE文庫 新人大賞 選評分析」… https://t.co/D86ev6M4U6
kikudukitarou忘れた頃にKADOKAWAのB-PRINCE文庫新人大賞の選評が帰ってきて一次選考は突破したんだけど、小説2巻分きちんと(エントリーシート的なものにも)書いて同人誌を渡したのに、一巻と二巻逆に読まれて評価されて、そりゃ意味不明で変… https://t.co/ZSsfi8gozG
sigerunoharaデビュー作『空の蒼』B-PRINCE文庫の新人大賞にて第1回の奨励賞をいただき、文庫化してもらいました。職場近くにあるお店の焼鳥定食が好きで、それを食べながら思いついたお話でしたw虚弱体質でべらんめえのギンちゃんはすんなりと… https://t.co/cS0V0t6Bu3
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)