トップページ > 公募新人賞一覧 > B-PRINCE文庫 新人大賞 > 2012年−第3回 B-PRINCE文庫 新人大賞

B-PRINCE文庫 新人大賞

2012年−第3回 B-PRINCE文庫 新人大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第3回—2012年(応募総数:227)

小説大賞

優秀賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

B-PRINCE文庫 新人大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.18 独占インタビュー「ラノベの素」 八目迷先生『夏へのトンネル、さよならの出口』

    独占インタビュー「ラノベの素」。今回は2019年7月18日にガガガ文庫より『夏へのトンネル、さよならの出口』が発売された八目迷先生です。第13回小学館ライトノベル大賞にて「ガガガ賞+審査員特別賞」を同作で受賞し、満を持してデビューされます。「本当に欲しいもの」を手にするために、時空を超える摩訶不思議なトンネルに挑む少年少女の物語を描く本作。駆けた先に待っているものはなんなのか。本作の内容や作品の着想、キャラクターについてもお聞きしました。

  • 2019.7.9 【今週はこれを読め! SF編】何度も滅びて再興する三体世界の文明、それが地球にもたらすもの

    質・量ともに中国の現代SFの隆盛がめざましい。その頂点に位置するメガヒット作が本書『三体』だ。もとはSF専門誌〈科幻世界〉に連載されたもので、2008年に単行本が刊行。続篇の『黒暗森林』『死神永生』と併せ、これまでに2100万部を売り上げたとも言われている。ケン・リュウの手による英訳版はヒューゴー賞を射止めた。おそらく今世紀に入ってからいままでのSFシーンにおいて最高の話題作だ。

  • 2019.6.26 【今週はこれを読め! エンタメ編】逆境に立ち向かう75歳正子の奮闘記〜柚木麻子『マジカルグランマ』

    私の目に映る祖母は完璧な人だった。97歳で亡くなった母方の祖母とは、私が結婚して実家を出るまでほぼずっと同居していた。とにかく優しい。よくないことをしたら注意はされたけれども怒鳴られたり叩かれたりしたことは一度もない。

B-PRINCE文庫 新人大賞関連つぶやき

inoue_haruo『デンパ男とオトメ野郎』第8回B-PRINCE文庫新人賞小説大賞を受賞したやつ。恋愛に臆病でビッチを演じる鑑識員とスパダリ要素たっぷりなのに天然でぼけてる警察官僚の三十過ぎた男ふたりのお話。初では2010年くらいに書いた『KEE… https://t.co/7JcOU23oEM
mimiko_nohara発売開始されました!健気わんこ甥っ子×偏屈美人の叔父第5回B-PRINCE文庫新人大賞 優秀賞作品の加筆修正版です。ご興味ある方は、是非読んで頂けると嬉しいですそして何か思われましたらレビュー頂けると泣くほど喜びます…… https://t.co/DXXJuEX2Mn
jajajajajanomeB-PRINCE文庫新人大賞のキャッチ「読みたいBLは、書けばいい!」がすごくすごく好き
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)